2016年3月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+9.23%・前年末比マイナス9.82%となりました(配当・税金含む)。
 2015年1月より、株式を売却した際の税金を含めてパフォーマンスを計算しています。ただし影響を考慮して毎月少しずつ税額を計上しています。

 アセットアロケーションとポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 95.85%←91.18%(先月末)
≪主力≫全国保証、情報企画、シーティーエス
≪準主力≫イオンディライト、プロトコーポレーション、ベネフィットワン、ワッツ、日本SHL、ステップ、CDS、ヒト・コミュニケーションズ、朝日ネット、アイ・ケイ・ケイ、創通、セブン銀行、オリックス、センチュリー21、シイ・エム・シイ
合計66銘柄(優待目的含む)
【外国株式】 4.10%←4.30%(先月末)
 IBM、MO他 合計13銘柄
【現金等】 0.05%←1.52%(先月末)

今月の売買
新規買い:栗田工業(優待の水ねらい)、三井トラスト(手数料収入の比率高く、業績も好調)
買い増し:フランクリンリソーシズ、情報企画、ステップ、センチュリー21
売り切り:ミサワ、キューブシステム
一部売却:なし

 今月は2銘柄新規買いし、フランクリンリソーシズ、情報企画、ステップ、センチュリー21を買い増ししました。
 業績を下方修正したミサワと株価が急騰したキューブシステムを売却しましたが、新規買いと買い増しを積極的にしたため、現金の比率はほぼゼロになりました。
 今月までの受取配当金の累計は、前年比1.5%減となりました。
 2014年以降は生活防衛資金の増額に力を入れているため、給与からの資金投入は2013年以前に比べ少なめにしています。

 今月、マイポートフォリオはやや回復しましたが、まだマイナス圏です。

2016.4.29 数字の間違いを訂正しました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR