年金基金で株を買うべきなのか?(2)

 いやー株価が軟調だとブログを書いたり呟いたりする気が失せますね。そして昨日少しばかりポートフォリオが戻したのでまた私が書いてどうなるのかという日記でも書いてみようと思います。

 私はせっかくなら年金は小型株に投資して欲しいと思っています。ファンダに賭ける個人投資家の方はまあまあお分かりだと思いますが、時価総額も出来高も小さな会社が一旦注目されると物凄いパフォーマンスを生みだします。しかし、そういった銘柄を機関投資家は時価総額が小さいという理由で買えなかったりします。下手に購入するとインパクトもあったりしてマーケットのかく乱要因にもなりかねません。
 確かに年金の極々一部分を小型株に投資するのは、年金側からすれば割高コストな割に運用パフォーマンスに対する影響が小さいかもしれません。しかし、年金のような資金が継続的に出来高の少ない株式に流入することによってマーケットが活性化し、それなりに評価されていけば将来は魅力的な銘柄の上場機会が増えるかもしれません。
 加えて、取引所全体のコストを引き上げているのは、実は流動性のない多くの銘柄が上場していることも影響しているのではないでしょうか。全体的に出来高が増えていけば、マーケット全体としての取引にかかるコストが低下し、手数料その他が引き下がると思うんです。その恩恵は年金の運用益のみならず、機関投資家、個人投資家にも届きます。結果として取引も増え、税収も増えるかもしれません。

 ということで、年金資金で是非株を、できれば小型株を買って頂き、私達リーマンの将来の年金を増やしていただきながら、自分の持ち株にも良い影響が出ないかと図々しく妄想中です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR