やはり増配銘柄の長期保有

 昨年は受取配当金の増加率が前年比20.2%増となり、投資を始めてからの平均増加率(=相乗平均)は33.0%となりました。

 私は配当金を毎年20%以上増加させることを目標とし、達成したりしなかったりしながらも平均的にはクリアしてきました。受取配当を長期的に増加させるためには、以下の2点に尽きると思います。
(1)元金を毎年追加する
(2)長期的に配当を増加させてくれる銘柄に投資する
 当然ながら、(1)は資金の少ない時には有効ですが、段々と効果は薄れていきます。しかしながら、ゼロにはなりません。資産が1憶円になってもポートフォリオの平均的な配当利回りの株を100万円分追加投資すれば、受取配当は約1%増加します。そして、目先の利回りが低くても増加をしてくれそうな銘柄に投資すれば、長期的には増加させることができます。例えば、全く増配が見込めない銘柄から配当が半分の銘柄に乗り換えた場合、乗換先の銘柄が配当を20%毎年伸ばしてくれれば、配当金額は5年後に逆転、9年後は倍以上になります。
 別の観点から見た場合、毎年増配を実施してくれる会社は、利益を成長させ、配当という形で還元できるキャッシュを創出する良いビジネスを持っている可能性が高そうです。勤め人投資家の場合、投資に十分な時間がかけられない人が大半でしょう。そこで投資先を増配銘柄に絞れば、少ない調査時間で投資先を選定しても失敗する確率を小さくできそうです。また、受取配当金に着目することによって目先の資産の増減に気を取られることなく、しかし長期的にはそれなりにパフォーマンスにも反映されて健全な資産形成につながると思うのです。ちょいちょい書いていますが、増配銘柄は元金が勝手に増える定期預金や部屋数が勝手に増えるアパートのようなものだと思います。
 そして、アメリカと比較して非効率な日本のマーケットは思わぬ投資チャンスを私達にもたらしてくれるに違いありません。ということで、今年も増配する日本株をメインとした投資を続けようと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR