日銀保有株式&ETFの行方

 いや~株価が下がるとガッカリしますね。私のポートフォリオは日々昨年末比±ゼロ付近をウロウロしているはずです(株価が下がるとパフォーマンスを計算する気が失せるので正確な数値はわかりません)。こんな時に頼れるのはやはり公的資金や日銀の買い支えです。
 日銀の「指数連動型上場投資信託受益権(ETF)および不動産投資法人投資口(J-REIT)の買入結果」よると、9月に入ってもETFを1日に337億円、4日・7日・10日にそれぞれ317億円ずつ買いいれていますので、既に1300億円弱買っている事になります。さらにリートも39億円買っているようです。
 日銀の公表している「営業毎旬報告(平成27年8月31日現在)」によると、株式1,351,077,924千円、ETF6,014,492,450千円、リート248,664,025千円となっています。こんなペースで買い入れていくと、そのうち十兆円くらいいってしまうのでしょうか。 

 景気もそうですが、年金や国家公務員共済組合の資金の多くをを株式で運用している現状では、株価の大幅な下落は公的資金の運用成績低下に直結し、もはや許されない状況にあります。とはいえ、日銀保有のETFを永久に保有するわけにもいかないと思うので、どこかで吸収する必要があります。
 こうなったら上場企業にガンガン自社株買い&消却してもらうしかないでしょう。幸い、8月~9月に株価が下落した際もかなりの企業から自社株買いの発表がありましたので、ちょっと税を優遇するとか規制緩和すればかなり積極的に実施されるのではないかと。さらに、配当に対する課税をなくして株式投資の妙味をアップすれば、利回りを重視する個人投資家の買いも進み、例え純益が伸びなくても自社株買いによってEPSと配当の成長は期待できます。税収が減った分は日銀の国庫納付と年金の運用益アップで補えるのではないかと妄想しています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR