賃貸vs持家

 凄く良く見るネタですね。実際私の中でハッキリとした結論が出ているわけではないのですが、思うところを書いてみます。

 父が生前借地に家を建てたのですが、その土地を私が地主からローンを組んで買取りました(ローンは終わっています)。ただ、私が転勤を伴う仕事なので、賃貸マンション又はアパートに住み、転勤の都度引越しています。持家はメンティナンスや税金もかかるため、現在供給過剰とも言われている賃貸住宅は大きく家賃相場が下落したならば経済的には不利になるかもしれません。一方で賃貸暮らしをしていても家賃は払うだけで自分の資産には永久に組み入れられません。
 転勤の有無、家族の状況など、住宅は個々の事情が絡む部分が大きく、賃貸と持家の有利不利だけで語れない部分も多いと思うのですが、良くないのは「明らかにどちらかを選択すべき状況なのに逆の環境にいる」ことではないでしょうか。「転勤の心配もなく、収入もまあまあ安定しており、貯金もそれなりにあって大きな出費を控えているわけではないのに賃貸に住んでいる」とか「転勤が多い、あるいは収入も不安定、蓄財も十分でないのに無理して持家を買う」みたいなケースです。

 話がそれましたが、私は可能なら持家にしますね。一時的に資産運用に多少の支障をきたしたとしても、ローンの返済ごとに家計のバランスシートは良くなっていくわけですし、持家による精神的安定が仕事に好影響をもたらして最終的には経済的にも資産運用的にも有利になるような気がします。

 転勤、なくならないかな……。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR