8410セブン銀行 決算説明会

 銀行とは名ばかりのATM管理会社8410セブン銀行より「本決算説明会動画」が公開されています。

 決算時に気付かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、5ページに今まで見かけなかった全体の収益に占めるその他収益の割合の推移がグラフと数値で示されています。ATMが事業のメインなのは変わらないと思うのですが、同業他社の競争も激化し今後大きな成長は難しいと思われますので、セブン銀行としても成長ドライバーとしてATM事業以外を重視しているのでしょう。実際プレゼンでも「その他収益の割合を10~20%程度まで引き上げたい」と発言しています。
 ATM事業では8ページにあるように、セブン店舗のほかグループ外に力を入れているようで、ATMも利用数もかなりの増加のようです。さらに、ATM事業の原資として重要な預金口座も残高も増加している(9ページ)ほか、海外送金サービスも前年比1.5倍増、個人向けローンサービス(10ページ)も倍増の勢いです。
 売上金入金サービスも地味に成長(10ページ)しており、町中から銀行の店舗や夜間金庫が減少する中セブンイレブン以外の売上も積極的に取り込んでいく計画のようです。
 海外ATMは採算の悪いATMを撤去し前期は台数減となりましたが、今期は増加させていくようです(11ページ)。
 インドネシアはまだまだこれからですね。
 注目は12ページのバンク・ビジネスファクトリーですね。だいこう証券ビジネスの銀行版のようなサービスですが、かなり需要があるようで、今期は利益も数倍増の強気の計画です。数年後にはこれがセブン銀行のメイン業務になるのではないかと妄想しています。

 PER30倍近くで割安株とは言えない水準ですが、引続きホールドしていく予定です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR