堅調な株価推移に思う

 主力が思うように上がらず(そもそも思うように上がるわけもないのですが)、ヤキモキする日々を送っていたら、気が付くと伊藤園第一種優先株式が2000円を突破していたり、ベネフィット・ワンも昨年の安値から株価が倍増して予想PERが30倍超えしてみたりと、マイポートフォリオもバルブの様相を少しずつ表しつつあります。
 自分は節約して毎月投資資金を積み立てて、増収増益増配株を中心に投資し受取配当金が増加するような投資を心掛けてきました。その結果として資産の時価評価額もそこそこに推移していれば本当にありがたいのですが、ここ数年は日銀の買い支えと年金基金が買ってくるだろうという思惑で株価が上昇している状態で素直に喜んでいいわけがありません。こういう時の手放し時は本当にわかりません。

 私は自分の投資は自分の気持ちに正直に取り組む気持ちを強く持っています。現時点では、預貯金に重点を置きながらも、少しずつ投資資金も追加するスタンスでいます。慎重に投資に取り組みたいという思いと、チャンスを逃したくないという気持ちが葛藤している感じですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

立川さん、こんばんは。

自分も盛り上がり始めた頃合いだけに、
ライブドアショックなど過去の経験から、危険を感じています。

実体経済の回復が連動していけば、
緩やかな上昇も実現するだろうという、
希望的観測を持っていますが、そうは問屋が卸さないのでしょうね。

Re: No title

fhiyoshiさん、コメントありがとうございます。

資産を手っ取り早く増やしたいという欲望さえなければ、株価の変動も何も恐れることはないのですが、なかなかその境地にまでたどり着きません(笑)
Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR