9787イオンディライト 太陽光発電に参入!?

 9787イオンディライトより「静岡県菊川市におけるメガソーラー発電所 運転開始のお知らせ」が2月18日付でリリースされています。

 最初にこのニュースリリースを見たときには目がソーラー、いや、目が点になりました。
「おいおい、まさかイオンディライトがメガソーラーに手を出したのかよ!株価好調な今のうちにリリースしちまおうか……」
 ところが、よく見るとイオンディライトは美味しい仕事を請け負うようです。以下、リリースより引用です。

「イオンディライトは、大型商業施設やオフィスビル等、全国1万件以上の施設で設備管理を行ってきた技術と実績を活かし、発電設備の法定業務(自家用電気工作物保安管理業務)を請け負います。電気主任技術者を選任するほか、クラウド化した独自の遠隔監視サービスにより発電量のモニタリングを行います。また、異常を検知すると電気主任技術者が現地に急行して対応することで発電ロスを低減してまいります。加えて、太陽光パネルの架台や電源ケーブルの腐食、パワーコンディショナー・キュービクルの不具合といった発電効率に大きく影響を与える周辺機器の劣化を防ぐ保守・メンテナンスも実施してまいります。 」

 太陽光発電・介護・データセンターは企業が近年安易に手を出しやすい3大事業だと思う(どなたかのブログの受け売りですw)のですが、法廷業務や保守・メンテなら発電力量や買取価格に関係なく収益確保できそうです。この調子で日本中のメガソーラーにイオンディライトが食い込まないかと妄想中です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
だいぶ前にイオンの店舗のエネルギー管理システムをテレビで取り上げていたような記憶があります。太陽光発電の監視システムは、その延長上なんでしょうね。
がんばれ、イオンディライト!

イオンディライトとは関係ないですが、菊川の茶畑が太陽光発電に変わったんですね、きっと・・・
菊川はわりと近所なので、感慨深いですね・・・お茶農家も最近は大変らしいし・・・

なにげにNECキャピタルソリューションもからんでるんですね。

Re: No title

teaandeelさん、こんばんは!

菊川の茶畑、お茶の光合成の効率を高めるために太陽光の照射量を減らすために影を作る手法があるそうで、太陽光パネルで影を作りつつ発電もしてしまう試みらしいです。太陽光はパネル商売も発電も過当競争になることは間違いないので、イオンディライトは設備が増えるほど美味しくなる商売に目を付けてくれてありがたいです。

No title

AEON Daylight だと思い込んでいて、
じゃあ今まで何やっとったんじゃい!?
とビックリする事案が発生しました。
無知ですいません。

Re: No title

トマスさん、こんばんは~!

> AEON Daylight だと思い込んでいて、
> じゃあ今まで何やっとったんじゃい!?

確かに、カタカナからはDelight(=喜び、楽しみ)って直ぐ想像できる人はそう多くないですよね。
2006年9月1日にジャパンメンテナンスとイオンテクノサービスが合併した際に、「経営理念の説明」の中で「お客さまが喜んで過ごせるような環境(魅力的で嬉しい場所、快適な空間、安全な環境等)を創ること」というのがあり、そこから「喜び、輝き、心の豊かさといったディライトを提供」ということでイオンディライトとなったようです。

私としては増配や株価上昇によって株主にディライトを提供して欲しいのですが。
Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR