経験とイメージ

 私は個別株投資にこだわり、投資信託はREIT以外は一切買っていません。個別株投資かインデックス投資かは投資ブログを書いている人の記事でよく見かけますが、結局は過去の経験の影響が大きいと思われます。

 例えば、私は投資信託で良い目を見た記憶があまりありません。一方、バリュー投資を始める前に個別株投資(といっても、当時は単元が大きく収入も少なかったのでるいとうで買っていましたが)でそこそこ儲け、ローンの完済を早めた記憶があります。おそらく、そこから「個別株投資は儲かる」という鮮烈なイメージが焼き付いているものと思われます。
 逆にインデックス投資を心掛けている人のブログを見ると、「これだけの知識と分析力を個別株投資で活かせば儲かるのに」と思われる方も多いのですが、過去の記述に「個別株投資で上手く行かなかった」あるいは「上手く行ったけど決算のチェックに時間を取られ、株価も気になって仕方なかった」というものを見かけたりします。

 中には合理的な判断に基づいて自分の投資方針を決めている方もいると思いますが、私を含めほとんどの個人投資家は「こちらの方が儲かりそう、損しなさそう」という漠然としたイメージが脳裏に焼き付いていることに起因しているのだと思います。

 10年以上前にオフ会でお会いした人の中には、ブログやサイトだけでなく投資も止めてしまった人もいらっしゃいます。
 個別株投資のパフォーマンスが良く見えるのは、そこそこのパフォーマンスの人がその成果を発表しているだけではないでしょうか。知識も分析力も経験もあった方がライブドアショック・リーマンショック・東日本大震災で去っていきました。この事実を忘れて表面上の数字だけを見て「個別株投資の方が有利だ」というのは早計な判断だと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR