2014年の投資を振り返る ~生活防衛資金~

 昨年「2013年の投資を振り返る~来年以降の方針」という記事でこんなことを書いていました。

■■■■■【引用開始】■■■■■

 結論から言うと、特に決めていません。

 今の株価が無茶苦茶割高というわけでもないし、マーケットにお金が流れ込むかどうかで投資を決めているわけでもないので、メインのポートフォリオは売上利益成長して配当も増やす割に安いかなと思う銘柄を買ったりホールドするつもりです。
 売買に関する指標の基準も厳格に決めませんし、また投資先は配当成長のみに限りません。先日も一生トイレットペーパーを買わなくて済むように3708特種東海製紙を買いました。CDGのティッシュ、ワッツやゲンキーやトランザクションの日用品と合わせてまたしても出費が抑制されます。足りないモノはココカラファインの商品券で買います。今年は優待もかなり届いたので、家計の一助レベルではなくなりました。

 敢えて言えば、生活防衛資金を少し積み増そうと考えています。投資によって資産を増やすことを覚えると、キャッシュを置いておくことが罪深く感じますけど、ローソンEMのように何が起こるか分かりません。完璧な投資先の調査は不可能なので、全力で投資に取り組むために預貯金もある程度欠かせません。現在生活費1年分ですが、2年分確保しようかと思っています。

■■■■■【引用終了】■■■■■

 もう、今年はこの通りにやりました。しかも、株価の上下で日々一喜一憂しながらも、こんなにストレスなく投資に取り組めた年はなかったです。
 何故ストレスがなかったか。それは「自分の気持ちに正直に」投資したからです。手放したい銘柄を手放し、欲しい銘柄を(多少の差はあれど)買い、同時にきちんと生活防衛資金を積み立てたからです。流石に今年一年で生活費2年分を貯めることはできませんでしたが、何があっても当面は大丈夫なお金が常に手元にあるだけで相当気持ちが楽になりました。日々の数十円数百円の節約や小銭稼ぎも昨年までは正直「こんな金額、資産変動に比べたら僅かなもんだよな~」とか思っていましたが、生活防衛資金の積立の中で「生活コストを低くすることがアーリーリタイアを現実的なものにする」ことを実感したため、「節約=無駄な努力」的な考えが完璧に払拭されました。

 来年以降は、もっともっとシンプルな思考で行こうと思いますが、まずは生活費2年分は確保したいです。これは投資を始める前にすべきでした。もし今から投資を始めようとする方は、投資をしながらでも良いので普通に貯金もしましょう。生活防衛資金があれば「安心してガッツリ投資ができる」からです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR