FC2ブログ

日銀の株保有7兆円に

 日銀は金融システム安定のため2002年に銀行が保有する株を買い取ったほか、2010年からETFを買い始めており、その残高が日本生命保険を抜きそうだそうで。

 記事にもありますが、売却時期に困りますよね。ここまで保有すると、マーケットインパクトは半端ないでしょう。影響を小さくしながら売却するやり方として思いつくのはこんな感じでしょうか。

(1)ETFはGPIFに売却する
(2)個別銘柄は一定割合自社株買いさせ、残りを市場で売却する。

 ETFに関しては他に売る相手はいないのではないでしょうか。マーケットで処分すれば結果は火を見るより明らかです。高く売れればGPIFの運用からすればマイナスですが、同時に日銀の国庫への納付金が増えるので、財政全体で見ればプラマイゼロになります。売却するタイミングでGPIFに買い余力があるかどうかが問題です。個別銘柄は基本的に大部分を自社株買いさせ、マーケットでも売却して、トータルでマーケットインパクトをゼロにするように調整しながら処分でしょうか。

 さらに、個人がETFを売買する際にかかる税金を下げてはどうでしょうか。ETF専用NISA特別枠みたいな。個人の金融資産は1500兆円あるそうなので、僅か0.5%で7兆5000億円です。制度実施と同時に売却を進めればマーケットインパクトを軽減できそうです。減税分は日銀納付金の増加で賄えそうですし、そのまま売却して株価下落よりはよいのではないでしょうか。


―――――【引用開始】―――――
「日銀の株保有7兆円に 年内に日生超えも、株価下支え」
2014/9/23 1:30
 株式市場で、買い手としての日銀の存在感が高まっている。上場投資信託(ETF)を含めて、日銀が保有する株式の時価は約7兆円にのぼる。今後も月に1000億円程度を買い増す方針で、年内にも民間で最大の日本生命保険(約7兆円)を上回る可能性が出てきた。株価を支える一方で、将来の売却の判断には難しさも伴う。

 日銀は8月にETFを合計1236億円買い入れた。1カ月の買い入れ額としては今年最大だ。特に上旬には株価がやや軟調ななかで6営業日連続で買い入れ、株価を下支えした。

■GPIFに次ぐ規模に

 日銀は具体的な買い入れ方法は公表していないが、午前中に株価が下落した日に100億~200億円程度買い入れることが多い。9月は株価上昇が続いているため、購入実績はまだゼロだが、保有株の時価は一段と高まっている。日銀の決算資料によれば、個別株とETFを合わせた保有時価は3月末時点で6兆1500億円。4月以降の買い増しや株価上昇を踏まえると、7兆円程度に膨らんだもようだ。

 これは日本株全体の時価総額(約480兆円)の1.5%にあたり、三菱UFJフィナンシャル・グループ(4.6兆円、6月末)や世界最大の政府系ファンドであるノルウェー政府年金基金(3.7兆円、同)を上回る。日生を抜けば、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF、21兆円強、同)に次ぐ大株主となる。

 日銀は2002年に金融システムの安定のため銀行の保有株を直接買い入れることを始めた。10年には極端な株安を和らげる狙いで、ETFも買い始めた。個別株の買い入れは現在停止しているが、ETFは昨年4月の異次元緩和で購入額を年5000億円から年1兆円へと倍増させた。

■売却時期など課題に

 中央銀行が株式やETFを買うのは世界的に見ても異例の措置だ。株式は国債より値動きが大きく、中銀の資産の健全性を損なう懸念があるからだ。大きな損失となれば円の信認低下にもつながりかねない。日銀の買い入れが多いと、本来は民間の取引で決まるべき株価の形成がゆがめられ、資源配分や金融市場の発展に悪影響を及ぼす恐れもある。

 買った株式を将来、どのように市場で売却するかも課題だ。個別株は16年3月まで売却を凍結しており、ETFは売却時期を決めていない。だが、異例の措置とあっていずれは売却するのが妥当だと市場ではみられている。保有額はアベノミクスに沸いた昨年1年間の外国人の日本株買越額(約15兆円)の約半分に相当する。売却すれば株価への影響は大きい。売却時期や手法を巡って日銀は難しい判断に迫られそうだ。
―――――【引用終了】―――――

※2015/11/14 誤字を修正しました。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR