FC2ブログ

公的年金、株式運用の上限撤廃

 公的年金の株式運用がますますエスカレートしてますね。

-----------(引用開始)-----------
公的年金、株式運用の上限撤廃 20%台に拡大へ
2014/8/10 2:00

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、国内株式の保有上限を撤廃したことが分かった。5日に開いたGPIFの運用委員会で決めた。約130兆円ある全資産の18%までと定めていた上限を超えても買い増せるようになる。9月に新たな資産割合を決めるまでの暫定措置で、9月以降は国内株式の割合を20%台に増やす。
 国内株式の運用比率を1ポイント増やせば1兆円強の買いが発生する。仮に3月末実績の16%から20%に高めると、約5兆円の買いに相当する。上限の撤廃により、より円滑に目標に近づけられる。
 GPIFはあらかじめ「資産構成割合の目安」を決めて、運用している。ただ、相場の急変などに備え、一定の幅の範囲内で、目安から離れることも認めていた。
 例えば、国内株式の場合、目安は12%だが、上下に6%分の幅を認め、保有割合が6~18%ならば許容している。ただ、18%を超えて買い増すことはできなかった。
 5日の運用委員会では海外株式や国内・海外債券のいずれについても上限と下限を9月まで取り払うことを決めた。
 国内債券については現在の60%から40%台に大幅に落とす方針だ。今の仕組みでは最低でも52%持つ必要があった。下限をなくせば、国債も売りやすくなる。
-----------(引用終わり)-----------

 正直、目先株価が上がれば嬉しいです、私だって。自分の資産に直に影響しますから。

 でも、これいいんでしょうか。株価対策を政府主導で進めるなら、配当に対する課税の撤廃や、長期保有や買い増しに対する優遇などで個人投資家を呼び込んだり、自社株買いや配当などの株主還元に対する法人税優遇、大型小型に関わらずEPSや配当の成長を重視した投資を年金が推進するなど、いくらでも真っ当な手がありそうなものですが。
 私がこのブログで多少発言したところでどうなるものでもありませんが、長期的に有効な手段で、個人の資産形成や年金の運用成果が上がっていくような仕組み作りを目指して欲しいです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR