え、アップルとIBMが……

 記事を読んでビックリしました。まさかの提携……時代ですね。

---------------(以下、引用です)---------------

米アップルとIBMが提携 法人向け携帯端末を販売
2014/7/16 11:44

 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルは15日、米IBMと法人営業で提携すると発表した。IBMの業務用サービスと営業網を使い、アップルのタブレット(多機能携帯端末)「iPad(アイパッド)」などの携帯端末を販売する。アップルは弱点とされてきた法人分野でIBMと組み、米マイクロソフト(MS)の切り崩しを狙う。

 アップルはIBMとの連携で高い安全性と専門性を有する法人向けソフト・サービスを100程度用意する。スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」やiPadに組み込む。IBMが携帯端末の顧客窓口となる。
 IBMは2005年にパソコン部門を中国レノボ・グループに売却した。携帯端末の時代が到来し、パソコンで敵対してきたアップルと最終的に手を組むことになった。
 法人向け携帯端末市場はかつてカナダ・ブラックベリーが強かったが、ソフト市場の育成に失敗して失速。同社のシェアを他社が食う構図となっている。MSは業務用ソフトで築いた強固な法人向け営業基盤を持つが、携帯端末では出遅れている。アップルは商機とみて法人分野に力を入れ始めたが、業務用のソフトやサービスの少なさが弱点になっていた。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR