FC2ブログ

分析-7164全国保証 4Q分析 その2

 7164全国保証よりリリースされている「2014年3月期 決算説明資料」をもう少し分析してみます。

20140514全国保証

※27/3期の営業費用の各項目は、決算説明資料の数字より私が例年の数字を参考に適当な値を入れ、合計が合うようにしています。

 25/3期は債務保証損失引当繰入額が少なく済んでいるため、26/3期はその反動で営業利益は微増予想でした。しかし、収入保証料が当初予想よりも伸び、与信費用が当初予想より少なく済み、結果として予想をかなり上回る増益となりました。過去2期の傾向から、全国保証は比較的保守的な予想数値を出すように思います。今期も堅く見積もっている可能性は高く、純利益も配当もググッと伸ばしてくれないかと妄想中です。

 毎回触れていますが、全国保証を成長株投資として考えるならば、営業収益が前年度比プラスであることと同時に、来年度以降の収益源である長期前受収益が前年度比プラスを確認することが必要だと考えています。なお、前受収益の増減は当該年度に計上されてしまうので考慮しません。ほぼ前期並みに積み増されています。

平成22年4月1日~平成23年3月31日 +5,125百万円
平成23年4月1日~平成24年3月31日 +6,962百万円(2Q時点で+3,049百万円)
平成24年4月1日~平成25年3月31日 +8,041百万円(2Q時点で+3,849百万円)
平成25年4月1日~平成26年3月31日 +7,873百万円(2Q時点で+3,718百万円)

※長期前受収益に関する記事を追記しました(2014.5.14)。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR