FC2ブログ

優待の是非2

 「賃貸が持ち家か」「インデックスか個別株投資か」に続いて「終わりのない個人投資家3大論争ネタ(命名:立川)」である「優待の是非」。実際優待を楽しみに株を保有している人は多いはずで、私もメインの銘柄は企業の成長による配当の増加や株価の上昇、価値と価格のギャップの是正に賭けていますが、やはり優待が届くと嬉しく、保有銘柄の1割くらいは2008年ころに優待目当てで購入している銘柄です。そうした「嬉しさ」に付け込んだ株主優待の是非を前回に引続いて書いてみます。

【前回の記事はこちら】

 私は日本の教育の最も残念なところは、フィナンシャルリテラシーに関する教育がバッサリ欠けているところではないかと思っています。
 生きていくのにどれくらいお金がかかるのか、学歴・資格・技能がどれくらいの報酬を生むのか、就職・起業とはどういうことか、貯蓄・投資・保険の概念など、社会人になる前に勉強する機会が強制的にあっても良さそうですが、残念ながらそうした視点の教育の話はあまり聞きません(今はあるのでしょうか?自分が受けた記憶がなく、かつ最近の情勢を知らないというところをお断りしておきます)。その結果、「お金に関して真剣に考える」ことが、結婚とか家の購入とか子供の教育とか「真剣に考えざるを得ない場面になってから」となるのではないかと思います。その時になって「よし、投資の研究をしてみるか」とはならないでしょう。

 余談ですが、自分が就職した時と、現在の新入社員の一番大きな差は「就職した途端に貯金をスタートするかしないか」「呑みに行かない」です。自分の両親がリストラ・減給etcの憂き目にあっている人ほどその傾向が強い感じがします。しかし、せっかく貯めたお金を投資には振り向けようとしません。

 優秀なトレーダーの素質がある人ならともかく、個人が投資に関わって試行錯誤しているうちに、リーマン投資家なら対費用&時間効果を考えるとファンダに基づいた中長期投資になっていくと思うんですよね。しかし、そもそも株式投資を自分の資産運用対象として真剣に考える人口が少ないのですから、雑誌に内容と全く関係のない美人のグラビアが掲載されるように、少々投資に興味を持った人を対象として優待をエサに個人株主を増やす戦略をとらざるを得ないと思うんです。

 正直、企業や株主の利益を考えたら配当や自社株買いなど、優待よりも有益なお金の使い方があろうかと思います。しかし、まだ出来高の少ない銘柄が理屈抜きで株主を増加させるためには、「優待が届くと嬉しい」という部分に訴えて個人株主を増やすしかないんじゃないでしょうか。もちろん優待につられておかしな株価が付きマーケットの機能が損なわれるのも事実ですので、それは私達個人投資家が勉強していかなくてはいけない部分だと思います。

 米国は個人の4人に1人が株式投資をしているそうで(※あるサイトに記述されていた事で、統計的裏付けはありません)、日本もこんな状態になれば企業も優待に頼らずに株主数を確保できるようになるかもしれませんが、それはまだまだ遠い未来だと思います。

 先日優待でもらった図書カードを片手にウキウキ書店に向かう私が書くことではない気もしますが(汗)。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「東証一部などより上位の市場に移って知名度やお客様の信頼感を上げる」ための手段として、個人投資家の数を増やすための優待はありだと思います。

でも、優待目的なら最小単位の保有が効率いいので、財務面がよくても大量投資という意味では優待企業の購入は躊躇われますね。
外国人も買いにくいですし。

でも、こういう現状を変えられないとすれば、投資家としてはそれを活用するだけですね。

私も知らなかったのですが・・

1株でも株を持っている人の割合は、アメリカ人よりも日本人のほうが多いのだそうです。超意外ですね。

http://president.jp/articles/-/10650

Re: No title

たこさん、こんばんは!

> 投資家としてはそれを活用するだけですね。

全くその通りで、私ももっと研究したりタダ取りとか取り組んでも良いのかなと考えるのですが、如何せん不器用なものでなかなか踏み出せません。でも、ご指摘の通りで、この状況を上手く利用する人は財を築けるのだと思います。

Re: 私も知らなかったのですが・・

雪風さん、こんばんは!

うおお、何とそれは知らなかったです。顔から火が出そうです。
全く私もリンク先のご指摘通りの誤解をしていました。
Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR