FC2ブログ

投資のモチベーション

 私は自分の投資スタイルは「給料から種銭を貯め、配当を毎年増加させることが出来るような良いビジネスを持つ会社を長期保有し、配当収入も資産も伸ばしてゆく」ということになっています。となると、日々の株価は別に気にしなくても良いはずなのですが、自分の資産をたった今売却した時の対価である株価は大いに気になります。株価が下がれば「魅力が増した」なんてバリュー投資家らしいカッコいいこと言えません。ゲンナリして、ブログの内容も簡素になり、更新頻度が落ち、最後には更新しなくなると思います。

 株式投資は証券会社に口座を開いて、パソコンかスマホ(ガラケーでも良いし)かタブレットがあれば誰でも出来ます。それゆえ、誰かが高パフォーマンスだと「自分も出来るはずだ」と思いこみます。売買頻度が頻繁か些少かの差はあれど、株で儲け続けることは私はスポーツと同じく「特殊な能力の一つ」だと思っています。ある程度の研究と努力でそれなりの腕はつくかもしれませんが、それでも勝ち続けられる(あるいは負けが少ない、負けた時の損失が少なく結果的に勝ち続けたのと同じ状態になる)のはやはり才能の一つではないかと思うのです。

 上場企業は基本的に儲けることが目的で、その中でも本当に儲かった会社を儲かる限り持ち続ければ有利な気がするのですが、なかなか上手くいかないのが株の面白さでもあるので止められません。それにしても、決算短信がリリースされるとワクワクします。そんなに読みこむ知識も能力もないのだけれど、年に4回これを見る時が投資をやっていて一番楽しい瞬間です。

 戯言でした。もう少し株価が下がれば大人しくします。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR