FC2ブログ

証券市場多すぎませんか

 保有銘柄のグリーンクロスは福証に上場されているのですが、取引できない証券会社があったりと不便です。バリュー投資家としては、そういった企業の本質的な価値とは関係ない部分でネガティブに評価されるのは大歓迎で、その後東証などに上場して大きく見直されるというチャンスを享受できます。しかし、それにしても証券取引所が分散されるのは、上場会社・証券会社・投資家のそれぞれにとってどうなんでしょうか。

【統廃合された証券取引所・証券市場】
・神戸証券取引所……1967年10月廃止、上場企業は大証へ
・広島証券取引所……2000年3月廃止、上場企業は東証二部へ
・新潟証券取引所……2000年3月廃止、上場企業は東証二部へ
・京都証券取引所……2001年3月、大証と合併
・大阪証券取引所……2013年7月、現物市場を東証へ統合、現在は先物・オプション取引中心
・NEO、ヘラクレス……2010年10月、旧ジャスダックと市場統合

【現存する証券取引所・証券市場等】
・東京証券取引所
・名古屋証券取引所
・福岡証券取引所
・札幌証券取引所

・TOKYO AIM取引所

・ジャスダック
・マザーズ
・セントレックス
・Q-Board
・アンビシャス

【現存する私設取引所】
・SBIジャパンネクスト証券
・チャイエックス・ジャパン

 これ、明らかに多すぎませんかね。しかも上場会社のうち3400くらいは東証に集中しているのですから、現実的には東証へ統合したほうが上場コストも取引コストも安くて済むんじゃないでしょうか。
 さらに、新興市場は流動性の問題もありますので、自分が投資信託を買わないのになんですが、そういったマーケットのみにスポットを当てた投資信託をバンバン売り込んで流動性を確保するのはどうでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

投資信託

新興市場のみにスポットを当てた投信信託は増えないと思います。

マーケットインパクトを考慮すると
新興市場ファンドは
運用総額30億程度が限度だと思います。

ジャスダックオープンはいずれ償還されますが
新規設定される新興市場ファンドは出てくるのでしょうか。

Re: 投資信託

まこりんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

現実的にはまこりんさんのご指摘通りでしょうね。

だいたい、投資信託の存在自体が不思議です。日本に投資信託は2013年末で7875本、そのうち公募投信が4980本あり、その中で契約型の証券投信で株式投信と呼ばれるモノ(個人が購入できる投資信託)が4756本あるんですからね。上場企業の数より投資信託信託の数の方が多いんですから。

ただ、ある程度の出来高が新興市場の大多数の銘柄には必要だと思うんですよね。となると、新興市場に資金を向ける投資信託が登場するのは一考に値するのではないかと夢見ているわけです。

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR