FC2ブログ

私が資産形成手段として個別株投資をする理由3

 大分前の【前々回の記事】【前回の記事】の続きです。

(1)少ない金額からスタートでき、それなりのリターンが期待できる。
(2)最初は勉強や調査・判断に時間がかかるが、勉強が進み経験を積むと時間対効果が高くなる(=投資が上手くなる)。
(3)リターンが高ければ、資金を確保することから目標金額の達成までのトータルで考えれば、結局投資にかかる時間は短くて済む。

 以上の理由から個別株投資は証券投資の中でも有利だと考えました。
 
 結局、その勉強や調査を好きになれるかどうかですね。
 勉強と実践によって個別株投資のスキルを身につけること自体に面白さを感じなければ、やはり四季報を通読し、財務諸表や各種IRに目を通すのは普通の人からすれば面倒なことにしか見えないかもしれません。ライブドアショックやリーマンショック、天災のようなときにその後自信をもって投資を続けるためには、くじけずに調査を続けられるかどうかにかかっています。

 個別株投資を貫けるかどうかは、キャッシュフローを生む企業の部分保有者であり続けることの有利さを信じられるかにかかっているのではと思います。極端な集中投資や、過度なレバレッジに気をつけ、気まずいときの判断を機敏にできれば(←私もできていないので書き難いのですが)、リーマンで貯金では決して手に入れることのできない資産を築けるんじゃないでしょうか。
 
 余談ですが、投資の種銭稼ぎのために本業を真面目にやるようになりました。結果として少しばかり給料が上がったので、目に見える効果です。目標金額達成のためにはここがスタート地点でしょう。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR