FC2ブログ

配当金生活に憧れるか

 先日、ある投資家さんとお話をしているときに出た話題なのですが、完全に労働収入に頼らない配当金生活をしたいかという話です。ズバリ結論から言いますと、私は配当金生活にめっちゃ憧れます!そのために株式投資しているみたいなものです。

 しかし現実的には、ギリギリ生活できる状態ではなく、相当余裕のある状態(たとえば配当が1000万円位あるとか)でないとその道を選ぶことは難しいでしょう。私の資産の増加レベルでは、経済的自立を目指すしながら案外定年まで仕事をしているかもしれません。個人投資家は焦る必要もないし、投資で高パフォーマンスを得るために精神力を削るくらいなら、パフォーマンスが多少落ちても、私にとっては健康的で充実したプライベートの方が大事です。健康な状態で仕事を続けることは投資家にとって最大のリスクヘッジとなると思いますね。

 配当金生活はまだまだ先でも、投資で配当金がそこそこになってくると仕事にも余裕とゆとりをもって取り組めるようになります。そうなると、つまらない仕事も案外楽しくなってきました。バリュー投資を続ける限り、経済的自立を夢ではなく現実のものとして手に入れるチャンスが手元にあり続けるですから、こんな素敵なことはないと思います。

 といいながら「5倍株10倍株を山ほど掴んですぐにでも辞表叩きつけてぇ~」というのも本音ですが(笑)。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

配当金生活を目指すなら、株式より不動産の方が達成時期は早いように思います。
不動産管理という新しい仕事が生まれますが、サラリーマンの仕事量と比べると少ないと思います。

Re: No title

AKIさん、こんにちは~!

うーん、確かにおっしゃるとおりかもしれませんね。
私は株好きなので配当収入の増加を目指してはいますが、経済的合理性からすると不動産による賃貸収入なのかなと考えることもあります。
Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR