FC2ブログ

第10章 眠れる龍の目覚め

 「企業訪問ではいつも企業自身よりもその××××から最良の情報を得た」
【テンプルトン卿の流儀】 :301ページ)

※著作権を考慮し、今回の日記全般について文中の一部の引用を控えています。



 前回に引き続き、【テンプルトン卿の流儀】の最終章である第10章を取り上げます。
 
 この章では、テンプルトンが中国に注目し、投資に成功した件が書かれています。
 「比較的不透明感の強い中国市場への投資リスクを軽減するために多くの場合『現地に強い』運用会社を通じた中国投資を勧めてきた(295ページ)」とあるように、2003年ころには投資信託を利用していたようですが、2004年には中国人寿保険や中国移動通信などの個別株にも投資しています。その株価が魅力的だった理由が295ページ後半~301ページにかけて説明されています。
 また、302ページには2005年に住宅バブルへの懸念していたことなどが記述されています。さらに、企業の目先の収益動向よりも5年、10年先の企業の見通しに目を向けることを提唱するなど、テンプルトンが単なるバーゲンハンターではないことが分かります。

 最後に、この本の(というよりもテンプルトンの)代表格的な一言を紹介して終わります。

「群衆よりも良い成績を上げたいなら群衆と異なることをしなければならない(303ページ)。」

 テンプルトンは、2008年9月のリーマンショックの直前の7月に95歳の生涯を閉じています。
 
※今回の記事は、アフィリエイトが含まれています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR