FC2ブログ

第5章 株式の死と強気相場の誕生

 「~(中略)~古い原則はもはや当てはまらない」~(中略)~今後その種の主張に出会ったら、バーゲンハンティング魂を揺り起こすためのあらゆる警報やベルや警笛が鳴るようにしておくと良い。
【テンプルトン卿の流儀】 :133ページ)

※著作権を考慮し、今回の日記全般について文中の一部の引用を控えています。




 前回に引き続き、【テンプルトン卿の流儀】の第5章を取り上げようと思います。
 
 この章では、「1970年代を通じて株式市場は文字どおり横ばいで推移し、その途中何回もひどい下落に見舞われた(129ページ」のような、記事にも「株式の死は永続的に続くように思われる(131ページ)」と取り上げられる時期こそ「素晴らしい買いシグナル(130ページ)」となった事や、バーゲンハンターを非難するような主張は「愚行の頂点で出現(134ページ)」となることを指摘しています。

「誰も手だししないという事実そのものが(投資の)理由そのもの(135ページ)」という、バリュー投資の最も難しい点もズバリ指摘しています。さらに、その後株価が回復する根拠を的確な数値で分析(152ページ)し、見事に予測を達成して投資の権威として認められた経緯も記述されています。正直、ちょっと株価が下がっただけでヒイヒイいっている私には、10年も低迷が続いたら自信を持って投資できないと思いました。

 第5章のこの文言は、とても励みになります。なかなか実践できないのですが(汗)。

「×××が××ことはたいてい長所であり、短所となることはめったにない(134ページ)」
「××に独りで立つ力をもつということは、バリュー投資で継続的な成功尾を覚める基本的な秘訣(152ページ)」
「×××××を利用できる。これこそが最高の投資機会(155ページ)」

 
※今回の記事は、アフィリエイトが含まれています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR