FC2ブログ

4 価格と価値の関係性に目を向ける

 投資は「良いものを買う」ことではなく、「××××××××」ことで成功する。(53ページ)
 ××と無関係に良い投資アイデア、悪い投資アイデアと言えるものはない。(54ページ)

ハワード・マークス「投資で一番大切な20の教え」
(著作権を考慮し、文中の一部の引用を控えています)



 この章ではバリュー投資を実践することの有利さをあまりに分かりやすく説いているので、バリュー投資以外の投資方法を選択する勇気が薄れてしまいます。そして「根気強いバリュー投資の対極にあるのは、やみくもにバブルに乗じるやり方である。(59ページ)」と、チューリップバブル、ネット株バブル、不動産バブルなどに乗ずるやり方を暗に批判しており、マイポートフォリオの時価総額の増加にへらへらしている私はドキっとしましたが、人が投資に関わった時の行動を鋭く推察しており、またしても首がもげそうになるくらいうなずきまくりです。

 そして、いつも通りグッと来た一文を、最後に2つほど紹介します。特に2つ目、いいですね~。

「もっとも安全で、もっとも高い収益性が見込まれる投資をするには、××××××××ものを買えばよい。時間とともにその資産の××や××が変わるとしても、××にしか行かないからだ。(58ページ)」
「それでも、やがてはバリュエーションが物を言うときがくる。(61ページ)」

※今回の記事は、アフィリエイトが含まれています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR