FC2ブログ

3 バリュー投資を行う

 投資で確実に成功するには、まず最初に×××××を××に××することが不可欠だ。さもなければ、投資家として成功し続けるという夢は、夢のままで終わってしまう。

ハワード・マークス「投資で一番大切な20の教え」40ページより
(著作権を考慮し、文中の一部の引用を控えています)



 この章では、投資は企業のファンダメンタルズに賭けるやり方と、マーケットでの値動きに賭けるやり方の2つのアプローチに分けられるとし、いきなり「テクニカル分析」と言われる後者を「その有効性を認めておらず、議論の対象から早々にはずしてもよい(41ページ)」と言いきっています。さらにはデイトレーダーを「このような方法で儲けようとする人の事が、私にはまったく理解できない。(43ページ)」とし、その理由も非常に手短かつ分かりやすく説明しています。
 また、バリュー投資とグロース投資の比較を「今日の価値と未来の価値のどちらに重きをおくか」という視点を用いて説明しており、これまた実に目から鱗な内容で、うなづきまくって首がもげそうです。
 バリュー投資の難しさの説明がこれまた秀逸で感動的です。49ページの記載です。

「バリュー投資のアプローチを採用することにし、証券や資産の×××××を推計したら、次に重要となるのはそこからぶれないことだ。投資の世界では、何かが正しかったとしても、必ずしもそれがすぐに証明されるわけではないからだ」
「投資家にとって、常に×××ことをしつづけるのは難しい」

 いや~、ぶれまくってる私には耳が痛いです。

 今回はグッときた一文を探すのが大変でした。素晴らしい内容の分が多すぎるので(笑)。52ページに掲載されている一文を紹介します。

「×××××を正確に××することは、感情に流されない着実な投資、利益を生み出す可能性の高い投資に不可欠な土台なのだ。」

 バリュー投資にくじけそうになった時、この本(特にこの3章)は確実に勇気を与えてくれると思います。




※今回の記事は、アフィリエイトが含まれています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR