FC2ブログ

自分の気持ちに正直になる

 株価が上がれば嬉しい、下がると悔しい、バーゲンセール時にキャッシュがないと悔しい、パフォーマンスの高い投資家さんが羨ましい、そういう気持ちを私はすべて受け入れます。気取って、「自分は自分、他人は他人」なんて言いません。決算が悪ければガッカリし、自分の見る目の無さに涙しながらバサリ損切りします(出来ない時もありますけどね……)。

 2005年、自分は資金を倍にして大喜びしていたら数倍にする人だらけ、2006年のライブドアショックにもかかわらず二桁プラスの投資家もいる、2008年についに元本割れでガックリ2010年にやっと快復したと思ったら、その間に資金を数十倍にしている投資家もいる……この現実に、自分は株の才能ないな~と思いましたね。

 でも、株式投資が好きな自分を否定できません。だから、株の事で精神的に自分を追い込むようなことをせず、堂々と一喜一憂しようと決めました。そして、トレード能力の低さはおカネの使い方を上手くする事でフォローしようと考えました。だって、マーケットや企業業績はどうしても自分の力でどうにもならないけれど、おカネの使い方は自分の考えでどうにでもなるじゃないですか。

 それにしても、この本にでてくるcis氏、凄いですね。袋とじのインタビューは参考になる事が多かったです。やっぱり、勝つ投資家はしっかりした論理的な根拠のある手法を継続しているんだなと感じました。投資の才能ってのは、そういう方法論をいち早く体得することなのだと思います。

 私のように「2009年に買ったローソンエンタティメントが今日やっと買値を上回った!うれぴ~」なんて言っているようではダメなのです。

※本日のエントリーは、リンクにアフェリエイトが含まれています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR