FC2ブログ

4Q-2169CDS

 主力銘柄である2169CDSから「平成24年12月期決算短信」「剰余金の配当に関するお知らせ(東証二部指定記念配当)」がリリースされています。
 PLは期首予想とほぼ同じ数値に着地し、中期計画を着々と進めていますね。特にドキュメンテーション事業がPMCのフル寄与に伴って、売上高24.4%増と素晴らしい伸びを示しています。
 次期予想は残念ながら特損が出るようですが、中期計画に沿って引続き売上・営業利益・経常利益は着実な成長を予想しています。果たしてどうなるか、CDSの経営陣を信じて吉報を待つばかりです。

 それにしても、次期予想の特損の主要因となっている「信託型従業員持株インセンティブ・プラン」がどこにどういうメリットがあるのか、サッパリ理解できません。信託銀行と融資元の銀行が手数料と貸出利息を手堅く稼ぐためのプランとしか思えないのですが。正直、こんな厄介な仕組みにするくらいなら、単なる積み立てにした方が良い気がします。
20130214 e-ship.gif

 最後に、配当金の推移です。6年で約6倍、素晴らしい増配ペースですね。

2006/12  5.00円(1,000円)
2007/12  6.00円(1,200円)
2008/12 10.00円(2,000円)
2009/12 10.00円(2,000円)
2010/12 16.50円'3,300円)
2011/12 22.50円(4,500円)
2012/12 29.50円(5,900円)←今回
2013/12 32.00円←予想
※カッコ内は分割考慮前

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
信託型だと、若い会社で金融リテラシーの高い人が、その期間が終了するまでは会社にいて、儲かっても仕事をやめたいと思わないところがメリットなんだと思ってます。
どんどん株価が上がっていると、積み立てを中止して、さっさと売ったほうがいいのですが、インセンティブプランの場合、たいがい5年間積み立てを行いつづければ、その当初の価格と、実際の株価(これが上昇しまくっている)との差額をその終了時に給料でもらえるので終わるまでは会社にいないといけないルールもあり、いいのではと。
ただ、この会社の場合今年で終わるみたいなので、東証1部にうつったあと、株価が機関投資家の買いで徐々に上がったら売ってしまう従業員も出てきて、少しやる気がなくなるかもしれませんね。

Re: No title

NIGHT0878さん、こんばんは!

なるほど、そういう意味合いがあるのですね。それにしても分かりにくい制度で辟易します。それよりは社員には株式を積立させて、自社株買いでもすればいいんじゃないかと思ってしまうのですが。
Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR