FC2ブログ

初体験

 モトローラがモトローラモバイリティホールディングスとモトローラソリューションズに分社しました。保有株でTOB、MBO、合併は経験しましたが、分社は初体験です。外国証券口座の内訳の銘柄が増えていたのを見たときにはちょっと感動しました。株価も好調で円高差損を上回る含み益が出ています。当分の間は安定した業績のソリューションズで配当を稼がせていただく予定ですが、近いうちにモバイリティも買収の対象になってくれることを妄想中です。

-----(以下、CNET JAPANの記事より引用)-----

モトローラ、分社化を完了--ニューヨーク証券取引所で取引開始
 文:Jonathan E. Skillings(CNET News)
 翻訳校正:編集部2011年1月5日 10時57分

 Motorolaの長期にわたる分社計画がついに始動した。
 Motorolaから分社化されたMotorola Mobility Holdings(ティッカーシンボルはMMI)とMotorola Solutions(同MSI)の株式取引が米国時間1月4日にニューヨーク証券取引所(NYSE)で開始された。
 Motorola Mobilityは、携帯電話やセットトップボックスなど消費者向けのラインアップを提供する。同社は、急成長するAndroid搭載スマートフォンの成功に乗じた形での独立となった。Motorolaは2010年第3四半期、約4年ぶりにモバイル端末で営業利益(300万ドル)を計上している。同社は、380万台のスマートフォンを含む、910万台の携帯電話を出荷した。
 Motorola Mobilityの会長兼最高経営責任者(CEO)であるSanjay Jha氏は、「Motorola Mobilityがこの重要なマイルストーンに達したことをうれしく思う。計画から2年以上が経ち、本日、われわれはニューヨーク証券取引所で取引される財政力のある独立企業として操業を開始した」と声明で述べた。
 Motorola Solutionsは、エンタープライズとネットワークビジネス製品を取り扱っていく予定である。
 当時苦戦を強いられていたMotorolaが2社に分社する計画を発表したのは2008年3月のことだった。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR