FC2ブログ

配当から考える株式投資の優位性【3回目】

 元金100万円あったとします。このとき、株価1000円で配当30円の株を買う場合と、利回り3%の期間1年の定期預金(今時この金利はなさそうですが……)に預金することを考えてみましょう。一年後、どちらも30000円の配当または利息が手に入ります。

 翌年、購入した株が翌年配当が33円になったとします。当然配当は何もしなくても33000円になりますが、定期預金で同じように33000円の利息をもらおうと思ったら、10万円元金を追加しなくてはなりません。
 受取配当金を投資資金に対する利息と考えた場合、増配するということは、その分自動的に定期預金の元金が増えたのと同じ効果をもたらしたと考えることができます。

 しかし成長が鈍化あるいは頭打ちになる銘柄も出てきますので、保有銘柄をチェックしてはずしていく必要があります。正直私はこの決断が遅く、多くの銘柄で売り時の失敗からパフォーマンスを下げています。よく引き合いに出しているプロトコーポはその中で突出して上手くいっただけで、その陰に相当数の失敗銘柄の存在がありました。プロトコーポの投資当初はビジネスモデルもよく分かっておらず、その後決算が良いのを確認しては買い増し、結果的に上手くいっただけです。

 米国株式を投資してわかったのは、そういった視点の投資がしやすいということです。今後は現在組み入れ比率4%程度の米国株式を少しずつ増やしていこうと考えています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR