FC2ブログ

2020年2月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次マイナス12.55%・前年末比マイナス13.57%となりました。
※日本株・米国株合計を円ベースで計算しています。
※配当・税金込、月中の入出金や売却後の税金を考慮しています。
 受取配当金の累計は、前年同月比で日本株81.16%増、米国株56.41%増となりました。
※今年の1月から今月までの受取配当金の累計を、日米国株別に前年と比較しています。
※入金、銘柄入替、各銘柄の増配・減配がダイレクトに影響します。

 アセットアロケーション(資産配分%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 90.58←91.28(先月末)
≪主力≫
全国保証、シーティーエス、情報企画、日本エスエイチエル、ベネフィットワン、平山HD
≪準主力≫
ステップ、日本モーゲージS、CDS、センチュリー21、シイ・エム・シイ、アイ・ケイ・ケイ、朝日ネット、ヒト・コムHD、ビジネスブレイン太田昭和、FPG、オリックス、トランザクション、SMS、毎日コムネット、ブロードリーフ、コーア商事HD、タカラインフラF、東計電算、タカラリート、明豊ファシリティ、日本商業開発、マリモリート、
≪準準主力≫
オリジナル設計、ユニリタ、セブン銀行、東京インフラ、イオンモール、グリーンクロス、グッドコムアセット、クレステック、ゲンキードラッグ、日本コンセプト、No.1、三栄コーポ、日本再生エネルギー、TOKAIHD、(※ココカラファイン、翻訳センター)
合計106銘柄(優待目的含む)
※主力・準主力・準準主力は保有銘柄の時価が一定ライン(=金額ですが非公開です)を超えたものです。
※アンダーラインは≪主力⇔準主力⇔準準主力⇔圏外≫の間を移動した銘柄です。
【外国株式】 4.19←3.99(先月末)
 MO MSI BTI 他 合計13銘柄
【現金等・外貨含む】 5.23←4.73(先月末)

 新規買い:6619ダブルスコープ、8570イオンフィナンシャルサービス、ロイヤルダッチシェルRDSB、9287ジャパンインフラ、3830ギガプライズ
 買い増し:7148FPG
 一部売却:なし
 売り切り:3908コラボス 3137ファンデリー
 
 数銘柄を新規買い、既に保有しているFPGを買い増しました。
 買い増したので現金は減りましたが、株価の下落により現金比率は上がりました。
 昨年はなかった銘柄の配当により、受取配当は大幅に増加しました。
 今年1~12月の受取配当金は前年比約8%増を見込んでいます。

  残念ながら、ホールドを決め込んでいたので、マーケットの軟調をモロにくらい、パフォーマンスは残念な結果になりました。今後はマーケットを静観しつつ、少しずつ買い進んでいくつもりです。どこが底か、いつまで下げ続けるのかを過去の経験則や各種指標を見て当てるつもりはありません。パフォーマンスは適度に気にしながら、初心に帰って、ポートフォリオ全体で生み出す配当金を増やす戦略を進めていきます。

スポンサーサイト



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算2019/12-9285東京インフラ・エネルギー投資法人

 9285東京インフラ・エネルギー投資法人から「2019年12月期 決算短信(インフラファンド)」がリリースされています。
 9285東京インフラ・エネルギー投資法人は2018年9月~10月に購入していますので、1年の保有です。

【9285東京インフラ:配当金推移】
2018/12 640予→651
2019/06 3917予→3987予→4203
2019/12 2834予→2885予→2888予→2195
2020/06 3890予→3895予
2020/12 2898予
2021/06 3425予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

分析-9287ジャパン・インフラファンド

 9287ジャパン・インフラファンド投資法人より「2020 年5月期、2020年11月期、2021年5月期及び 2021年11月期の運用状況の予想に関するお知らせ」がリリースされています。
 9287JIFは2020年2月上場初日に購入しました。現在の投資口価格で、巡航ペースとなる来年以降の配当利回りが5.5%なので、かつてのインフラファンドほど旨味はありませんが、インフラファンドを一定程度ポートフォリオに組み入れていく方針に沿って保有しています。

9287ジャパン・インフラファンド投資法人
分配金の推移
2020(R02)/05 予1084→?
2020(R02)/11 予2861→?
2021(R03)/05 予2836→?
2021(R03)/11 予2852→?

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算2019/12-3470マリモ地方創生リート 

 3470マリモ地方創生リート(以降、マリモリート)より「2019年12月期 決算短信(REIT)」がリリースされています。配当金は3500円を超えましたので、現在配当利回り5.5%、自分の購入価格ベースでの利回りは7.5%になりました。

 マリモリートは2017年3月~7月にかけて93000円以下で買っています。年間の配当が6800円で推移してくれれば、利回り7%以上なので14年で元がとれ、その後は配当だけ貰い続けることになると考えていました。巡航分配金がアップすればさらに短期間で元が取れます。

【配当金の推移】
2016(H28)/12 予576→977
2017(H29)/6 予3210→修3231→再修3462
2017(H29)/12 予3203→修3321→再修3394→3431
2018(H30)/6 予3389→修3424→再修3425→3441
2018(H30)/12 予3425→修3426→3445
2019(R01)/6 予3389→修3404→再修3455→3494
2019(R01)/12 予3400→3504
2020(R02)/06 予3400→修3463→?
2020(R02)/12 予3507→?

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2Q-7781平山HD

 主力の7781平山HDより「令和2年6月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」「自己株式の取得期間延長に関するお知らせ(会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得)」「特別利益と特別損失の発生に関するお知らせ」「連結子会社に係る債権の取立不能又は取立遅延のお知らせ 」がリリースされています。もはや私の理解の範疇を超えているので、「祈る・信じる・放置する」しかありません(※)。
 7781平山HDは薄給公務員さんからのパクリ銘柄で、2017年6月~8月に550円前後で購入しています。昨年半分ほど利益確定していますが、まだまだ利益率の改善余地があるのではないかと考え、残りはホールドしています。

※「理解できない銘柄は購入しない」という投資に関する鉄則がありますが、それを無視しているわけではなく、完璧に理解することは無理だという考え方です。

2020.6期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実績/5805/94/104/6
(前期比%/+19.6/+990.8/+640.3/-88.0)
2Q実績/11790/298/315/-73
(前期比%/+16.5/+75.4/+60.7/---)

3Q実績/////
(前期比%////)
4Q予想/24000/300/300/400
4Q実績////
(前期比%/+53.3/-5.7/+14.5/+4.8)

2019.6期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実績/4852/7/13/54
2Q実績/10118/167/193/253
(前期比%/+55.6/+31.5/+31.0/+27.0)
3Q実績/15289/127/161/309
(前期比%/+55.0/+6.3/+22.2/+27.8)
4Q予想/20000/300/300/400
4Q実績/20841/202/245/364
(前期比%/+53.3/-5.7/+14.5/+4.8)

2018.6期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/3141/22/31/70
2Q実/6504/127/147/199
3Q実/9861/119/131/242
4Q予/13100/160/160/200
4Q修/13300/170/180/270
4Q実/13593/214/214/348

【7781平山HD:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2011(H23)/6 9.2325(3693.00)
2012(H24)/6 2.1625(865.00)
2013(H25)/6 10.05(4020.00)
2014(H26)/6 16.39(6556)
-----2015(H27)/2 1:200分割
2015(H27)/6 17.61(35.22)
2016(H28)/6 19.00(37.34予→38.00(普通6+記念32))
2017(H29)/6 11.00(20.00予→22.00)
2018(H30)/6 25.00(30.00予→40.00修正→50再修正)
-----2019(R01)/6 1:2分割
2019(R01)/6 30.00(58.00予→60修正→30分割修正)
2020(R02)/6 30.00予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR