FC2ブログ

IR-1717明豊ファシリティワークス 上方修正

 1717明豊ファシリティワークスから「業績予想の修正に関するお知らせ」がリリースされています。今のところ絶好調みたいですね。
2020/3
項目/売上/営業/経常/純
1Q実////
前期比%////
2Q予/1900/249/249/172
2Q修/2050/398/400/277
2Q実////
前期比%////
3Q実////
前期比%////
4Q予/4280/790/790/548
4Q修////
4Q実////
前期比%////

2019/3
項目/売上/営業/経常/純
1Q実/1046/92/96/66
前期比%/-1.4/113.1/109.7/111.2
2Q予/2312/288/288/200
2Q実/2347/283/288/199
前期比%/-1.1/+45.6/+46.1/+46.7
3Q実/4051/439/445/326
前期比%/-5.0/+12.8/+13.0/+15.4
4Q予/4960/620/620/432
4Q修/5500/745/750/546
Q実/5598/774/780/561
前期比%/-7.7/+27.9/+27.7/+30.2

【配当金の推移】
2004(H16)/3 3.75(7.50)
2005(H17)/3 5.00(10.00)
-----2005(H17)/9 1:2分割
2006(H18)/3 5.50
2007(H19)/3 5.50
2008(H20)/3 5.00
2009(H21)/3 5.00
2010(H22)/3 4.00
2011(H23)/3 4.00
2012(H24)/3 5.00
2013(H25)/3 5.00
2014(H26)/3 6.00
2015(H27)/3 8.50
2016(H28)/3 10.00
2017(H29)/3 12.50
2018(H30)/3 13.00
2019(H31)/3 13.50予→16.00修→21.00再修 ※記念配5.00含む
2020(R02)/3 16.5予→?

スポンサーサイト



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

今月の売買・パフォーマンスについて

 明日から2~3日の間、遠方に出かけるため更新が滞る可能性があります。本日現在のパフォーマンスは月次約2%、年初来約15%、配当金の累計は約20%、売買は次の通りです。

 新規買い:8908毎日コムネット、9787イオンディライト、8119三栄コーポレーション
 買い増し:7192日本モーゲージ、8905イオンモール
 一部売却:7533グリーンクロス、3834朝日ネット、8410セブン銀行、1797TOKAIホールディングス
 売り切り:3258ユニゾHD、3269ADR、3387クリエイトレストランツ

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-8898センチュリー21

 8898センチュリー21から「2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)」がリリースされています。悪くないスタートなので、そろそろ増配してもいいと思うのですが。

(2020/3)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1058/317/332/226
2Q予/2061/560/595/403
2Q実////
3Q実////
4Q予/4278/1140/1250/850
4Q修////
4Q実////

(2019/3)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1008/305/321/218
2Q予/2118/657/692/468
2Q実/2027/604/642/436
3Q実/3101/942/990/622
4Q予/4351/1257/1338/910
4Q修/4172/1173/1243/794
4Q実/4151/1207/1278/815

(2018/3)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/990/315/333/224
2Q予/2049/677/710/478
2Q実/1989/614/654/440
3Q実/3037/972/1020/687
4Q予/4166/1268/1335/900
4Q実/4077/1206/1275/905

(2017/3)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1006/336/354/238
2Q予/1920/549/582/392
2Q実/2024/679/721/486
3Q実/3088/1075/1121/754
4Q予/4061/1199/1267/852
4Q修/4182/1301/1376/920
4Q実/4158/1345/1411/940

【8898センチュリー21:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2002(H14)/3 9.60(24000.00)
2003(H15)/3 8.80(22000.00)
2004(H16)/3 12.80(32000.00)
2005(H17)/3 18.00(45000.00)
2006(H18)/3 22.00(55000.00)
2007(H19)/3 28.00(70000.00)
-----2007(H25)/4 1:5分割
2008(H20)/3 30.00(15000.00)
2009(H21)/3 30.00(15000.00)
2010(H22)/3 30.00(15000.00)
2011(H23)/3 30.00(15000.00)
2012(H24)/3 30.00(15000.00)
2013(H25)/3 30.00(15000.00)
-----2013(H25)/4 1:100分割
2014(H26)/3 30.00(150.00)
-----2015(H27)/1 1:5分割
2015(H27)/3 40.00(中75.00/末25.00)
2016(H28)/3 45.00
2017(H29)/3 45.00予→48.00修→50.00
2018(H30)/3 50.00
2019(H30)/3 50.00
2020(R02)/3 50.00予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-2412ベネフィット・ワン 自社株買い

 最近、主力になった2412ベネフィット・ワンから「2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」「ベネフィット・ワン 2020 年3月期 第1四半期 決算概要」「自己株式の取得及び自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の買付け、並びに自己株式の消却に関するお知らせ」がリリースされています。
 いつも「強気予想からの未達」のベネフィット・ワン、前期は例年と同じく売上は未達でしたが、各利益は予想を若干上回っての着地となりました。今期予想も例年通り華々しく達成が怪しいのですが、とりあえず1Q時点で売上・各利益とも2桁%の成長です。今期の配当は記念配が普通配当に取り込まれての横ばい予想ですが、前期に16年で80倍になっていますので十分です。後4年かけて31.25円、20年で100倍くらいを目指してくれないかと妄想中です。
 伊藤忠商事から自社株買いをし、その分を消却するそうです。高PER/PBRなので少し勿体なく感じますが……。
 2412ベネワンは2009年5月に購入したので保有10年を超えましたが、途中で少し売った自分をいつもぶん殴りたくなります。PER50倍を超えているので、いつも売ろうと思いつつ、決算を見ながらズルズル持ち続けています。

2020/3
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/8679/1916/1925/1314
増減率/+11.8/+14.4/+13.5/+14.4

2Q予/17960/3600/3620/2460
2Q実////
3Q実////
4Q予/39200/9000/9050/6100
4Q実////

2019/3
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/7763/1675/1696/1148
2Q予/17450/2950/2950/1940
2Q実/16407/3345/3384/2301
3Q実/25151/5392/5437/3708
4Q予/36900/7500/7520/5030
4Q実/34461/7641/7707/5176

【2412ベネ・ワン:配当の推移】
※カッコ内は分割考慮前
2003(H15)/3 0.31250(5,000)
2004(H16)/3 0.31250(5,000)
2005(H17)/3 0.46875(7,500)
-----2005(H17)/5 1:5分割
2006(H18)/3 0.6250(2,000)
-----2006(H18)/4 1:4分割
2007(H19)/3 0.875(700)
2008(H20)/3 1.875(1,500)
2009(H21)/3 2.500(2,000)
2010(H22)/3 3.125(2,500)
2011(H23)/3 3.125(2,500)
2012(H24)/3 3.750(3,000)
2013(H25)/3 4.375(3,500)
-----2013(H25)/9 1:200分割
2014(H26)/3 5.250(21.00)
2015(H27)/3 6.000(24.00)
2016(H28)/3 8.375(33.50)
2017(H29)/3 12.00(48.00)
-----2017(H29)/10 1:2分割
2018(H30)/3 14.25(28.50)
-----2019(H31)/3 1:2分割
2019(H31)/3 19.00(38.00)予→25.00修
2020(R02)/3 25.00予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-8591オリックス

 8591オリックスから「2020年3月期 第1四半期決算短信〔米国基準〕(連結)」「オリックス株式会社2020年3月期第1四半期 決算ハイライト」がリリースされています。純利益は減益ですが、売却益(賃貸不動産売却益、子会社・関連会社株式売却益、有価証券売却益など一時的なもの)を除いたセグメント利益は着実に増加しています。
 オリックスは売上・利益が安定的に成長する業種ではありませんが、配当利回りが高く、2009年以降は毎年増配してくれています。ウェイトほどほどにゆっくりと保有したいと考えています。

20190729.gif


【8591オリックス:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2003(H15)/3 2.50(25.00)
2004(H16)/3 2.50(25.00)
2005(H17)/3 4.00(40.00)
2006(H18)/3 9.00(90.00)
2007(H19)/3 13.00(130.00)
2008(H20)/3 26.00(260.00)
2009(H21)/3 7.00(70.00)
2010(H22)/3 7.50(75.00)
2011(H23)/3 8.00(80.00)
2012(H24)/3 9.00(90.00)
2013(H25)/3 13.00 (130.00)
---2013/4 1:10分割
2014(H26)/3 23.00
2015(H27)/3 36.00
2016(H28)/3 45.75
2017(H29)/3 51.00予→52.25
2018(H30)/3 66.00
2019(H31)/3 76.00
2020(R02)/3 中間35.00

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR