FC2ブログ

2019年2月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次2.77%・前年末比11.13%となりました。
※配当・税金込、売却後の税金を考慮しています。
 年内の受取配当金の累計は、前年同月比17.18%増となりました
※米国株の配当については、年末に受取配当金に一括して合算しますので、1~11月には含めません。

 アセットアロケーション(%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 91.51←91.72(先月末)
≪主力≫全国保証、シーティーエス、ベネフィットワン、情報企画、平山HD、日本エスエイチエル
≪準主力≫イオンディライト、ステップ、センチュリー21、CDS、ワッツ、ヒト・コミュニケーションズ、アイ・ケイ・ケイ、シイ・エム・シイ、朝日ネット、創通、グリーンクロス、オリックス、SMS、トランザクション、TOKAIホールディングス、ゲンキードラッグ、ブロードリーフ、セブン銀行、タカラインフラ、FPG、日本商業開発、明豊ファシリティ
合計60銘柄以上(優待目的含む)
※主力・準主力は保有銘柄の時価が一定ライン(=金額ですが非公開です)を超えたものです。
【外国株式】 3.98←3.44(先月末)
 MSI MO BTI 他 合計14銘柄
【現金等・外貨含む】 4.51←4.83(先月末)

今月の売買
 新規買い:AT&T、9286エネクスインフラ
 買い増し:1717明豊ファシリティワークス、6954ファナック(単元未満株)、8058三菱商事(単元未満株)
 一部売却:2735ワッツ、2169CDS
 
 今月は出金のため、ややキャッシュポジションの比率が減少しました。
 1~2月の受取配当金は少ないのですが、昨年はないタカラインフラの配当金が寄与しました。今年1~12月の受取配当金は前年比約10%増を見込んでいます。
 分散投資をさらに進めるため、米国株のAT&Tと新規上場のエネクスインフラを買いました。NDソフトは上場廃止のためMBO価格にさや寄せしたところで売りました。一部売却は新規銘柄の購入のためで、大半は継続保有です。

スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算-9284カナディアン・ソーラー

 9284カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人から「2018年12月期 決算短信(インフラファンド)」がリリースされています。出力制御の影響は小さくなかったかもしれませんが、純利益は予想よりも本当に僅かな減少で済んでしまいました。分配金は特に変更なさそうです。

分配金の推移
※年月が決算期を示し、すぐ右横の数字がその期の当初の予想分配金(予)、分配金予想が修正されるごとに矢印の右の数字が追加され、右端の数字が最終的な分配金額となります。
2018(H30)/6 2029予→2004-2033修→2047修→2062修→2200修→2350修
2018(H30)/12 3449予→3445-3452修→3453修→3539修→3600修
2019(H31)/6 3434予→3432-3437修→3439修→3523修→3600修→?
2019(H31)/12 3600予→?

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

九州電力管内における出力制御(第六次)の影響について

 九州電力株式会社(以下「九州電力」といいます。)が2018年10月13日及び14日に第一次、10月20日及び21日に第二次、11月3日及び4日に第三次、11月10日及び11日に第四次、2019年1月3日に第五次出力制御を実施しましたが、2月24日に第六次出力制御を実施したのでインフラファンド各社のリリースを確認しました。

※とりあげた過去記事はこちら
【九州電力管内における出力制御の影響について】
【九州電力管内における出力制御(第二次)の影響について】
【九州電力管内における出力制御(第三次)の影響について】
【九州電力管内における出力制御(第四次)の影響について】
【九州電力管内における出力制御及び熊本県熊本地方の地震の影響について】
 
9281タカラレーベン・インフラ投資法人
9282いちごグリーンインフラ投資法人
リリースなし

9283日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
「九州本土における出力制御実施に関するお知らせ」が2月25日にリリース。
大分県宇佐市1号・2号太陽光発電所(2号は対象外)、福岡田川市大浦町太陽光発電所、鹿児島曽於市末吉町太陽光発電所(対象外)
※基本賃料は固定賃料のため、運用状況(分配金)の予想への影響なし

9284カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
「出力制御(第六次)による本投資法人の運用資産への影響に関するお知らせ」
本出力制御実施日の9時から16時の間、2か所の発電所を停止
S-10_CS南島原市発電所(東)(西)(3.92 MW)
2019年6月期における本出力制御による遺失変動賃料は、約134,000円と想定しており、今期の本投資法人のポートフォリオ全体の予想賃料収入に対する遺失変動賃料収入の割合は0.006%

9285東京インフラ・エネルギー投資法人
リリースなし
※九州電力管内に発電施設は保有していないため、おそらく影響なし。

9286エネクスインフラ投資法人
JEN 玖珠太陽光発電所(パネル出力 1.0MW)
※本投資法人が発電事業者 SPC から収受する基本賃料は減少いたしません。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算2018/12-9285東京インフラ・エネルギー投資法人

 9285東京インフラ・エネルギー投資法人から「2018年12月期 決算短信(インフラファンド) 」「2018 年 12 月期の運用状況の予想と実績の差異に関するお知らせ」が2月22日付でリリースされています。今後の分配金がほぼ全部利益超過分配となるのはビックリしました。
 
【9285東京インフラ:配当金推移】
2018/12 640予→651
2019/06 3917予→3987予→?
2019/12 2834予→2885予→?
2020/06 3890予→?

 9285東京インフラ・エネルギー投資法人は保有資産の7割が東北地方だそうで、8割以上が九州地方のカナディアンソーラーと両方買えば地域分散になりそうです。投資法人からすれば近い場所に設備を開発した方が維持費も安くなりそうですし、投資家側で複数のインフラファンドを組み合わせることで地域分散を図るのも手だと思います。また、最低保証賃料の支払を確保するため、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社との間で費用・利益保険契約(日射量保険)を締結しています。日照に左右される可能性が高いインフラファンドの利益を保険によって担保するそうで、かなり安定的な分配金を得られそうです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

税金繰り延べ効果の過信に注意!

 【以前のエントリー】で「複利の力と課税タイミング」について取り上げました。割と好評だったのと、わかりにくいところを修正しようと思ったのですが、せっかくだから新しいエントリーとして書き直しました。なお、タイトルはとある投資家さんがもっと過激なのを付けてくれたのですが、人間関係を大切にする私としては少し控えめに直してつけました。(さいもんさん、ありがとうございます。)

 複利の力は投資をやっていると良く聞く話で「毎年15%を複利で回せば5年で倍以上、50年で1000倍になります」なんて話を聞くと凄いな~とか思いますよね。さらに、よくこんな話を聞きませんか?

「運用益や配当に対して税金が毎年20%引かれるのは、資産運用を考えるととても不利!」
「分配のない投資信託を活用して、最後に課税するようにするのが得なんだよね」
「5%の利回りなら翌年には1.05倍の資産から運用スタートするけど、ここで課税されれば1.04倍。これが長年積み重なれば結果は違って当然!課税タイミング超重要!!」

 そうなんです。運用益や配当に関する税金の話題になると、必ず「投資信託などで毎年配当をもらうと、その都度税金がかかり運用上不利になる」という話になります。確かに、同じ5%の利回りで運用したとしても、20%の税金を引かれると4%になってしまいます。課税されなければ毎年元本に対し1%以上多く元金に組み込まれて複利運用できますので、最後まで課税を繰り延べて複利で運用した場合は、毎年課税された場合に対して明らかな差が「出そう」です。

「差が『出そう』じゃなくて『出るにきまってる』だろ!」

 こんな声が聞こえそうですが、私は思いましたよ。

「で、誰か、計算して見たの?」と。

 そうなのです。何処を見渡しても、「毎年課税された場合」と、「運用期間中は課税されず、最後に課税された場合」の差を計算して比較したものを見たことがないのです。
 いうわけで、「20%課税を前提に、一定の利回りで複利運用して何倍になるか」を計算したのが次の表です。上半分が無税で複利運用し、最後に20%の税金がかかるケース、下半分が毎年20%の税金がかかるケースです。運用利回りは2%と5%(よくインデックス投資をされている方が「株式の期待リターンは5%」とおっしゃっている)の2種類をまず計算して見ました。

20190221.gif


 実は、利回り10%以下で運用期間が30年くらいだと、あまり大きな差がつかないのがお分かり頂けたと思います。おそらく「毎年税金がかかる」という言葉がものすごい差を生みだすような錯覚を起こすのだと思いますが、最後に税がかかるので多くの人の想像より差は小さいのではないでしょうか。
 しかし、利回りが2桁で30年を超えるような運用をすると、かなり大きな差になります。先ほどと同様、上半分が無税で複利運用し、最後に20%の税金がかかるケース、下半分が毎年20%の税金がかかるケースです。

20190221-2.gif


 10%以上の利回りで30年以上を見ると、明らかに大きく差がついています。個人で20%以上の利回りを出しながら50年間運用するのは不可能に近いと思いますが、バークシャーはまさにこの状態ですね。運用に自信があるのは配当を出さない事にも表れています。「あなたにお返しするより、私達の事業の方が上手くいくはず」という自信を感じますね。

 当然ながら個人の資産運用はここまで上手くできる人はまれでしょう。となると、最終的に課税される場合は課税タイミングはそれほど重要ではなく、投資対象の性質を鑑みながら利回りの高い運用を目指すべきだと考えます。とはいえ、課税繰り延べによって全く差が出ないわけではなく、多くの方が大袈裟に言うほどには出ないということです。表のとおり、5%で30年の場合は3.66倍と3.24倍の差が付きます。1年当たり約1%は差が付くわけです。この1%をとるか、もっとリターンの出せる投資方法を研究するかということになるでしょう。

 なお、今回は最終的な課税を前提にしています。税金がかからなければ、利回りが低くても期間が短くても当然大きな差になりますので、iDecoやNISAは大いに利用しましょう。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR