FC2ブログ

総会-9281タカラレーベン・インフラ投資法人

 9281タカラレーベン・インフラ投資法人の投資主総会に出席しました。
 投資信託の場合は総会での決議事項が役員選任だけなので、総会は質問ゼロですぐに終わり、休憩をはさんで運用状況報告会になりました。

 自分から質問をいくつか。
Q.金利固定をしないのは何故か
A.検討の結果、変動金利のままの方が投資主の利益になると考えた
Q.投資法人債の発行の予定は
A.今のところ検討していない
Q.利益による分配金が大半を占めているが、いっそのこと利益超過分配をやめて完全に利益を原資とした分配にしてはどうか
A.利益による分配を重視しているのは確かであるが、余分な現金を抱え込むのも得策ではないため、必要以上の資本は投資主に返していく

 他の人からの主な質問と回答
Q.買取価格が下がるとパフォーマンスが下がるのではないか
A.買取価格が安い物件を妥当な価格で購入することでパフォーマンスを確保していくのが我々の仕事
Q.内部成長には具体的にどのような施策を
A.管理コストなど、固定費の削減がメイン
Q.火災・事故・自然災害の影響は
A.購入時点で、可能な限りのデューデリジェンスを行い、安全性の高い資産のみ保有した上で、あらゆるリスクに耐えうるヘッジ(保険など)を掛ける。
Q.株価について
A.これまで増資・配当落ち・出力抑制などの報道などが株価にネガティブに影響している。今後、資産規模の拡大と運用実績を上げていくこと、インフラファンドのマーケットが拡大していく過程で流動性を確保し、それなりの投資口価格に評価されるであろう。
Q.海外の投資家の反応は
A.日本と違いインフラファンドが既にある国も多く、説明をすると日本よりも理解が早い
Q.太陽光以外の発電は
A.風力や地熱は開発に時間がかかるため、今のところ太陽光がメイン

(注)上記は全部ではありません。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2Q-7781平山HD

 主力の7781平山HDより「平成31年6月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕連結」が2月14日付でリリースされています。第1四半期の利益を見てドキっとしましたが、中間では売上利益ともに出してきたので一安心です。通期予想はもちろんのこと、上手くいけば2020年6月期の目標である売上高200億円を達成しそうです。さらに配当を景気よく70円にしてくれれば、4年で約2倍のペース(35.22→70)になるのですが。

2019.6期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実績/4852/7/13/54
2Q実績/10118/167/193/253
(前期比%/+55.6/+31.5/+31.0/+27.0)
3Q実績////
4Q予想/20000/300/300/400
4Q実績////

2018.6期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/3141/22/31/70
2Q実/6504/127/147/199
3Q実/9861/119/131/242
4Q予/13100/160/160/200
4Q修/13300/170/180/270
4Q実/13593/214/214/348

【7781平山HD:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2011(H23)/6 18.465(3693.00)
2012(H24)/6 4.325(865.00)
2013(H25)/6 20.10(4020.00)
2014(H26)/6 32.78(6556)
-----2015(H27)/2 1:200分割
2015(H27)/6 35.22
2016(H28)/6 37.34予→38.00(普通6+記念32)
2017(H29)/6 20.00予→22.00
2018(H30)/6 30.00予→40.00修正→50再修正
2019(H31)/6 58.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

中間決算-9282いちごグリーンインフラ投資法人

 9282いちごグリーンインフラ投資法人より「2019 年 6 月期 中間決算短信(インフラファンド)」が2月14日付でリリースされています
 利益が予想より下回ってしまったのが残念ですが、営業費用発生のずれによるものだそうで通期予想は変更してません。
 9282いちごグリーンインフラは10か年長期分配金予想をしており、また発電量等をリアルタイムで配信しているなど投資家の関心を引き出すようなIRを積極的に実施しています。反面、他のインフラファンドと比較して利益超過分配の割合が高いので注意が必要だと考えています。

【9282いちごグリーンインフラ:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2017(H29)/6 1616予→1597-1610修→1610修→1708修→1830修→2139修
        (3232予→3195-3220修→3220修→3417修→3660修→4278修)
------2018/1 1:2分割
2018(H30)/6 2907予→2877-2897修→2897修→3045修→3590修→4226修
        (5814予→5754-5794修→5794修→6091修→分割)

2019(H31)/6 3560予
2020(H32)/6 3580予
2021(H33)/6 3820予
2022(H34)/6 3945予
2023(H35)/6 4095予
2024(H36)/6 4065予
2025(H37)/6 3885予
2026(H38)/6 3540予

2018.7.31 過去の配当予想の修正履歴を追加し、本文も追記しました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算2018/12-3470マリモ地方創生リート 

 3470マリモ地方創生リート(以降、マリモリート)より「2018年12月期 決算短信(REIT)」がリリースされています。配当金が予想より16円ほどアップしたようです。
 マリモリートは2017年3月~7月にかけて93000円以下で買っています。増配しなくても年間の配当が6800円で推移してくれれば利回り7.3%、14年で元がとれてあとは配当だけ貰い続けることになります。本日の終値106,100円でも16年で元がとれます。利益超過分配をしながら目論見通りいくのか要注目です。

【配当金の推移】
2016(H28)/12 予576→977
2017(H29)/6 予3210→修3231→再修3462
2017(H29)/12 予3203→修3321→再修3394→3431
2018(H30)/6 予3389→修3424→再修3425→3441
2018(H30)/12 予3425→修3426→3445
2019(H31)/6 予3389→修3404→再修3455→?
2019(H31)/6 予3400→?

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-5959岡部

 5959岡部より「2018年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。この銘柄は完璧に2008年に優待狙いバスケット買いした銘柄の一つで、100株保有でそのまま10年持ち続けた銘柄で、未だに何をしている会社かよくわかっていません。わかってるのは、30年かけて配当を5倍くらいにしてくれたことぐらいです。

1986(S61)/12 5.00
1987(S62)/12 6.00
1988(S63)/12 7.00
1989(H01)/12 8.00
1990(H02)/12 9.00
1991(H03)/12 10.50
1992(H04)/12 11.00
1993(H05)/12 11.00
1994(H06)/12 11.00
1995(H07)/12 11.00
1996(H08)/12 11.50
1997(H09)/12 12.00
1998(H10)/12 12.00
1999(H11)/12 10.00
2000(H12)/12 10.00
2001(H13)/12 10.00
2002(H14)/12 10.00
2003(H15)/12 10.00
2004(H16)/12 10.00予→11.00
2005(H17)/12 12.00予→9.50
2006(H18)/12 10.00予→11.00
2007(H19)/12 12.00予→13.00
2008(H20)/12 14.00予→15.00
2009(H21)/12 14.00予→10.00
2010(H22)/12 10.00予→11.00
2011(H23)/12 12.00
2012(H24)/12 14.00予→15.00
2013(H25)/12 16.00予→20.00
2014(H26)/12 22.00
2015(H27)/12 24.00
2016(H28)/12 24.00
2017(H29)/12 30.00(記念配6円含む)
2018(H30)/12 26.00
2019(H31)/12 28.00予 

 

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR