FC2ブログ

1Q-4327日本エス・エイチ・エル 1Q

 4327日本エス・エイチ・エルから「平成31年9月期 第1四半期決算短信」がリリースされています。いきなり絶好調なので、この勢いのまま通期までお願いしたいところです。ロイヤリティの増加は販売管理費に反映されているようですが、売上の増加が著しく何のそのといった感じです。4327日本エス・エイチ・エルは2007年に購入し今年で保有約12年になります。

2019年9月期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/345/12/13/9
2Q実////
3Q実////
4Q予/2825/1166/1164/798
4Q修////
4Q実////

2018年9月期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/299/-22/-22/-15
2Q実/1286/592/592/405
3Q実/2273/1068/1068/732
4Q予/2692/1117/1116/771
4Q修////
4Q実/2704/1161/1160/795

【4327日本SHL:配当金の推移】
(括弧内は分割考慮前)
1998(H10)/9 1.4375(2300)
1999(H11)/9 4.5625(7300)
-----2000(H12)/8 1:2分割
2000(H12)/9 6.25 (5000)
2001(H13)/9 11.625(9300)
-----2001(H13)/12 上場
2002(H14)/9 12.5(10000)
2003(H15)/9 16.25(13000)
-----2004(H16)/5 1:2分割
2004(H16)/9 16.25(6500)
-----2004(H16)/11 1:2分割
2005(H17)/9 20.625(4125)
2006(H18)/9 27.0(5400)
2007(H19)/9 予27.0→31.5(6300)
2008(H20)/9 予31.5→31.5(6300)
2009(H21)/9 予34.0→34.0(6800)
2010(H22)/9 予34.0→34.0(6800)
2011(H23)/9 予34.00→35.75(7150)
2012(H24)/9 予35.75→42.875(8575※)
※記念配1425円含むため、実質的に71.5
-----2013(H25).4.1 1:100分割
2013(H25)/9 予74.00→90.0(中間3700+期末53)
2014(H26)/9 予45→46(92.0)
2015(H27)/9 予46→49(98.0)
2016(H28)/9 予49→55(110.0)
2017(H29)/9 予55→63.5(127.0)
-----2017(H29).10.1 1:2分割
2018(H30)/9 予64→67
2019(H31)/9 予68

4327日本SHLは企業の採用選考時期の変更に大きく影響を受けるため、該当シーズンに売上・利益が偏る傾向がありましたが、ここ2年は偏りのない形で着地しています。

22年度 2Q純益245百万円 通期424百万円(2Q×1.73)
23年度 2Q純益243百万円 通期441百万円(2Q×1.81)
24年度 2Q純益292百万円 通期439百万円(2Q×1.50)
25年度 2Q純益397百万円 通期552百万円(2Q×1.39)※1
26年度 2Q純益418百万円 通期555百万円(2Q×1.33)
27年度 2Q純益178百万円 通期588百万円(2Q×3.30)※2
28年度 2Q純益278百万円 通期667百万円(2Q×2.39)※3
29年度 2Q純益377百万円 通期758百万円(2Q×2.01)
30年度 2Q純益405百万円 通期795百万円(2Q×1.96)

※1 25年度は受取保険金が特益で発生しているので、その分を差し引くとこうなります。
25年度  2Q純益345百万円 通期500百万円(2Q×1.45)
※2 新規学卒者の採用選考時期の変更により、大きく偏りが生じています。
※3 再変更

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-9795ステップ

 9795ステップから「平成31年9月期 第1四半期決算短信」がリリースされています。前回の決算発表時は、今期・来期は将来を見据えた投資を優先し、利益目標を設定しないということでしたが、だとすればそれほど悪い数字ではなさそうです。
 9795ステップは2012年2月に初めて購入し、買い増しを続けながら間もなく保有7年になります。

(2019年9月期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/2938/807/819/564
2Q予/5649/-----/----/----
2Q実////
3Q実////
4Q予/11442/-----/----/----
4Q修////
4Q実////

(2018年9月期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/2782/804/833/571
2Q予/5475/1429/1461/1008
2Q実/5482/1411/1485/975
3Q実/7937/1671/1727/1157
4Q予/11056/2702/2752/1899
4Q修////
4Q実/11033/2680/2760/1862

(2017年9月期)
1Q実/2645/771/785/543
2Q予/5230/1385/1397/969
2Q実/5235/1361/1401/965
3Q実/7591/1607/1645/1129
4Q予/10539/2537/2559/1761
4Q実/10564/2584/2633/1833

【9795ステップ:配当金の推移】
カッコ内は分割考慮前
2003(H16)/9 12.00(48)
2004(H17)/9 12.75(51)
-----2004(H17)/11 1:4分割
2005(H18)/9 13
2006(H18)/9 14
2007(H19)/9 15
2008(H20)/9 16
2009(H21)/9 17
2010(H22)/9 18
2011(H23)/9 19
2012(H24)/9 22
2013(H25)/9 28(※記念配当5円含む)
2014(H26)/9 24
2015(H27)/9 26
2016(H28)/9 28予→30
2017(H29)/9 31予→33
2018(H30)/9 34
2019(H31)/9 38予
2020(H32)/9 40予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-5819カナレ電気

 5819カナレ電気から「平成30年度12月期決算短信」がリリースされています。
 カナレ電気は100株で1000円分、200株で2000円分のクオカードが年2回届き、且つ配当利回りもそこそこだったので、2008年に優待株をまとめ買いした際に購入し以後ホールドしています。2010年に12月決算としてからは毎年増配していましたが、最近はブレーキがかかっています。今期も業績は振るわなかったのですが、自己資本比率は高く無借金で財務盤石であり、いまさらカナレ電気と同等あるいはそれ以上の高品質シールドを作って参入しようという会社はいないと考えられ、かつシールドは消耗品であるので定期的に購入する必要があり、実質的にストック収入のようなものです(結構無理やり)。何時か増配傾向に戻るであろうと信じてホールドする予定です。

【5819カナレ電気:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2002(H14)/03 17.50(35.00)
2003(H15)/03 25.00(50.00)
2004(H16)/03 22.50(45.00)
2005(H17)/03 22.50(45.00)
-----2005(H17)/10 1:2分割
2006(H18)/03 24.00
2007(H19)/03 27.00
2008(H20)/03 30.00
2009(H21)/03 30.00 
2010(H22)/03 20.00
-----決算期変更
2010(H22)/12 23.00
2011(H23)/12 25.00
2012(H24)/12 27.00
2013(H25)/12 30.00
2014(H26)/12 40.00
2015(H27)/12 45.00
2016(H28)/12 45.00予→47.00
2017(H29)/12 48.00
2018(H30)/12 48.00
2019(H31)/12 48.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

複利の力と課税タイミング

 複利の力はファンダメンタル投資をやっていると良く聞く話です。毎年20%を複利で回せば4年で倍以上、40年で1000倍以上とか言うやつです。加えて、よくいわれるのが、「投資信託などで毎年配当をもらうと、その都度税金がかかり運用上不利になる」というもの。確かに、10%の利回りなら20%の税金を引かれると8%になるため、複利で運用した場合、あっというまに明らかな差が出そうな気がします。
 果たして、本当にそうでしょうか?というわけで、「20%課税を前提に、一定の利回りで複利運用して何倍になるか」を計算したのが次の表です。上半分が無税で複利運用し、最後に20%の税金がかかるケース、下半分が毎年20%の税金がかかるケースです。

20190128 fukuri.gif

 実は、利回り10%以下で運用期間が30年くらいだと、あまり大きな差がつかないのがお分かり頂けたと思います。おそらく「毎年税金がかかる」という言葉がものすごい差を生みだすような錯覚を起こすのだと思いますが、最後に税がかかるので多くの人の想像より差は小さいのではないでしょうか。
 しかし、利回りが2桁で30年を超えるような運用をすると、かなり大きな差になります。先ほどと同様、上半分が無税で複利運用し、最後に20%の税金がかかるケース、下半分が毎年20%の税金がかかるケースです。

20190128 fukuri-2.gif

 10%以上の利回りで30年以上を見ると、明らかに大きく差がついています。個人で20%で50年間運用するのは不可能に近いと思いますが、バークシャーはまさにこの状態ですね。なお、今回は最終的な課税を前提にしていますから、税金がかからなければ当然大きな差になりますので、iDecoやNISAは大いに利用しましょう。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

3Q-8898センチュリー21 業績予想の修正

 8898センチュリー21から「平成31年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)」「業績予想の修正に関するお知らせ」がリリースされています。2Q時点で不調ではありましたが、特別損失は痛かったですね。

項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1008/305/321/218
2Q予/2118/657/692/468
2Q実/2027/604/642/436
3Q実/3101/942/990/622
4Q予/4351/1257/1338/910
4Q修/4172/1173/1243/794
4Q実/////

(2018/3期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/990/315/333/224
2Q予/2049/677/710/478
2Q実/1989/614/654/440
3Q実/3037/972/1020/687
4Q予/4166/1268/1335/900
4Q実/4077/1206/1275/905

(2017/3期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1006/336/354/238
2Q予/1920/549/582/392
2Q実/2024/679/721/486
3Q実/3088/1075/1121/754
4Q予/4061/1199/1267/852
4Q修/4182/1301/1376/920
4Q実/4158/1345/1411/940

【8898センチュリー21:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2006(H18)/3 22.00(55000.00)
2007(H19)/3 28.00(70000.00)
-----2007(H25)/4 1:5分割
2008(H20)/3 30.00(15000.00)
2009(H21)/3 30.00(15000.00)
2010(H22)/3 30.00(15000.00)
2011(H23)/3 30.00(15000.00)
2012(H24)/3 30.00(15000.00)
2013(H25)/3 30.00(15000.00)
-----2013(H25)/4 1:100分割
2014(H26)/3 30.00(150.00)
-----2015(H27)/1 1:5分割
2015(H27)/3 40.00(中75.00/末25.00)
2016(H28)/3 45.00
2017(H29)/3 45.00予→48.00修→50.00
2018(H30)/3 50.00
2019(H30)/3 50.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR