FC2ブログ

2018年7月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次マイナス2.04%・前年末比+7.41%となりました(配当・税金込、売却後の税金を考慮)。
※修正:先月のパフォーマンスはプラス9.64%でした。
 年内の受取配当金の累計は、前年同月比17.50%増となりました。
 アセットアロケーション(%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 95.48←95.45(先月末)
≪主力≫全国保証、シーティーエス、平山HD、情報企画、ベネフィットワン、日本SHL
≪準主力≫イオンディライト、ステップ、ワッツ、CDS、センチュリー21、シイ・エム・シイ、ヒト・コミュニケーションズ、アイ・ケイ・ケイ、朝日ネット、創通、トランザクション、オリックス、グリーンクロス、TOKAIホールディングス、ゲンキードラッグ、SMS、FPG、セブン銀行、ブロードリーフ
合計60銘柄以上(優待目的含む)
【外国株式】 2.10←1.98(先月末)
 MSI MO CVX他 合計11銘柄
【現金等・外貨含む】 2.41←2.57(先月末)

今月の売買
 新規買い:3276日本管理センター、4746東計電算、3475グッドコムアセット、8905イオンモール、3492タカラレーベンリート
 買い増し:なし
 売り切り:なし
 一部売却:なし

 株価下落時に上記の銘柄を新規買いしました。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4345シーティーエス 1Q

 主力銘柄である4345シーティーエスから「平成31年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。
 売上・利益とも前年度に比べ減少していますが、「測量計測事業における新商品・サービスの発売及び高額機器の販売案件が翌四半期にずれ込んだこと」が原因のようです。粗利益は順調に伸びているようなので、通期では会社予想を達成するだろうと妄想中です。

(2019.3期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1967/310/301/203
2Q予/4500/760/740/520
2Q修////
2Q実////
3Q実////
4Q予/9500/1720/1680/1180
4Q修////
4Q実////

(2018.3期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/2025/332/322/220
2Q予/3850/540/515/360
2Q修/4084/690/673/463
2Q実/4084/690/673/463
3Q実/6287/1142/1110/780
4Q予/8200/1330/1280/896
4Q修/8500/1480/1440/1000
4Q実/8578/1508/1465/1026

【4345シーティーエス:配当金の推移】
※括弧内は分割考慮前
注1:2011(H23)/3は記念配当5000円含むため、実質的に1.750(2800)
2004(H16)/3 0.83333(8000)
2005(H17)/3 0.71875(6900)
-----2005/2 1:3分割
2006(H18)/3 1.34375(4300)
2007(H19)/3 1.90625(6100)
2008(H20)/3 2.09375(6700)
2009(H21)/3 1.5625(5000)
2010(H22)/3 1.90625(6100)
-----2010/4 1:2分割
2011(H23)/3 2.3125(7800)←注1
2012(H24)/3 2.1875(3500)
-----2012/10 1:100分割
2013(H25)/3 2.8125(45)
-----2013/12 1:2分割
2014(H26)/3 3.875(31)
-----2014/8 1:2分割
2015(H27)/3 5.00(20.00)
2016(H28)/3 5.50(22.00)
-----2017/3/1 1:2 分割
2017(H29)/3 予5.50→6.00(12.00 中間10/2+期末7)
-----2017/8/1 1:2 分割
2018(H30)/3 7.00予→9.00
2019(H31)/3 11.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

9282いちごグリーンインフラ投資法人 分配金予想の修正

 9282いちごグリーンインフラ投資法人より「2018 年 6 月期の運用状況および分配金予想の修正のお知らせ」がリリースされています。配当は当初の予定であった2907円から何度も修正をして大幅アップ(+47%)の4278円となりました。
 9282いちごグリーンインフラは10か年長期分配金予想をしており、また発電量等をリアルタイムで配信しているなど投資家の関心を引き出すようなIRを積極的に実施しています。しかしながら、負債が比較的多く、レバレッジの効いた経営をする反面で、金利の上昇が大きく業績に影響します。しかし、現在の借り入れは金利スワップにて固定化しているとのことで、大きく心配する必要はなさそうです。先週末の終値が65700円ですので、配当利回りは6.43%となります。かなりの高利回りとなりますが、他のインフラファンドと比較して利益超過分配の割合が高いので注意が必要です。

【9282いちごグリーンインフラ:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2017(H29)/6 1616予→1597-1610修→1610修→1708修→1830修→2139修
        (3232予→3195-3220修→3220修→3417修→3660修→4278修)
------2018/1 1:2分割
2018(H30)/6 2907予→2877-2897修→2897修→3045修→3590修→4226修
        (5814予→5754-5794修→5794修→6091修→分割)

2019(H31)/6 3560予
2020(H32)/6 3580予
2021(H33)/6 3820予
2022(H34)/6 3945予
2023(H35)/6 4095予
2024(H36)/6 4065予
2025(H37)/6 3885予
2026(H38)/6 3540予

2018.7.31 過去の配当予想の修正履歴を追加し、本文も追記しました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

8591オリックス 1Q

 8591オリックスから「2019年3月期  第1四半期決算短信〔米国基準〕(連結)」ほか関係資料がリリースされています。9ページの損益計算書を見ればわかるとおり「商品および不動産売上高」が大きく減っており、これが減益につながっているのでしょう。
 オリックスは配当利回りが高く指標的にも割安ですが、やはり過去の業績の大きなブレが影響しているのでしょうか。しかし、大きく落ち込んだリーマンショック後からそれ以前を超える勢いで業績は回復していますので、この増配傾向が続く限りはゆっくりと保有したいと考えています。

【8591オリックス:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2003(H15)/3 2.50(25.00)
2004(H16)/3 2.50(25.00)
2005(H17)/3 4.00(40.00)
2006(H18)/3 9.00(90.00)
2007(H19)/3 13.00(130.00)
2008(H20)/3 26.00(260.00)
2009(H21)/3 7.00(70.00)
2010(H22)/3 7.50(75.00)
2011(H23)/3 8.00(80.00)
2012(H24)/3 9.00(90.00)
2013(H25)/3 13.00 (130.00)
---2013/4 1:10分割
2014(H26)/3 23.00
2015(H27)/3 36.00
2016(H28)/3 45.75
2017(H29)/3 51.00予→52.25
2018(H30)/3 66.00

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

8898センチュリー21 1Q

 8898センチュリー21から「平成31年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)」がリリースされています。
 いきなり減益からスタートしてせつないためコメントはありません。通期で巻き返すことを期待してホールドします。

項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1008/305/321/218
2Q予/2118/657/692/468
2Q修////
2Q実////
3Q実////
4Q予/4351/1257/1338/910
4Q修////
4Q実/////

(2018/3期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/990/315/333/224
2Q予/2049/677/710/478
2Q実/1989/614/654/440
3Q実/3037/972/1020/687
4Q予/4166/1268/1335/900
4Q実/4077/1206/1275/905

(2017/3期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1006/336/354/238
2Q予/1920/549/582/392
2Q実/2024/679/721/486
3Q実/3088/1075/1121/754
4Q予/4061/1199/1267/852
4Q修/4182/1301/1376/920
4Q実/4158/1345/1411/940

【8898センチュリー21:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2006(H18)/3 22.00(55000.00)
2007(H19)/3 28.00(70000.00)
-----2007(H25)/4 1:5分割
2008(H20)/3 30.00(15000.00)
2009(H21)/3 30.00(15000.00)
2010(H22)/3 30.00(15000.00)
2011(H23)/3 30.00(15000.00)
2012(H24)/3 30.00(15000.00)
2013(H25)/3 30.00(15000.00)
-----2013(H25)/4 1:100分割
2014(H26)/3 30.00(150.00)
-----2015(H27)/1 1:5分割
2015(H27)/3 40.00(中75.00/末25.00)
2016(H28)/3 45.00
2017(H29)/3 45.00予→48.00修→50.00
2018(H30)/3 50.00
2019(H30)/3 50.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR