四季報の通読2018年第3集

 今回も3日間かけて通読しました。
 1日1300銘柄で3日と計画し、最後は今日が休みだったので遅い昼食をステーキガストでとって、そのままドリンクバーで粘りながらの通読になりました。昼少し過ぎのステーキガストは閑散としていて静かで、読書的な事にはもってこいでしたが、流れている音楽がジャズだったので何回か手が止まってしまいました(笑)。最終的に気になる40銘柄に付箋を入れ、そこから12銘柄に絞って持ち帰りました。半分は昔から知っていたけど触ってない銘柄、半分は殆ど知らないか名前くらいは知っているけどという銘柄で、やはり毎回見ているつもりで見逃しているんだなと痛感。そして、その間に手の届かない株価に……(泣)。さらに絞り込み、年内にいくつかは買いたいなと思っています。今からSBI証券のポートフォリオに入れ、買いチャンスを待ちます。ここしばらくの私の四季報通読選出銘柄はパフォーマンスが不調なので、焦ることはないと思っているのですが(汗)。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

時間を大切にするならどんな投資がいいのか

 私はインデックス投資家さんのブログやツイートが好きで、ついつい見てしまいます。自分がそんなに売買が上手でなく元手をできるだけ確保するスタイルで何とかそこそこの資産になってきたこともあり、それならばいっそ経済の成長に自分の資金をゆだねてしまうという、投資にかける時間をできるだけミニマムにするインデックス投資の発想がとてもいいと思っています。たまに「インデックス投資家はブログを更新したり、手数料を調べたりちっともほったらかしじゃない」という突っ込みをする人もいますが、ブログ更新は趣味の問題だし、手数料の低い投資先を選ぶことが自分でパフォーマンスを左右する唯一の手段なのですから、そりゃあ調べるでしょう。どう考えたって個別株を調べたり株価をチェックする個別株投資家に比べたら、インデックス投資家さんの投資にかけている時間の方が少ないはずです。

 ただし、個別株投資であろうとインデックス投資であろうと、投資をスタートして軌道に乗るまでは、それなりに勉強するはずです。何より、投資対象にふさわしい個別株に行きついて投資をした効果(=パフォーマンス)はそれなりに絶大であり、かけた時間に対する効果は大きいと思います。同じ金額に到達するにしても元手が少なく済むということは、元本を稼ぐのにかかる時間も少なくて済むということになり、投資元本を稼ぐ時間も考慮すれば、投資に賭けるトータルの時間はさらに減少します。パフォーマンスをそれなりに上げられる実力がある方が運用するならば、個別株投資はそれなりに時間対効果は高い気がします(あくまで個人の感想で、検証したわけではありません)。逆に上手く行かなかったらお金をかけた時間つぶしになってしまうだけですが……それならば、マーケット全体にゆだねた方が時間をかけなくて済む、というのがざっくりではありますがインデックス投資の考え方でしょう。

 何度も書いていますけど、勘違いしてはいけない事として、個別株投資のパフォーマンスが良く見えるのは、世の中にネット上やマスコミで公開されるパフォーマンスは上手く行っている人たちばかりだからという点です。大多数の個別株投資家は上手く行かずに撤退していくとのことですから、個別株投資家のトータルのパフォーマンスはマイナスの可能性が高いです。もちろん、その大きな原因は個別株投資で資産を形成できるノウハウを得る機会がなかったからでしょう。もっとも、日本中の人が賢明な投資家になったら、逆に自分がそれなりのパフォーマンスを上げることができたかは怪しいところですが(笑)。
 その点、インデックス投資を正しく理解していれば個別株投資ほどのリスクはないと思うのですが、リーマンショック時は個別株投資に負けず多くの人が撤退したとのことなので、それなりに難しさを内包していると言えるでしょう。ちなみに、私はリーマンショック時には自分も大分やられましたが、自分に株式投資のことを丁寧に教えて下さった方が撤退しました(涙)。

 話がずれましたが、個別株投資もインデックス投資も、手法を理解するまではそれなりに勉強時間が必要ですし、投資を実際に始めてからも完全にほったらかすわけにはいきません。つまり、時間との比較で投資手段を決めるのは無理があり、自分に向いている投資は何かによって手法を選ぶことになると思います。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2593伊藤園 4Q

 レビューが大分遅くなりましたが2593伊藤園から「平成29年4月期  決算短信〔日本基準〕(連結)」が6月1日付でリリースされ、決算説明会資料もアップされています。売上は伸びていますが、為替差損の発生その他で純利益は減益となりました。しかし、最近株価が好調だなと思っていたら、自己株式の取得をしているのですね。決算当日に「自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ 」がリリースされていました。現在発表されている「中長期経営計画」によると、2022年4月期には連結売上高6000億円を達成するはずですが、当てにしてよいのかどうか……。

【2593伊藤園:配当金の推移】
年(和暦)月 普通株/優先株
2009(H21)/4 38.00/48.00
2010(H22)/4 38.00/48.00
2011(H23)/4 38.00/48.00
2012(H24)/4 38.00/48.00
2013(H25)/4 38.00/48.00
2014(H26)/4 39.00/49.00
2015(H27)/4 40.00/50.00
2016(H28)/4 40.00/50.00
2017(H29)/4 40.00/50.00
2018(H30)/4 40.00/50.00
2018(H31)/4 40.00予/50.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

7164全国保証について

 マイポートフォリオの主力である7164全国保証より優待のクオカード5000円分が届きました。
20180617 全国保証の優待.jpg

 全国保証を新規買いした時の記事を見ていただければわかるとおりですが、提携先の金融機関が住宅ローン契約をした際の保証料を主な収入源とし、貸倒が発生した際は銀行にローン残高を支払って残債の回収に努めます。貸倒率に見合った保証料を設定すれば、契約さえ継続的にとることができれば基本的に赤字になることはない鉄板ビジネスです。
 私は保証債務残高はさほど注視せず、将来の保証料収入に直結する長期前受収益の推移を確認します。景気の後退や災害などで貸倒が急増した際のリスクがありますが、東日本大震災の際も翌年度に債務保証損失引当金の戻入が生じたくらいですので、私はあまり心配していません。
 魅力的な優待と、昨今では珍しく総会に出席すると御土産がもらえるそうで、期末一日株主も多いようです。買い煽るつもりはありませんが、それほど割高でもないですし、毎年増配もしていますので、中長期の投資対象としてそれなりに魅力はあると思うのですが、あまり人気はありませんね(笑)。

(追記)
 参考までに、ツイッターで呟いたのですが、震災前後の営業利益の推移です。これが今後も100%あてはまるとは言いきれませんが、おそらく市場参加者が想像しているのは大幅減益とか、むしろ赤字になるとかそれくらいのレベルではないでしょうか。

2010/3 47億
2011/3 52億
2012/3 48億(震災の年度)
2013/3 107億

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2915ケンコーマヨネーズの優待

 今年も届いた2195ケンコーマヨネーズの優待。
20170603-1.jpg
 みきまるさんのブログで知り、2010年12月から保有しているので、今回で優待をもらうのは8回目なのですが、優待が届くたびに最低単元の100株しかもっていないことを後悔します。

20180616 ケンコーマヨ.gif

 うぅ、マヨネーズなのに、マヨネーズなのに……。
 なぜ、ワンランク上の優待をもらうべく1000株買わなかったのか……。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR