2016年の売買と総括

 2016年の売買は以下の通りです。

1月の売買
新規買い:なし
買い増し:センチュリー21
売り切り:なし
一部売却:なし

2月の売買
新規買い:なし
買い増し:フランクリンリソーシズ、情報企画
売り切り:エスクリ
一部売却:なし

3月の売買
新規買い:栗田工業、三井トラスト
買い増し:フランクリンリソーシズ、情報企画、ステップ、センチュリー21
売り切り:ミサワ、キューブシステム
一部売却:なし

4月の売買
新規買い:スターアジア不動産投資法人、エクソンモービル
買い増し:センチュリー21
売り切り:なし
一部売却:なし

5月~7月は売買なし

8月の売買
新規買い:フージャース
買い増し:TOKAIホールディングス
売り切り:なし
一部売却:なし

9月の売買
新規買い:日本たばこ産業、
買い増し:TOKAIホールディングス
売り切り:ノバレーゼ、U-NEXT
一部売却:なし

10月の売買
新規買い:なし
買い増し:TOKAIホールディングス
売り切り:なし
一部売却:なし

11月の売買
新規買い:ブロードリーフ
買い増し:TOKAIホールディングス、情報企画、日本SHL、エクソンモービル
売り切り:メガチップス
一部売却:トランザクション

12月の売買
新規買い:ハブ
買い増し:エクソンモービル、ブロードリーフ
売り切り:なし
一部売却:なし

 2月に主力のエスクリを業績悪化から売り切り、その後は業績が堅調に推移していた情報企画を買い増して新たに主力にしたところ、会社予想が極めて慎重であることから株価もマイポートフォリオも低調に推移しました。かつ、最主力の全国保証も今年は株価が冴えませんでした。トランザクションやシーティーエスなどそれなりに上昇した銘柄があったにもかかわらず、残念ながら運用成績は若干のマイナスで終わりました。
 一方、配当は上場会社の増配機運も高まり、保有株は全体的に配当が増えたため受取配当金はそれなりの金額になってきました。私は連続とは行かなくても、長期にかけて増配傾向にあり、株主の方を真っすぐ向いた経営をしていただける会社を保有するつもりですし、今後もそういう会社を保有していこうと思っています。貯金もしながら所得の多くを投資に振り向け「長い目で勝てる可能性が高い!」と自分が確信できる投資を続けていこうと思います。
 ブログを訪問頂いた皆様、コメント頂いた皆様、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2016年12月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+2.51%・前年末比マイナス5.59%となりました(配当・税金含む)。
 2015年1月より、株式を売却した際の税金を含めてパフォーマンスを計算しています。ただしパフォーマンスへの影響を考慮して毎月少しずつ税額を計上しています。
 アセットアロケーションとポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 95.52%←95.43%(11月末)
≪主力≫全国保証、シーティーエス、日本SHL、情報企画
≪準主力≫イオンディライト、プロトコーポレーション、ベネフィットワン、ワッツ、ステップ、センチュリー21、CDS、ヒト・コミュニケーションズ、朝日ネット、アイ・ケイ・ケイ、創通、セブン銀行、オリックス、シイ・エム・シイ、TOKAIホールディングス
合計60銘柄以上(優待目的含む)
【外国株式】 4.37%←4.25%(11月末)
 IBM、MO他 合計14銘柄
【現金等・外貨含む】 0.11%←0.33%(11月末)

12月の売買
新規買い:ハブ
買い増し:エクソンモービル、ブロードリーフ
売り切り:なし
一部売却:なし

 今月の売買は上記のとおりです。シーティーエスと日本SHLの株価が堅調でしたが、全国保証と情報企画が軟調に推移しました。日本株の配当で昇格が期待されるハブ、分割によって優待ランクアップが容易になり、且つ自社株買いも積極的なブロードリーフを買い増しました。配当の米ドルでエクソンモービルを買い増しました。
 受取配当をほとんどつかって新規買いと買い増しを積極的にしたため、現金の比率はほぼゼロのままです。
 受取配当金の累計は、前年比14.6%増となりました。
 2014年以降は生活防衛資金の増額に力を入れているため、給与からの資金投入は2013年以前に比べ少なめにしています。

バリュー投資を始めてからの今までのパフォーマンスは以下の通りです。

2004年  -15%
2005年 +108%
2006年  -32%( +86%)
2007年  +15%(  +1%)
2008年  -37%(+159%)
2009年  +10%( +17%)
2010年  +23%( +10%)
2011年  +13%(  +5%)
2012年  +47%( +21%)
2013年  +88%( +37%)
2014年  +27%( +31%)
2015年  + 7%( +20%)
2016年  - 6%( +15%)
※括弧内は受取配当金の前年比。資産を大きくすることと受取配当金を伸ばす投資を心がけているので、参考までに記載しております。
※配当・税金を含む。新規資金は毎月頭に入金したものとして計算。投資信託のパフォーマンス計算とほぼ同じ。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4345シーティーエス 8年で株価約15倍

 主力銘柄である4345シーティーエスですが、なんと気がついたら2008年11月18日に70504円(分割を考慮すると88円!)から15倍近くになっています。私は2011年に下方修正を出した際に一旦ほとんど手放し、翌年にまた買い戻したのでテンバガーはとれませんでしたが、ヤフー掲示板も閑散としツイッターにもほとんど登場しないこんな地味な株がまさかここまで株価を伸ばすとは誰が想像したでしょうか。
 今更ですけど、ストックオプションを発行せず社員に50%の補助で株を買わせ、株価が軟調な時はひたすら自社株買いをし、業績連動の配当と、ここまで株主に徹底して報いてくれる会社はなかなかありません。私のなかではオオゼキ(現在非上場)が今までの保有銘柄の中でお気に入りナンバーワンだったのですが、ようやく未練を断ち切ることができそうです。もちろん明日暴落すればコロっと話は変わりますが。
20161227 シーティーエス.gif

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4298プロトコーポ 保有11年越え……

 4298プロトコーポレーションを初めて買付けたのが2005年10月31日(らしい)ので、いつの間にか保有して11年をこえました。沖縄にデータセンターを作ったころはイケイケドンドンの業績だったのですが、近年では業績もさえず、昨年は純益もマイナスとなっています。会社説明会の資料によると、今後3年間の展望は凄いことになっているのですが、まあどうなる事やら……。
 プロトコーポの唯一の救いは、着実な増配ですね。それなりにキャッシュフローもあり、財務もそこそこ健全ですから、その余裕があるのでしょう。今期50円配当を実施してくれれば、10年で6倍と悪くないペースです。一応今期は2Q時点で売上こそ未達でしたが利益は上回っているので、3カ年計画の初年度として良いスタートを切り、後は目標達成目指して頑張って欲しいところです。
 現在の株価で予想配当利回り3.73%、100株保有で2000円相当のカタログギフト(3年以上継続保有で3000円相当)なので、配当+優待で最低単元持つなら悪くないと思います。

項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/13228/898/852/500
2Q予/27170/1161/1167/634
2Q修////
2Q実/26399/1338/1306/702
3Q実////
4Q予/58251/2413/2431/1453
4Q修////
4Q実////

【4298プロトコーポ:配当の推移】
※カッコ内は分割考慮前
2002(H14) 6.25(15.00)
2003(H15) 8.33(20.00)
2004(H16) 8.33(20.00)
2005(H17) 8.33(20.00)
2006(H18) 8.33(20.00)
-----2006/11 1:1.2 分割
2007(H19) 13.33(中10.00+末10.00)
2008(H20) 25.00(50.00)
2009(H21) 35.00(70.00)
2010(H22) 35.00(70.00)
2011(H23) 37.50(75.00)
2012(H24) 42.5(85.00)
-----2012/10/1 1:2分割
2013(H25)/3 37.50(中37.5+末18.75)
2014(H26)/3 37.50
2015(H27)/3 38.00
2016(H28)/3 39.00
2017(H29)/3 50.00←今期予想

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

今年は米国株が好調でした

 年に1~2回書くかどうかの米国株カテゴリの記事ですが、日本株の配当の一部や米国株の配当金の全部を使って今年も少しずつ買い増しています。メインとしているSBI証券の売買手数料が下がったのもありがたかったです。配当金もそれなりの金額になり、ドル高の進行で資産額としても増えました。私の保有する日本株ポートフォリオの株価が軟調なこともあり、今年に関しては米国株のパフォーマンスの良さが際立っています(笑)。
 2010年に初めて買ったのがBP、そしてモトローラでした。そんなモトローラも分社し、そのうちのモビリティがグーグルに買収されて急騰したため売却、瞬時にタダ株となり残ったソリューションを保有し続けて早6年。株価は当時の倍になり、配当は毎度増やし続けてくれているんですが、肝心の業績が……(涙)。そして一番ウェイトが高いのは相変わらずIBM(涙涙)。買ったらあれよあれよと言う間に騰がってしまい、大した量も買えなかったのにいつの間にか2番手になったアルトリア(涙涙涙)。いくらで買っていくらになったのか言いたくないキンダーモーガン(涙涙涙涙涙涙)。
 そんな適当な投資なのに、始めた時期が良かったせいで大きな事故もなく6年が経過しました。この間の日本株のパフォーマンスの良さのお陰で買い増してもなかなかウェイトは変わりませんが、Jリートと合わせてもう少し比率を増やしたいと思っています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR