FC2ブログ

久しぶりにヤフオク

 ここ一週間くらいで、使うあてのない優待を一気に売りさばきました。まだ出品中のモノもありますが、それも合わせても数万円程度なので、ここ数年の上げ相場からすれば小さく見えてしまうかもしれません。
 ヤフオクは(1)写真を撮る(2)出品の文面を考える(3)応札者からの質問に答える(4)落札者と連絡し商品を送る、といった多少の労働は伴ってますが慣れれば大した手間でもありません。むしろ一度始めてしまえば値段が付く様子を見るのが楽しいくらいで、さらに株と違って送料以上に売れれば確実にプラスです。
 仮に年間5万円くらい売上があったとすれば、配当利回り2.5%の株なら元金200万円、利率0.25%の定期なら2000万円の元本に匹敵します。仮に労働で考えたとすれば、手間を少なくする工夫をすればするほど時給が上がります。これが私には決して小さく見えないのです。

 さらに、ヤフオクは思いもよらぬものが激安で転がっていることがあります。
 私は10年以上前に市販で約70万円の音響機材に匹敵するモノを僅か3万円で完璧に自作して出品していた人を見つけました。誰も入札する様子もなくダメもとで落札したら、何と市販機材と同様の機能をもち、さらにプラスアルファの機能が追加されていたのです。
 先日のことですが、新品で最低価格17000円の楽器がヤフオクで新品即決価格で13000円で売られており、これも落札しました。

 ヤフオクは出品や落札の手間を楽しみにできる人なら、バリューな消費の強力なアイテムになると思います。同時に、ヤフオクにハマっている大勢の人が、ヤフープレミアム会員料・落札手数料などを通じてヤフーの収益を支えているのでしょう(笑)。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

いいヘッドホンなんですけどね……商売の難しさ

 SONYの密閉型ヘッドホン MDR-1ADAC/Bを購入して2カ月経ちました。

 私自身は音楽は好きですがオーディオマニアのレベルではないので、多くのヘッドホンやステレオを聴きこんだわけではありません。しかし、そのヘッドホンに最適化されたポータブルアンプを一体化させたこのアイデアは商品としては素晴らしく、私は今後も愛用すると思います。

 しかし、この手の商品を売る事は独特の難しさがあることもわかりました。オーディオが好きな人は、ヘッドホンのケーブルを変えたり、ポータブルアンプとの相性を追及したりするのを楽しみにしているのです。このヘッドホンは買ってしまえばマニアとして追及すべきところは全て完結してしまうので、マニア心を刺激しないわけです。本来そこが便利でいいところであるはずなのに、逆に商売としては難であるという……。
 大多数の人はiPhoneの付属ヘッドホンで満足しており、そこから一歩進む大抵の人は汎用性の高いアナログケーブルのヘッドホンを買います。さらに追及してポタアンという流れなわけで、私のように「音楽を高音質で聴きたいけれど、それほどオーディオにお金と手間をかけたくない人」向けのこの製品はマーケットが小さいようで。逆に言えば、このヘッドホンのためだけに開発されたアンプが一体化されているのですから、こんな贅沢な商品もなかなかないはずなのですが。

 私としてはこのジャンル(DACアンプ一体型デジタル接続ヘッドホン?)がもっともっと盛り上がって、より軽くより電池が長持ちし、そしてより高音質な製品が開発されることを願ってやみません。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-イオンが介護参入

 イオンが介護参入だそうで、9787イオンディライトも何らかの恩恵をたっぷりと受けそうです。
 先日発表された1Q決算は好調だったものの、最近の株価は過剰に評価されていると感じたため少し売ろうと思ったのですが、ホールドを決め込もうと思います。

-----以下引用-----
「イオンが介護参入、スーパーに通所施設 20年度に50カ所」
(2015/07/19 02:00 日経速報ニュース)
 イオンは介護事業に参入する。リハビリのための運動などが日帰りでできるデイサービス(通所介護)施設を総合スーパー内に、首都圏を中心として2020年度までに50カ所設ける。近隣の高齢の顧客や家族の需要に応える。25年に首都圏で約13万人分の介護施設が不足するとの試算もある。流通大手が既存の店舗を生かしその受け皿を目指す。
 デイサービス施設はイオンの中核子会社で約350店の総合スーパーを運営するイオンリテールが直営で手掛ける。9月にも千葉県野田市にある店に広さ約200平方メートルの施設を開くのを機に本格展開し、18年度までに20~25、20年度に50施設に拡大する。
 主に開業から30年前後たった店を対象とする。開業時には周辺の住宅開発などが始まったばかりで顧客層も若かった店も、時を経て高齢者が多くなる。こうした店に施設を導入し、高齢化する顧客のニーズをすくい上げていく狙いだ。
 在宅の要介護者向けに、リハビリなどを通じた身体機能の維持・強化にほぼ特化したサービスを売り物にする。効果や安全性が検証されたトレーニングマシンを導入し、理学療法士らが専用のプログラムを用意して利用者に取り組んでもらう。
 具体的には階段の上り下りがしやすいよう太ももや腰の筋肉の強化や、猫背防止のための広背筋を鍛えるメニューなどをトレーナーの指示に沿って進める。認知機能を高めるためのゲームなども手掛ける。
 イオンは葛西店(東京・江戸川)で東京都から認可を受け、13年秋から広さ100平方メートル、定員29人のデイサービス施設を実験的に運営してきた。午前と午後に分け、食事や入浴などは手掛けずリハビリ関係にサービスを絞って提供。14年度に黒字化したため、運営ノウハウが確立できたとみて多店舗展開を進める。
 厚生労働省によるとデイサービスの利用者は200万人に迫り、市場規模は1.5兆円を超える。施設数は4月時点で4万2千カ所あり、10年で2.5倍に増えた。
 だが、首都圏ではこれを上回るペースで高齢者が増え、介護施設の不足が課題になっている。事業者もニチイ学館などの大手でも400カ所弱どまりで中小の事業者が大半を占めており、商機があると判断した。
 総合スーパー事業で苦戦するイオンは成長戦略として「大都市」と「シニア」シフトを掲げる。これまでも70歳代以上を対象にしたプライベートブランド(PB=自主企画)衣料品を提供するなど、シニア需要の取り込みを進めている。
 介護保険を使うため、デイサービスの送迎中に本人が店で買い物することは基本的にできない。ただ新たなサービスの提供で、家族を含めた顧客の囲い込みを目指す。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2772ゲンキー 4Q

 2772ゲンキーから「平成27年6月期 決算短信」「株式分割に関するお知らせ」がリリースされています。

 増収増益増配に加えて分割と文句のつけようがありません。2010年に1187円で購入し、丁度10倍の11870円になっている今日、「何故全力で買わなかったんだ!おれのバカバカバカ!」なんて少ししか思っていません。

【2772ゲンキー:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2002(H14)/6 6.75円(5000円)
2003(H15)/6 8.75円(7000円)
---2004(H16)/2 1:2分割
2004(H16)/6 6.75円(2500円)
---2005(H17)/2 1:2分割
2005(H17)/6 6.75円(1250円)
2006(H18)/6 6.75円(1250円)
2007(H19)/6 6.75円(1250円)
2008(H20)/6 12.50円(2500円)
2009(H21)/6 15.00円(3000円)
2009(H21)/12 1:100分割
2010(H22)/6 20.00円(40.00円)
2011(H23)/6 22.50円(45.00円)
2012(H24)/6 25.00円(50.00円)
2013(H25)/6 25.00円(50.00円)
2014(H26)/6 25.00円(50.00円)
2015(H27)/6 30.00円(60.00円)
2015(H27)/9 1:2分割
2016(H28)/6 30.00円←予想

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

日経平均は6日続伸、大引けにかけて上げ幅拡大し20800円台回復

【Yahoo!ファイナンスより引用】
  日経平均は6日続伸。20日の米国市場では、ギリシャの債務返済を好感した欧州株高の流れを受けて、NYダウ、ナスダックともに上昇した。シカゴ日経225先物清算値は20790円となり、本日の日経平均はこれにサヤ寄せする格好で112円高からスタートした。買い先行後は連休明けで商いが減少しているなか、20700円台の狭いレンジでのもみ合いが続いた。ただ、上場来高値更新のファーストリテ<9983>が強い値動きを見せ指数をけん引。日経平均は大引けにかけて20800円台を回復して本日の取引を終えた。大引けの日経平均は前週末比191.05円高の20841.97円となった。東証1部の売買高は19億7840万株、売買代金は2兆1825億円だった。
【引用終わり】

6月24日 日経平均 ITバブル高値超え18年半ぶり水準に
6月23日 日経平均 約15年2カ月ぶりの高水準
4月11日 日経平均 15年ぶりに2万円回復
3月12日 日経平均株価 15年ぶりに1万9000円台を回復
2月16日 日経平均株価 7年7カ月ぶりに1万8000円台を回復

 前回に引き続き、ただの備忘録的日記です。
 それにしても、ギリシャショックはどこへ行ったのでしょうか……。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR