2014年の投資を振り返る ~売買、来年以降の方針、その他~

 今年は新規資金の投入を昨年の3分の1以下とかなり減らしましたが、保有銘柄が増配傾向にあったため、税率が大幅アップしたにもかかわらず配当金が前年に比べて約30%も増えました。配当と優待を合わせて食べていけるかと言われればまだまだそこには及びませんが、何年後かに実現できる可能性が見えてきました。
 銘柄開拓はそれなりにしたものの、短期間に上昇を見せた銘柄の仕込む株数が少なめだったため、それほど運用成績は伸びなかったのが残念です。
 来年以降も新規資金の投入は控えめにするつもりですが、投資はこれまで同様続けていくつもりです。

 ということで、今年最後の日記です。
 昨年も書きましたが、個人が株式投資に関わることによって、企業の成長とともに自分の資産も自分自身も成長させることができます。世の中にこんな素敵なことはそうそうありません。このブログは私の株式投資との関わりの記録ですが、上手く行ったことも失敗したことも、どなたかの参考になり励みになり何某かのお役に立てばこれ以上のことはありません。
 ご訪問頂いた皆様、拍手やコメント頂いた皆様、ありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

Value Investment since 2004
~長期に配当収入増加と資産形成を目論む立川一の投資日記~

管理人 立川 一(たちかわ はじめ)

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2014年12月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+1.43%・前年末比+26.53%となりました(配当含む)。

 アセットアロケーションとポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 95.87%←95.76%(先月末)
 全国保証、エスクリ、CTS、プロトコーポレーション、ワッツ、イオンディライト、
 日本SHL、CDS、地域新聞社、朝日ネット、ミサワ、ステップ、合計62銘柄(優待目的含む)
【外国株式】 4.11%←4.10%(先月末)
 IBM他 合計9銘柄
【現金等】 0.02%←0.14%(先月末)

今月の売買
新規買い:オーエムツーネットワーク
買い増し:地域新聞社
売り切り:AGP、トーメンエレクトロニクス
一部売却:米ドル

 先月に引き続き、決算のイマイチだったAGP、株主総会の結果を見てトーメンエレク、米国株の配当金の米ドルを売却し、業績好調だったオーエムツーネットワークを新規買い、地域新聞社を買い増ししました。地域新聞社は1Qの決算好調で一時上昇しましたが、直ぐに下がるといういつも通りの値動きとなりました。例年1Qに偏重するので通期のEPS70円(1Qの3倍程度を予想)、配当性向25%として17円くらい出てくれれば株価500円でもPER約7倍、配当利回り3%以上です。

 今月までの受取配当金の累計は、前年比30.8%増となりました。配当は日本株の買い増しにあてています。

 今年は年初から生活防衛資金の増額に力を入れているため、給与からの資金投入は例年に比べ少なめにしています。

バリュー投資を始めてからの今までのパフォーマンスは以下の通りです。

2004年  -15%
2005年 +108%
2006年  -32%( +86%)
2007年  +15%(  +1%)
2008年  -37%(+159%)
2009年  +10%( +17%)
2010年  +23%( +10%)
2011年  +13%(  +5%)
2012年  +47%( +21%)
2013年  +88%( +37%)
2014年  +27%( +31%)
※括弧内は受取配当金の前年比。資産を大きくすることと受取配当金を伸ばす投資を心がけているので、参考までに記載しております。
※配当・税金を含む。新規資金は毎月頭に入金したものとして計算。投資信託のパフォーマンス計算とほぼ同じ。

<<<Kindle Voyage>>>
最近、投資書籍はほとんどコレで読んでいます。
【画像をクリックすると、商品の紹介ページにジャンプします】

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2014年の売買

 今年の売買は以下の通りです。

1月の売買
新規買い:なし
買い増し:アルトリアグループ
売り切り:なし
一部売却:なし

2月の売買
新規買い:なし
買い増し:アルトリアグループ
売り切り:なし
一部売却:なし

3月の売買
新規買い:キンダー モーガン A&P(KMI)
買い増し:ステップ
売り切り:なし
一部売却:なし

4月の売買
新規買い:なし
買い増し:キンダー モーガン A&P(KMI)
売り切り:なし
一部売却:なし

5月の売買
新規買い:帝国繊維、サンリオ
買い増し:キンダー モーガン A&P(KMI)
売り切り:スターフライヤー
一部売却:なし

6月の売買
新規買い:FPG、情報企画、ひらまつ、エージーピー
買い増し:なし
売り切り:なし
一部売却:なし

7月の売買
新規買い:なし
買い増し:キンダー モーガン A&P(KMI)
売り切り:なし
一部売却:なし

8月の売買
新規買い:7558 トーメンエレク
買い増し:キンダー モーガン A&P(KMI)
売り切り:なし
一部売却:なし

9月の売買
新規買い:なし
買い増し:キンダー モーガン A&P(KMI)
売り切り:なし
一部売却:なし

10月の売買
新規買い:なし
買い増し:キンダー モーガン A&P(KMI)、地域新聞社
売り切り:ICDAホールディングス、オンリー、アジュバンコスメジャパン、三栄コーポレーション、EIZO
一部売却:なし

11月の売買
新規買い:なし
買い増し:キンダー モーガン A&P(KMI)、地域新聞社、ステップ、情報企画
売り切り:こころネット、平安レイ、ダイサン、ツカダグローバルHD
一部売却:なし

12月の売買
新規買い:オーエムツーネットワーク
買い増し:地域新聞社
売り切り:AGP、トーメンエレクトロニクス
一部売却:米ドル

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2014年の投資を振り返る ~生活防衛資金~

 昨年「2013年の投資を振り返る~来年以降の方針」という記事でこんなことを書いていました。

■■■■■【引用開始】■■■■■

 結論から言うと、特に決めていません。

 今の株価が無茶苦茶割高というわけでもないし、マーケットにお金が流れ込むかどうかで投資を決めているわけでもないので、メインのポートフォリオは売上利益成長して配当も増やす割に安いかなと思う銘柄を買ったりホールドするつもりです。
 売買に関する指標の基準も厳格に決めませんし、また投資先は配当成長のみに限りません。先日も一生トイレットペーパーを買わなくて済むように3708特種東海製紙を買いました。CDGのティッシュ、ワッツやゲンキーやトランザクションの日用品と合わせてまたしても出費が抑制されます。足りないモノはココカラファインの商品券で買います。今年は優待もかなり届いたので、家計の一助レベルではなくなりました。

 敢えて言えば、生活防衛資金を少し積み増そうと考えています。投資によって資産を増やすことを覚えると、キャッシュを置いておくことが罪深く感じますけど、ローソンEMのように何が起こるか分かりません。完璧な投資先の調査は不可能なので、全力で投資に取り組むために預貯金もある程度欠かせません。現在生活費1年分ですが、2年分確保しようかと思っています。

■■■■■【引用終了】■■■■■

 もう、今年はこの通りにやりました。しかも、株価の上下で日々一喜一憂しながらも、こんなにストレスなく投資に取り組めた年はなかったです。
 何故ストレスがなかったか。それは「自分の気持ちに正直に」投資したからです。手放したい銘柄を手放し、欲しい銘柄を(多少の差はあれど)買い、同時にきちんと生活防衛資金を積み立てたからです。流石に今年一年で生活費2年分を貯めることはできませんでしたが、何があっても当面は大丈夫なお金が常に手元にあるだけで相当気持ちが楽になりました。日々の数十円数百円の節約や小銭稼ぎも昨年までは正直「こんな金額、資産変動に比べたら僅かなもんだよな~」とか思っていましたが、生活防衛資金の積立の中で「生活コストを低くすることがアーリーリタイアを現実的なものにする」ことを実感したため、「節約=無駄な努力」的な考えが完璧に払拭されました。

 来年以降は、もっともっとシンプルな思考で行こうと思いますが、まずは生活費2年分は確保したいです。これは投資を始める前にすべきでした。もし今から投資を始めようとする方は、投資をしながらでも良いので普通に貯金もしましょう。生活防衛資金があれば「安心してガッツリ投資ができる」からです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

投資の根本的な考え方のベース

 昨日はマイポートフォリオの株価もそこそこ堅調にし、恥ずかしながらやっと月次プラスになりました。日々の株価を気にしない投資家を目指しているのですが、やっぱり気になるのです。ところで、ポートフォリオランキングの順位、前回何故49位なのか謎です。あの数字だと45位だと思うのですが。

 先日とある投資家さんにお話ししたのですが、私の投資の根本的な考え方のベースは角山さんとオケンズモさんです。
 角山さんが2005年に初めて実施されたセミナーでセンチュリー21の説明をされていて「少ない固定資産でキャッシュを生みだす商売の美味しさ」を学びました。
 同時期にブログを書かれていたオケンズモさんは「銘柄探しはアラさがし」という考えをブログに書いており、銘柄調査をするときには同業他社比較も含めて死角がないか徹底的に調べることを学びました。ステップも買ったのは大分後になりましたが、オケンズモさんがブログで書かれていたのが調べるきっかけでした。
 現在の保有銘柄が全てではありませんが、銘柄選択は上記の考えに基づいていることがほとんどです。

 今の若い投資家の方々はあらゆるツールを駆使し情報も早く入手できるので、投資に関する知識も実力も凄いです。私も見習いたいのですが年々固くなる頭と減少気味の行動力で差は開く一方。しかし残された時間は明らかに私の方が少ないのですから、努力しなくてはいけませんね。でも、実力さえあれば先輩たちを堂々と追い抜くことができる、これも株式投資の良さと面白さだと思っています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR