FC2ブログ

私がパフォーマンスを計算する理由

 相互リンク先のろくすけさんがパフォーマンスを算出しない理由をブログで書いていましたので、せっかくなので私も書いてみました。

 私は給料の安めな勤め人ですので、預貯金にのみ頼っていては定年まで勤めても形成できる資産はたかが知れています。できればアーリーリタイアできるだけの十分な資産を築きたいので、投資を通じて資産形成を目論んでいるわけです。マーケットに関わると資産が日々変動しますが、そこから目をそらすわけにはいきません。優れた投資法を採用したつもりでも、資産形成に結びついていかないならやる意味がないからです。自分の採用した手法が中長期的に正しい結果を出しているかを検討するために、パフォーマンスを計算しています。

 私がとった手法はバリュー投資なので、価値と価格のギャップが解消されるまでには時間がかかります。当然中長期保有になりますから、毎月パフォーマンス計算する必要はないと考える方もいるでしょう。しかし、個人が資産形成をすると月毎に資産の出入りが発生します。また、個人投資家の強みを活かして機動的な売買をすることもできます。長期的に大きな誤差なくパフォーマンスを計算するためには、毎月計算する必要があります。

 個人投資家パフォーマンスランキングをみると、短期でも長期でもそれなりに成果を上げられる投資家さんもいらっしゃいます。互いに投資銘柄や成果を公開することで、他人の手法の良さをとりいれたり、自分で調査しきれなかった銘柄を参考にしたりと良いことも沢山あります。流動性の低い銘柄を知名度の高い方が紹介すると株価が反応してしまうこともあるようですが、機関投資家がレーティングなどを発表することに比べたら罪はささいなものだと思います。人のブログを買い煽りと揶揄する方は、見なければいいだけのことです。

 ろくすけさんが指摘されていますが、パフォーマンスを計算すると他人と比べて焦りが生じ、短期で成果を求めがちになる可能性があります。しかし私は中長期的に自分の投資が正しい方向に向いているかのほうが気になるので、パフォーマンスは毎月きっちりと計算します。短期的な成果はスポーツみたいなもので、自分はスポーツを観戦するお客にビールとポップコーンを売って稼いでると思えばいいんじゃないでしょうか。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダイヤモンド・ザイを見て当サイトをご覧になった方へ

 ダイヤモンド・ザイ2014年12月号は大変内容が充実しており、94ページにある私の掲載記事は凄い投資家さんに囲まれているので、もしその中で目にとめて頂いてこちらのブログにたどり着いた方がいらっしゃったら本当に嬉しいことです。以下は、「億超えの方程式3」に取り上げて頂いた時ブログに書いたものですが、当時とスタンスは変わっておりませんので、自己紹介として再度掲載いたします。
※一部修正しております。

~~~立川一の投資日記へようこそ~~~

 どうしても株式投資の世界はトレーディングルームやデイトレーダーが激しく売買している場面がマスコミに取り上げられがちで、且つギャンブルや不労所得といった悪しき金儲けの手段的な捉え方をされているのが現状です。
 私は株式投資をパーシャルオーナー(企業の部分所有)と考えて、企業の営利活動の成果の一部である配当を毎年増やすような投資を心がけ、日々の株価に心揺れつつも自分の理解の範疇で有利なビジネスを展開しているであろう会社を長期保有し、結果としてマーケットに評価され資産の時価評価も増えることを狙っています。

 今は良い時代で、投資ブログやツイッターを通じて個人が資産運用に関する情報交換ができる一方で、マーケットのみならず洪水の如くあふれる情報に翻弄され、地に足のついた投資がやりにくくなっています。
 私は自分がネットを通じて知り合った投資家さんにご指南いただき、自分なりの手法と(まだまだ小さいですけど)それなりの資産を築きつつあります。投資スタンスは人それぞれですが、こんな自分の手法がもしかしてどなたかの参考になるかもしれないと思い、細々とブログを続けております。

 恥ずかしながら、私は投資を始める前まで仕事も趣味も中途半端な人間でした。しかし、投資を始めてから種銭を稼ぐためにしっかりと仕事に取り組むようになり、株価に翻弄されないよう趣味も本気で取り組みました。配当収入で経済的独立を果たしたいという夢は代わりませんが、投資の考え方が仕事や趣味に活き、楽しみに変わるのは思わぬ副産物でした。

 今年でバリュー投資を始めて10年になりますが、株式投資はあせらずじっくり取り組めば有利な資産形成手段になり得ると確信しています。マーケットは冬の期間(=下落相場)の方が長いので、無茶をすれば直ぐに凍え死んでしまいますが、寒さと飢えを凌いでいれば春は必ず訪れると思います。バリュー投資(資産・収益・成長力に比べて割安な銘柄を買う)は万能ではありませんが、チャンスを焦らず待ちながら資産形成に取り組む人にはこの上ない武器になることでしょう。

 そんな気持ちで投資やブログに取り組んでおりますので、よろしくお願いします。 

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-4345シーティーエス 上方修正

 4345シーティーエスから「業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ 」がリリースされています。売上増に加え、投資有価証券の売却益を特別利益に計上したそうで、配当予想もアップしました。

【4345シーティーエス:配当金の推移】
※括弧内は分割考慮前
2004(H16)年3月 3.333(8000)
2005(H17)年3月 2.875(6900)
(1:3分割)
2006(H18)年3月 5.375(4300)
2007(H19)年3月 7.625(6100)
2008(H20)年3月 8.375(6700)
2009(H21)年3月 6.25(5000)
2010(H22)年3月 7.625(6100)
(1:2分割)
2011(H23)年3月 18.5(7800)←※1
2012(H24)年3月 8.75(3500)
(2012年10月 1:100分割)
2013(H25)年3月 11.25(45)
(2013年12月 1:2分割)
2014(H26)年3月 15.5(31)
(2014年8月 1:2分割)
2015(H27)年3月 18.0←修正予想

※1:記念配当5000円含むため、実質的に7.00(2800)

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-7164全国保証 上方修正

 7164全国保証より「平成 27 年3月期第2四半期累計期間及び通期業績予想の修正並びに期末配当予想の修正に関するお知らせ」がリリースされています。

 1Q時点でどう見ても進捗が良かったので、上方修正がありそうだと思っていたのですが、その通りになりました。しかも、前期はデリバティブ評価益が営業外収益に283百万円計上されており、今期はデリバティブ評価損が営業外費用に263百万円計上されています。つまり546百万円の経常減益要因のはずですが、経常利益は中間時点で前年比56.9%増となっています。今回の修正で予想PERは22倍から16倍まで下がりました。

20141024全国保証.gif

 期末配当も上方修正され、2年前と比べて倍増です。配当星人の私は喜びに堪えません。

【7164全国保証:配当の推移】
2013(H25)/3 21.5(43)
2014(H26)/3 30
2015(H27)/3 44←今期予想

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダイヤモンド・ザイに紹介されました



 ダイヤモンドZAi (ザイ) 2014年12月号の94ページ「個人投資家の勝利の方程式!File.05」に当ブログが紹介されました。

 今回は株・FX等の資産運用に加えてふるさと納税の紹介も充実しており、最近はふるさと納税に挑戦する桐谷さんという連載もあるのですね。また、フィディリティなどの資産運用会社の社員が個人的にどんな資産運用をしているのかといった面白い記事も多かったです。

 何人か個人投資家さんが紹介されていますが、凄い人たちばかりですね。私の隣のページで紹介されている今亀さんは2000万円を5年で17億円にしたそうです。羨ましいけど、信用で集中投資って、凄すぎて真似できません……。

※今回の記事は、アフィリエイト(ブログ読者がリンクを通じて商品を購入すると、売上の一部が報酬として管理人に支払われる仕組み)が含まれています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR