2014年7月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+1.86%・年初来+9.76%となりました(配当含む)。

 アセットアロケーションとポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 95.93%←96.00%(先月末)
 全国保証、エスクリ、CTS、プロトコーポレーション、ワッツ、イオンディライト、
 日本SHL、CDS、地域新聞社、朝日ネット、合計72銘柄(優待目的含む)
【外国株式】 4.07%←3.99%(先月末)
 IBM他 合計9銘柄
【現金等】 0.00%←0.01%(先月末)

新規買い:なし
買い増し:キンダー モーガン A&P(KMI)
売り切り:なし
一部売却:なし

 今月までの受取配当金の累計は、銘柄の増加に伴い前年比66.42%増となりました。配当はそのままドル買いして米国株の買い増しに向けています。
 保有銘柄の決算は軒並み好調でありがたいのですが、今年に入ってからも絶好調な運用成績の方が多く、株式ブログやツイッターアカウントも増加傾向にあり、いわゆる天井フラグがチラついています。無茶をして致命傷を負うことのないよう、追加投資よりも生活防衛資金と住宅取得資金の積み上げに資金を向ける予定です。

(追記)
 特種東海製紙の優待、トイレットペーパー96ロールが届きました。
20140731_tokusyutoukaiseisi

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4345CTS 1Q 分割

 4345CTSから「平成27年3月期 第1四半期決算短信」「株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更並びに配当予想の修正に関するお知らせ」がリリースされています。売上・各利益とも順調な滑り出しで、上方修正&増配の雰囲気が早くも漂っています。加えて分割とくれば株価もポポポポーンと見直されるのではないかと妄想中です。

 毎回書いてますが、4345CTSは株価の安い時にガンガン自社株買いをしたり、ストックオプションではなく社員に株を買わせたりと、資本政策や社員へのインセンティブの与え方も株主寄りの経営をしてくれます。業種的に景気循環要素を持ち合わせていますが、デコボコとしながらいつの間にか成長している感じで、今期の会社予想を達成して配当予想どおり実施すれば11年前の約5倍になります。

 それでは、輝かしい4345CTSの配当推移を。

配当金の推移(括弧内は分割考慮前)
2004年3月 3.333(8000)
2005年3月 2.875(6900)
(1:3分割)
2006年3月 5.375(4300)
2007年3月 7.625(6100)
2008年3月 8.375(6700)
2009年3月 6.25(5000)
2010年3月 7.625(6100)
(1:2分割)
2011年3月 18.5(7800)←※1
2012年3月 8.75(3500)
(2012年10月 1:100分割)
2013年3月 11.25(45)
(2013年12月 1:2分割)
2014年3月 15.5(31)
(2014年8月 1:2分割)
2015年3月 16.5←予想

※1:記念配当5000円含むため、実質的に7.00(2800)

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4298プロトコーポ 1Q

 4298プロトコーポレーションから「平成26年3月期 第1四半期決算短信」がリリースされています。

 不採算事業からの撤退に伴い売上はマイナス11.6%でしたが、営業利益は小幅の減収にとどまり、純利益は子会社清算益もあり+27.8%の増益でした。特殊要因があるとはいえ、各利益とも会社計画値を大きく上回り、好調なスタートを切りました。

科目/1Q予想/1Q/2Q予想//4Q予想
売上高/13269/12200/26821/56940
営業利益/1105/1257/2450/5350
経常利益/1123/1305/2485/5430
純利益/649/973/1445/3197

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2196エスクリ 1Q

 2196エスクリより「平成27年3月期 第1四半期決算短信[日本基準](連結)」「平成27年3月期第1四半期 決算説明資料」「平成27年3月期第1四半期 決算説明動画」がリリースされています。2Q予想から推測して1Qは赤字を覚悟していたのですが、どうやら黒字を確保したようです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2412ベネ・ワン 1Q

 2412ベネフィット・ワンから「平成27年3月期 第1四半期決算短信」がリリースされています。この会社はいつも「期首予想強気→実績未達」をやってくれるので、通期予想はまるで信用できないのですが、取りあえず1Qは順調なスタートを切りました。是非ともこの調子で「配当予想の修正に関するお知らせ」をリリースして頂きたいところです。

項目  / 1Q / 2Q予想 / 4Q予想
売上高  / 4850 / 10500 / 23500
営業利益 / 596 / 1120 / 3620
経常利益 / 600 / 1100 / 3600
純利益  / 368 / 680 / 2250

配当の推移
2003/3 1.25(5,000)
2004/3 1.25(5,000)
2005/3 1.875(7,500)
2006/3 2.5(2,000)(分割1→5)
2007/3 3.5(700)(分割1→4)
2008/3 7.5(1,500)
2009/3 10.0(2,000)
2010/3 12.5(2,500)
2011/3 12.5(2,500)
2012/3 15.0(3,000)
2013/3 17.5(3,500)
2014/3 21.0(分割1→200)
2015/3 21.0←今期予想

※2014/10/29 一部訂正しました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR