FC2ブログ

年金による株式投資5

 いやー、かなりビックリしましたね。この記事。

----------【引用開始】----------
GPIF含む公的年金、2014年1─3月に長期国債1.8兆円売り越し
2014年 06月 18日 13:58 JST

[東京 18日 ロイター] - 日銀が18日に公表した資金循環統計によると、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)を含む「公的年金」が、今年1─3月に長期国債(財融債含む)を1兆8511億円売り越していたことが明らかになった。
資金循環統計によると、1─3月に長期国債の発行残高は8兆1591億円増加しているが、日銀が「量的・質的金融緩和」(QQE)の推進で同期間の保有額を12兆0571億円増やす一方、GPIFを含む「公的年金」は1兆8511億円と大きく減らしている。
「公的年金」は前年1─3月に1兆2782億円、同4─6月に1兆3034億円をそれぞれ買い越していた。それが同7─9月に3258億円の売り越しに転じて以降、10─12月に2675億円を売り越し、今年1─3月には一段と国債売りを膨らませた格好だ。
「公的年金」にはGPIFのほか、年金特別会計や共済年金なども含まれ、統計から個別主体の取引を判断することはできないが、市場ではGPIFが今秋の基本ポートフォリオの見直しに先駆けて国債売却に動いているとの観測もささやかれている。
----------【引用終了】----------

 こんなニュースが流れれば、そりゃーマーケットは大喜びですね。数兆円単位のお金が流れ込めば株式市場も堅調な推移が続くでしょう。
 私は株式の運用比率の急激な上昇は誰が何と言おうと反対です。大多数の国民は年金をあてにしているのですよ。その運用をリスクマネーに当てるのは良いけれど、もっと時間をかけてゆっくりと比率を上げていくべきでしょう。
 短期的には資産の評価額によい影響を与えるかもしれませんし、私だってマイポートフォリオが堅調なら嬉しいです。でも、こんな強引な政策相場は長い目で見て色々な意味でマイナスじゃないかと思います。
 年金資金の買いがマーケットにインパクトを与えない程度に徐々に株式の比率を上昇させ、長期的にEPSと配当の伸長を持続させる会社を少しずつ買っていって欲しいです。値上がり益ではなく、配当が年金の原資になるように。
 そうした慎重な運用が年金財政を長期的に安定させ、その結果多くの国民が安心して老後を迎えられれば、最終的には個人投資家も大きく報われるのではないかとこっそり妄想しています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-3654ヒト・コミュニケーションズ 月次

 3654ヒト・コミュニケーションズから「平成26年5月度の月次売上高に関するお知らせ」がリリースされています。
 月次106.3%、累計111.8%と順調に伸長しています。今期はあと3カ月、増額されたボーナスで気が大きくなったリーマンに買い物させて、期末を迎えて欲しいですね。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-7164全国保証 優待導入

 7164全国保証より「株主優待制度の導入に関するお知らせ」がリリースされています。
 来年3月末株主に5000円のクオカードまたはギフトだそうで、個人投資家の関心を引いて業績とビジネスモデルがさらに評価されないかと妄想しています。
 上場日に寄り付きで買っていたら分割を考慮すると508円ですので、10%近い利回りになりますね。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

四季報の通読

 やっと会社四季報の通読が終わり、絞り込みに入っています。しかし、何度やっても「えぇ~こんな会社あったっけ?」みたいな発見があるので、如何に毎回通読と言いながらテキトウに読んでいるかがわかってしまいます。

 「すげえ!こいつに全財産ぶちこんでやろうか?」と頭をかすめたものの、結局そこまで度胸はなくて1株だけ仕込んでまさかの150億円不正流出が発覚したローソンエンターメディア。
 付箋をしっかりつけたものの、買いそびれて小学校以来忘れていた「後悔先に立たず」という諺を思い出させてくれたリブセンス、アイアールジャパン。
 昨年の夏号に付箋を付けたものの、やはり買いそびれたシーシーエスは、今年の1月に見事に3倍を達成。
 四季報の付箋を見返す度に、ほろ苦い思い出が数多くよみがえってきます。

 しっかり調べて購入候補を決めたあとは、ボーナスが入るまでに上がらない事と、買ったら直ぐに上がることを祈るばかりなのですが、どうにも「2年前に気が付いていれば」が多くてせつないのは私だけでしょうか。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

3169ミサワ 1Q

 3169ミサワから「平成27年1月期 第1四半期決算短信」がリリースされています。

 前期は期待を若干裏切られる形で着地したため、先日の情報漏れニュースや急騰も半ば疑いの目で見ていた、そんな自分を恥じました。ミサワ、今期は本気具合が伝わってくる1Q決算を出してきました。売上42.7%増、各利益は200%以上の伸びです。1Qで一気に2Qの会社予想利益に近い数字を出してきました。いつもミサワには辛い思いをしながらも手放せず、自分のダメ投資家ぶりをこの上なく発揮してきましたが、いよいよ本領発揮してきたようです。

今期は是非とも予想を達成し、できれば早期に配当を実現し、東証二部~一部を目指して頑張って欲しいところです。 

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR