FC2ブログ

6 男女平等・家庭版

「賢い両親の役目は、弱い子を強くすることだ(252ページ)」
【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】
※著作権を考慮し、今回の日記全般について文中の一部の引用を控えています。なお、今回の記事中にアフィリエイトが含まれています。



本の写真をクリックすると、紹介ページのリンクにジャンプします。

 前回に引き続き、【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】の第6章「男女平等・家庭版」を取り上げようと思います。
 
 億万長者の両親のもとに育ったアンとベスという姉妹を例に、妹のアンは両親から遠く離れた土地に住み、自分たちの収入で自分たちの生活を営んでいるのに対し、姉は両親の援助をあてにしていつも両親のいいなりになっている姿が描かれています。
 また、会社役員になったサラという女性が、お金持ちの父から経済的援助をするつもりはない事を聞かされ続け、経済的にも精神的にも自立する一方で妹のアリスが両親の援助をあてにする生活になります。
 どちらの例も有名な言葉である「自分で『xxxx』方法を身につける(258ページ)」ように親が仕向ける事が大切だという事がわかります。

 では、最後にグッと来た一言を。
「自分のxxでしっかりやっていれば、お金の方からやってくる(282ページ)」
「小さいときから障害を乗り越えて自分で道を切り開いてきた人だけが成功する(284ページ)」


テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

5 親の経済的援助

「親から経済的援助を受ける人は、自分の財産と親の財産を同一視する傾向がある(212ページ)」
【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】
※著作権を考慮し、今回の日記全般について文中の一部の引用を控えています。なお、今回の記事中にアフィリエイトが含まれています。



本の写真をクリックすると、紹介ページのリンクにジャンプします。

 前回に引き続き、【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】の第5章「親の経済的援助」を取り上げようと思います。
 実際の収入は6万ドル如何にも関わらず、親から年間15000ドルの贈与を受け、高級住宅街に住み、派手な生活をしているメアリーとラマーが登場します。「親からの仕送りが届くのをじっと待つような人は、だいたいが生産的とは言いがたい(204ページ)」とあるように、親の経済的援助は貯蓄には回らず、逆に多額の支出を強いる生活を形成してしまっている事がわかります。前章にある「近所の生活ぶりに振り回されずに生活する(182ページ)」ことと逆の事が起きてしまうのです。

 また、「投資アドバイザーを職業にしている人で倹約を勧めるひとはほとんどいない(217ページ)」という現実についても指摘しています。

 そして、この本で有名になった言葉(……と思うのですが、違っていたらすみません)、「子供にxxxの仕方を教えなさい(225ページ)」がいよいよ出てきます。その好例として不動産会社を営むローラという女性の例をあげています。この件の236~239ページは、この本の最も言いたい事を表しているのかもしれません。

 では、いつも通り最後にグッと来た一言を。ローラの成功の秘訣として紹介されています。
「大事なのは見かけじゃない。大事なのは、自分でxxをxxxxxxするxxxx、xx、xxxxだ。それが人を経済的にも成功に導く(239ページ)」

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4 車であなたの価値が決まるわけではない

「一つでもステイタス・シンボルになるような品物を手に入れると、それに合わせて次から次へと物を買いたさなくてはならなくなってしまう(155ページ)」
【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】
※著作権を考慮し、今回の日記全般について文中の一部の引用を控えています。なお、今回の記事中にアフィリエイトが含まれています。




本の写真をクリックすると、紹介ページのリンクにジャンプします。

 前回に引き続き、【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】の第4章「車であなたの価値が決まるわけではない」を取り上げようと思います。
 実在のW.W.アラン氏が友人からのプレゼントであるロールスロイスを断るという衝撃的な件を皮切りに、金持ちが車をどのような考えでどのように買うのかを分析しています。そしてそれは車にとどまらず、腕時計・スーツ・靴などに波及し、「近所の生活ぶりに振り回されずに生活する(182ページ)」大切さが説明されています。

 面白いのは、165ページ以降に紹介されている「四種類の購買スタイル」のなかに、「特定のディーラーから新車を買う」というタイプの人の分析です。特に「特定のディーラーから買う人の5人に一人は、そのディーラーがxxxxxだから買っている(168ページ)」という理由は思わずうなってしまいました。169ページに詳細な解説がありますが、これまたうなずきまくりです。

 では、最後にグッと来た一言を。アラン氏の信念として紹介されています。
「経済的にしっかりした基盤を持とうと考えているなら、きっと実現できる。だが、xxxxxをするためにお金が欲しいと思っているのなら、一生、金は貯まらない。(154ページ)」

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

3 時間、エネルギー、金

「観客や患者に信頼してもらうためには、いかにも成功したという身なりをしなくてはならない(112ページ)」
【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】
※著作権を考慮し、今回の日記全般について文中の一部の引用を控えています。なお、今回の記事中にアフィリエイトが含まれています。



本の写真をクリックすると、紹介ページのリンクにジャンプします。


 前回に引き続き、【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】の第三章「時間、エネルギー、金」を取り上げます。蓄財優等生のドクター・ノースと蓄財劣等生のドクター・サウスを例に、所得がそれなりにあるはずの医者に何故金持ちが少ないのかを説いています。

 118ページにある消費習慣の違いの表をみれば、ドクター・サウスが何故おカネが貯まらないか一目瞭然なのですが、ドクター・サウスのようなタイプは実に多いとか。「2人の時間とエネルギーの使い方を比べてみると、多くのことが学びとれる(108ページ)」とあるように、お金持ちになるための生活習慣を、何故それが蓄財に結び付くのか具体例をあげながら説明しています。
 特に「何にいくら使ったかをきちんと知っておきたいとおっしゃるのは、xxxxxxxxxのクライアントだけですね(121ページ)」は、昨今の株価の上昇でいい気分になってiPhone5sの購入の列に並んでしまった私への戒めのようでした(汗)。この章を一昨日読んでおけば、きっと一日に数度充電しながらiPhone4を使い続けたはず……いや、それはないでしょう(笑)。

 では、最後にグッと来た一言を。医薬業界や医療機器業界に投資しているドクター・ノースの一言です。
「ウォーレン・バフェットだって自分が一番良く理解している会社に投資していますよね(145ページ)」

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2 倹約、倹約、倹約

「金持ちの特徴を三つの言葉で言い表せば、『倹約、倹約、倹約』である(49ページ)」
【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】
※著作権を考慮し、今回の日記全般について文中の一部の引用を控えています。なお、今回の記事中にアフィリエイトが含まれています。



本の写真をクリックすると、紹介ページのリンクにジャンプします。


 前回に引き続き、【となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則】の第二章「倹約、倹約、倹約」を取り上げようと思います。著者がかつて9人の金持ちをしゃれたペントハウスを借り切って取材してきたときに、著者が一般的な金持ち像と実態の差にショックを受け、稼いで使うのがお金持ちではなく、倹約こそが資産を築く最大のポイントである事を徹底的に説いています。
「資産形成の第一歩はxxxにある(63ページ)」とあるように、どんなに稼いでも支出をコントロールできない人は金持ちにはなれず、金持ちに会う度にテレビやマスコミで紹介されている金持像と実態がどれだけ違うかを実例を挙げて説明しています。
 また、実際に金持ちになった人たちへのアンケートにより、どんな思考や行動が支出のコントロールや資産形成に結び付いたのか、その結果として得られたモノがどれほど多いことかを学ぶ事ができます。この章はまさに百万ドルの価値があると断言できます。

 では、最後にグッと来た一言を。倹約家の億万長者に対して「それで幸せなんですか?」と言う人に向けての最高の回答です。
「お金の心配をしなくてすむ人たちは、そうでない人たちより幸せな生活を送っている。(75ページ)」
「高所得・低資産タイプの彼らは、~(中略)~、次の給料日を指折り数えながら生活する(79ページ)」

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR