FC2ブログ

バリュー投資を始める前の話

 私はバリュー投資を知る以前は、投資信託、ワラント、個別株、個別株の累積投資などをやっていました。また、職場の社内預金の利率が比較的高かったこともあり、利用した事もあります。同時に家庭の事情で住宅ローンを私が肩代わりしていました。

 転機は、バリュー投資を知る3年前でした。

 当時、私は耳を非常に酷使する仕事をしていました。それが直接の原因か未だにハッキリしないのですが、突発性難聴に襲われたのです。幸い職場の上司が取り計らってくれたため、すぐに入院し治療を開始する事ができたのですが、その後完全復帰するまでに1年近くを要しました。万一にも「失業→株価暴落→ローン返済行き詰まり→人生退場」は避けなくてはならないと考え、住宅ローンを繰上げ返済しました。幸い投資が何度かの失敗を経てそこそこ上手く行っていたことと、貯金もそれなりにあったのが幸いしました。

 その後の資産形成手段は安全確実な積立預金のみとなりましたが、2004年5月、書店で出会ったバフェットの本が私を投資の世界に再び導いてくれました。その後は何度かの暴落と自分の失敗を経て、何とか投資を続けています。

 好成績とは言わないまでも、投資を続ける事ができたのは、「ローンの返済によって精神的余裕ができたこと」と「常に投資方針を見直し続けたこと」に尽きると思います。株価が下がると日記の更新頻度が下がることからも、私の精神状態は常に株価に左右されます。知識も怪しく投資判断も間違えっぱなし。そんな私がもし多額のローンを抱えたまま投資をしていたら、さらに判断は怪しかったことでしょう。そして頑固者でなかったからこそ、常に自分の投資方針に疑問を投げかけて修正し続ける事ができたと思っています。

 振り返れば、意固地になっていいことは一つもなかったです。間違っている可能性が少しでもあったら、バッサリ切って考え直せばいい、そう考えたら精神力も胆力も必要なくなりました。現在、一部の銘柄の上昇によってポートフォリオが少数の銘柄に偏っていますが、基本はキャッシュをもちつつ個別銘柄に分散投資する形になりました。

 天井とか調整が何時くるかわかりません。そうなっても後悔しないような投資をしたいと思っているのですが、なかなか難しいですね。やはり日々の株価が気になって、昼休みにスマホからログインしてしまう私がいます。 

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

キャッシュポジション(続き)

 今月に入ってから、4345CTS、4929アジュバン、2418ベストブライダル、2169CDSなどを買っています。一方で7164全国保証の一部と2882イートアンドを売っており、給与からの増資もしていませんので、フルインベストが恒常化している私としては手元に若干キャッシュが残っている感じです。

 2008年までは、毎月の必要経費を計算し、給与から差し引いた残りを全て証券口座にいれていました。極力カードで支払ってキャッシュアウトを少しでも遅らせる事ばかり考えていました。しかし、その後の何度かの調整を経て自分の心掛けの甘さを痛感し、今では給与が入ってもキャッシュとして温存し、数か月に一度証券口座に入れるようになりました。しかしながら、そもそも小さい私の資産額を公開したら、フルインベストにして元手を早く増やした方が良いと思う方もいるかもしれません。

 私は投資をしながら冷静な判断ができるためには、ある程度ポートフォリオにも精神的にも余裕が必要だと思っています。投資資産と別にキャッシュをある程度もっていることで、かなり余裕を持って投資に臨む事ができるようになりました。インデックス投資家の方々のブログを除くと、「生活防衛資金」としてそれなりの現金同等物を確保した上で投資をされている方が多いようですが、分かるような気がします。

 余談ですが、昨日紹介したSPA!(スパ!)2013年2月12日号をじっくり読むと面白いです。ファンダメンタルズをベースに投資している人は8人中2人。ほとんどの人が値動きをベースに投資されています。ここで「それは投資ではなく投機だ!」とか言うのは野暮ってもんでしょう。再現性のある運用方法ならばどんな手法であろうと投資で、ファンダメンタルをベースにしても儲からないなら投機でしかないと思います。私は器用でないので、ゆっくり投資します。仮に今後1年~2年が大チャンスだったとしても、それに賭けて上手くいく自分を想像できません(笑)。

 ちなみに個人的には、「安倍景気でボロ儲けする裏ワザ」よりも、次の「私の初不○セキララ告白集」の方が面白かったです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

9449GMO 減資について

立川「今回の減資は、節税のためでしょ?」
IR「で、ですから、IRのとおり減資は資金の有効活用のためでして……(アセアセ)」
立川「またまた~正直になりましょうよ。いくらくらい節税になるんですか?」
IR「自社株買いや配当など、株主還元を機動的にするためにですね……(しどろもどろ)」

 ま、ネットでちょっと検索すれば、30億→1億円にすればこうなることぐらい、すぐ出てきますね(笑)。

【法人税の特典】
1.法人税の計算上、軽減税率(18%(注))が適用できる
  注:18%は税制改正による一時的なもの。本来は22%。
2.交際費等の損金不算入
  600万円以下の損金不算入額が10%になる
3.少額減価償却資産(上限年間300万円)
  30万円未満の減価償却資産は全額損金算入
4.特定同族会社の留保金課税
  資本金1億円以下の法人は対象外
5.欠損金の繰戻還付制度
【地方税の特典】
6.法人事業税の外形標準課税
  資本金1億円以下の法人は対象外
7.法人道府県民税及び法人市町村民税の均等割税金
  東京都23区の場合→110,000円減少
 (従業員数50人超は330,000円)
  大阪市の場合   →215,000円減少
 (従業員数50人超は435,000円)
【税務調査の特典】
8.資本金1億円未満であると、原則、国税局管轄から税務署管轄に変更になる

 現在私はGMOクリック証券をメイン口座にしています。業界最安をSBI証券と争っていましたが、今やネット証券の中にはこの2社をさらに凌駕する手数料を設定している会社もあります。しかし、2012年12月にサービスを終了したシェアーズのサービスを引続き無料で利用できるほか、GMOインターネットの優待GMOクラウドの優待GMOアドパートナーズの優待を使うと年間で最大3万円の手数料がキャッシュバックされます。3銘柄の最低単元を購入すると合計22万円、年間配当金が3銘柄の合計で約5000円、さらに3万円分の手数料のキャッシュバックになるので、配当優待利回りは約16%になります。

 今回の減資で節税し、さらに手数料を引き下げてくるのではないでしょうか。GMOクリック証券のシェアはSBI証券に追いつけ追い越せ状態ですし、2%越えの配当をもらいながら手数料を節約できる証券会社は他になさそうです。

(追記)
 カブ1000さん、www9945さんの記事が掲載されているSPA!(スパ!)2013年2月12日号を読みました。今後1~2年くらいは、こんな記事が雑誌を賑わすのでしょうか(笑)。


※今回の日記には、本文中にアフェリエイトへのリンクが含まれています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

ドルの積立

 私が唯一積み立てているものにドルがあります。といっても、毎月定額とかではなく、配当金や臨時収入を利用して毎月数千~数万円分ドルに換金し、米国株購入の原資にしています。米国株に関しては全面的なパクリ元のgonchanさんの理論のとおり「長期的に円高傾向だったとしても、それ以上のパフォーマンスを得られればよい」と思ってますが、通年で買い付けていくことでさらに為替変動をあまり気にせず投資している感じです。流れとしては「給料→日本株→配当→ドル→米国株←ドル←臨時収入」みたいな感じですね。米国株の配当も勿論そのままプールして米国株の購入に充てています。

 円安とモトローラソリューションズのお陰で、今のところはゆるゆると好パフォーマンスな感じですが、いつまで続く事やら。バフェットさんがハインツだけでなくIBMも丸ごと買収してくれないかと妄想中です。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-3654ヒト・コミュニケーションズ 月次

 3654ヒト・コミュニケーションズから「平成25年1月度の月次売上高に関するお知らせ」がリリースされています。

 月次109.0%で、累計106.9%でした。2Qの業績予想が売上高+6.3%ですので、かなり順調ですね。それにしても9%の伸びはきっと前年同月が不振だった反動だろうと確認したら、なんと前年同月も107.0%でした。上方修正と東証一部へ昇格のリリースが一刻も早く出ないモノかと日々妄想中です。

 大分賑やかな感じだった株価も現在は落ち着いていますが、現在の株価水準で予想PER8倍を切るくらいなので、成長中の銘柄にしてはまだ割安だと思います。前回も書きましたが、昨年4月に取得したボイスエンタープライズとのシナジー効果はこれから発揮されると思いますので、まだまだホールドします。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR