GMOインターネットの優待の詳細

 GMOインターネットの来春からスタートする優待の詳細がアップされていました。内容は次の通りです(GMOインターネットのサイトより転載)


5・GMOとくとくBB株主限定プラン
GMOとくとくBBの移動端末(イー・モバイルLTE接続サービス)を、株主様に限り特別価格でご提供いたします。
対象期間:平成25年4月1日~平成25年9月30日
月額利用料金:2,980円/月
※ 2年間の利用が前提となり、途中解約には違約金が発生しますのでご注意ください。


 LTEやWIMAXなど、概ね月4000円前後で横並びです。特にデータ量制限もなく、それでいて2980円/月はお得なプランのようです。自分の住んでいるところは確実にエリアなので、具体的な案内が来たら申し込もうと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2012年を振り返る ~投資に対する考えと目的~

 ここが一番肝心なところだと思うのですが、投資をして何をしたいか。私は投資を通じて経済的自由を勝ち取りたいと思っています。同時に、現状の資産規模や投資の能力ではまだまだ道は長いと感じています。

 種銭を確保するという部分では、幸い毎年それなりに配当が入るようになり、趣味の音楽で多少でもギャラがでたら即投資口座の通帳に入金しています。特に、2008年に自分のパフォーマンスが最低だった時に優待株を組み入れた事で現在は金券がかなりもらえ、現金支出が格段に減りました。そしてその株のパフォーマンスも2倍~数倍と結構良いのがビックリです(笑)。当然メインは給与所得からの入金ですが、節約や優待の活用のお陰で昨年の倍以上の入金ができました。バリュー投資を始めてからの自分の投資成績は、相乗平均で約+9%です。今後は入金額も運用成績も伸ばせるよう頑張り、「このくらいで満足」「人は人」とか言わないようにします。

 株のトレードって、昨日始めても30年やっている人でも、同じマーケットで取引するのですよね。野球道具を初めてもった人がいきなり大リーガーと試合するようなもので、まず勝てるわけありません。バリュー投資は大リーガーと同じスタジアムに入るけれど、熱狂する観客にポップコーンやビールを売るみたいなものだと思っています。そして人並み以上に稼ごうと思ったらいつまでもバイトをしていてはだめで、稼いだおカネで自分で商品を仕入れ、人を雇わなくてはいけません(=種銭を増やす)。さらに、一つのスタジアムでは売上に限界もあるので、他のスタジアムでも売る必要があります(=分散投資)。気をつけないと雇ったバイトが売上と商品を持ち逃げするかもしれないので(=粉飾、下方修正)、よく吟味して万一間違えたら即解雇しなくてはなりません(=売り)。時々弱そうなチームが出てきた時だけ(暴落とか、割安株とか)にバットを持って振りに行ければと思っています。

 私の投資イメージってこんな感じです。しかしながら、投資する相手(=個別銘柄)は利益を成長させることを目的としている経済主体なので、個別銘柄への投資はもっとも有利な資金運用手段だと思います。

 数回に及ぶ長々とした振り返りを読んでいただいた方、ありがとうございました。
 相場が悪くて成績が振るわない時には、もちろん短くなります。
 来年もよろしくお願いいたします。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2012年を振り返る ~株主総会・懇談会・説明会、趣味~

 今年は日本SHLの株主総会ワッツの株主懇談会が上手く休みと重なり、出席する事が出来ました。会社を理解するのに良い機会なのですが、率直に言うとこういうところに出席すると強力なバイアスが売買の邪魔をします。下手に経営陣の顔を覚えるので、売り注文ボタンをクリックしにくくなります。IRフェチの私としては機会があればバンバン行きたいところなのですが、私のこんな性格では今くらい上手く日程が合わなくて出られない方が、数字だけ見て冷静に判断で来て良いのかもしれません。そもそも、今だってきちんと判断できているのか大いに怪しいところです。逆に日本社宅サービスの経営陣は思い出すだけで……なのですが、別に違法な事をしているわけではないし、向こうが一枚上手で自分が甘かったという事で(笑)。

 正直なところ、私は株以上に音楽という趣味に入れ込んでいて、CDをバンバン買ったり毎晩スタジオで練習したりライブに足を運んだり自分でライブをしたりしています。仕事も時間が不規則だったり、突然呼び出されたりしますので、株の事を考える時間を捻出するのも難しい時があります。もし株で本当に財を築くなら、仕事以外は朝から晩まで株に取り組んだ方がいいのかもしれません。でも、私はメンタルがそれほど強靭でなく株が下がれば士気が下がり株が上がれば調子に乗るタチなので、今くらいの適当さ加減で丁度良いみたいです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2012年12月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+13.76%、年初来+47.02%となりました(配当含む)。

 2012年12月末現在のアセットアロケーションとポートフォリオです。

【日本株式】 95.17%←94.88%(先月末)
 全国保証、エスクリ、プロトコーポレーション、イオンディライト、
 ワッツ、日本SHL、CDS、他40銘柄以上(優待目的含む)
【外国株式】 4.83%←4.69%(先月末)
 IBM 他3銘柄
【現金等】 0.00%←0.43%(先月末)

 日本株式は、7164全国保証を新規買いしました。
 外国株式は、IBMを買い増ししました。
 12月までの累積受取配当金は前期比約21.4%増になりました。
 アセットアロケーションは日本株式と外国株式の購入に伴い、相対的に現金等の比率が低下しました。

 マイポートフォリオのパフォーマンスは7164全国保証を組み入れにより通年で約+50%近いパフォーマンスを確保する事が出来ました。昨今の不況にもかかわらず今年は給料とボーナスの査定が良かったため、最後の最後でしっかりと資金追加できたことが良かったです。
 自分としては今年の運用成績に十分満足なんですが、今年は整数倍のパフォーマンスを叩きだした人もいらっしゃるので、自分の成績と見比べて悔しがっています。その悔しい気持ちをもっと大事にして、自分の運用能力を上げたいです。投資は冷静な頭と謙虚な姿勢も大切かもしれませんが、それ以上に意欲と情熱も大切だと思います。

(参考)バリュー投資を始めてからの今までのパフォーマンスは以下の通りです。

2004年  -15%
2005年 +108%
2006年  -32%( +86%)
2007年  +15%(  +1%)
2008年  -37%(+159%)
2009年  +10%( +17%)
2010年  +23%( +10%)
2011年  +13%(  +5%)
2012年  +47%( +21%)

※括弧内は受取配当金の前年比。資産を大きくすることと受取配当金を伸ばす投資を心がけているので、参考までに記載しております。
※配当・税金を含む。新規資金は毎月頭に入金したものとして計算。投資信託のパフォーマンス計算とほぼ同じ。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2012年を振り返る ~ブログ移転と投資スタイル~

 昨年末に準備して、今年は完全にFC2ブログに移行しました。管理画面が自分好みだったり、アフェリエイトが直接使えたりといった良さもありましたが、何と言っても移行したお陰で訪問者のリンクから今まで見た事のない凄腕投資家さんのサイトに触れる事ができ、非常に良かったです。なお、楽天もたまにこちらの更新のお知らせ程度の更新はしています。
 中でも(すみません、サイト名は失念してしまったのですが)どなたかが割と少なめの保有とは断っていましたが2169CDSに関して言及されており、サイトの移行準備中に見かけたことが調査のきっかけになりました。決算を迎えるごとに確信は強まり、少しずつ買い増しをした成果がやっと実を結びつつあります。まだまだM&Aによる成長の余地はあり、株主への還元もしっかりしているほか、単元株制度の導入や実質1/2の分割など東証一部への昇格も意識していると考えられますので、業績も株価もまだまだ上昇余地がありそうです。話がずれましたが、自分が無精者のせいか、楽天ブログにいた時にはなかなか目に入らなかった素晴らしいブログが目に入るようになったのが移転の最大の成果でした。

 投資スタイルは成長株を決算や株価推移を見て買い増していくのが9割、リーマンショックのころに買った優待株が1割といった感じです。中にはNDソフトウェアのように6倍(買値200円・分割考慮)になったり、ソフトクリエイトのようにとんでもない利回り(590円で購入して現在配当45円+クオカード2000円)になる銘柄もあり、優待株投資の良さも痛感しました。厳密に計算していませんが、その1割の部分のパフォーマンスも結構良いと思います。
 私は厳格な投資方針や、厳密な投資基準や売買基準を決めてませんし、会計に関する知識も薄弱なので、はたからみれば適当も良いところだと思います。でも、投資環境ってどんどん変わっていきますよね。米国くらい投資家本位のマーケットが根付いている(だからこそインデックス投資が上手くいくのだと思っています)ならともかく、日本で投資をするなら「著名投資家がこう言ってるから」みたいに固執して頑張りすぎるのは危険だと感じています。
 一度言った事や決めた事を曲げることはとても勇気が要ります。でも、その勇気がなければマーケットでは退場を早めるだけだと思うので、自分のやり方を常に見直し「間違えを素直に認める勇気」を持ちながらやっていきたいと思います。投資方針をコロコロ替えるのはどうかと思いますけど、そもそも投資方針が間違っていたらまずいじゃないですか。

 当然ですが、SHOEIやプロネクサスや日本社宅サービスが手放した後に急騰した事なんか、ちっとも悔やんでいません(泣)。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR