2198アイケイケイ 3Q

 2198アイケイケイから「平成24年10月期第3四半期決算短信」がリリースされています。
 売上高+15.7%、営業利益+95.4%、経常利益+99.5%、純利益黒字回復と問題なく見えるのですが、何故か決算発表後に売りこまれています。このまま順調にいけば通期の上方修正の可能性もあると思うのですが。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2593伊藤園 自社株買い&消却

 2593伊藤園から「自己株式取得に係る事項の決定及び自己株式の償却に関するお知らせ」がリリースされています。

 普通株の取得と消却とはいえEPSの向上に直結するので、将来的には自分の保有する優先株の配当にも響いてくるわけですし有難い事です。ただ、投資家の観点から言えば割安に放置されている優先株を取得して償却する方が理にかなっていると思うのですが。

 自己株取得と同時にリリースされたIRを見ると、ミャンマーやベトナムに駐在員事務所を作るそうで、将来の成長エンジンになってくれないかと妄想しています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

「趣味と実益を兼ねて」とは良く言ったもの

 以前の記事で、趣味の音楽で多少の報酬を得る事があるという記事を書きましたが、どの程度のレベルかと言うと、良くても一回につき数千円程度です。当然月に数万になるなんてことはほとんどなく、月に一万円オーバーすれば万々歳といったレベルです。交通費も勘案したらトントンもしくは赤字のケースも珍しくありません。当然、投資の積立原資として考えるならば、給与所得の方が断然高レベルです。

 でも、一般的に音楽を趣味でやったら、楽器を買う&習う・CDやDVDを買う・ライブを聴きに行く・リハーサルのためにスタジオを借りる……正直おカネが湯水のごとく出ていきます。それが楽しいと言えば楽しいのですが、ドライに考えるとバリュー投資からすれば厄介者です(笑)。年間数十万の出費は10年で数百万円になり、一生涯では数千万円になります。
 自分の中でその相反する矛盾を解決しつつ、趣味を楽しむとなると、いち早く収支がプラスになる様にいろいろと工夫が必要です。しかし、これが意外と面白く、どういうメンバーでどういうコンセプトで演奏すれば収支がプラスになるか、それを継続したり、あるいは収支がプラスになるような話をどうやったら取り込めるかなど、最近は真剣に考えます。

 自分の趣味におカネを使うことは楽しい事ですが、恐らく少しの工夫で僅かでも稼ぐ(あるいはトントンにする)事は可能だと思います。趣味は自分の人生を充実させてくれますが、ただ単に生涯の支出を大きく増加させるだけのものにするか、少し頭を使って僅かでも稼げるものにするかで大きな差を生むことは間違いないでしょう。中には稼ぐことに結び付けるのが難しい趣味もあると思いますが、趣味で多少の小銭を稼ぐことが楽しみの一つになればしめたものではないかと思います。

 一生涯で数千万は、大きいですから。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

穏やかな日々と節約と

 4月のピークにはまだまだ及ばないものの、マイポートフォリオの時価評価も徐々に回復し、日本社宅サービス以降は特に大きなIRもなく平穏な日々を過ごしています。

 最近、相互リンク先のソラさんの記事を見て、9449GMOインターネット・3788GMOクラウド・4784GMOアドパートナーズを購入し、権利日以降の株式売買手数料の節約を目論んでいます。この3つを最低単元購入すると約15万円で、年率3%の配当が得られるほか、GMOクリック証券での売買手数料がキャッシュバックされるそうで、非常にありがたいですね。
 さらに楽しみなのは、GMOインターネットの来年以降に設定されそうな新しい優待です。現在私はフレッツを使っているのですが、優待で株主向けの無線インターネットサービスが提供されるそうで、上手く行けばネット利用料金も大幅に削減できそうです。
 部屋の電灯もLED化を進めているので、トータルで光熱費・通信費が節約できれば、さらに投資の原資が確保できます。

 資産が大きくなると数千円の節約がバカらしくなる人もいるかもしれませんが、投資原資を確保することが投資の第一歩であり、少しずつ積み立てられるかが将来の大きな差になることを考えると、決してバカにできないと思います。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

8945日本社宅サービス 4Q

 8945日本社宅サービスから「平成24年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」「剰余金の配当に関するお知らせ 」がリリースされています。中期経営計画では営業利益ベースで今期533百万円→来期200百万円とあり、経常利益、純利益に関しては記載がありませんでしたが、今回は経常利益221百万(マイナス58.7%)、純利益97百万円(マイナス68.4%)の予想が出ています。

 売却してしまったので、正直詳細に分析する気力もおきませんが(「最近それほど詳細に分析してないじゃないか」という突っ込みはナシでお願いします)、一株当たり13.5→17円に配当予想を修正し、今後維持するそうなので、現在の株価(8月14日終値:283円)で計算すると配当利回りは6%になります。以前は配当性向が低かったのですが、今回一気に77.7%まで跳ね上がりました。案外、これが評価されて株価もそこそこの水準を推移するかもしれませんね。
 その配当利回りが維持され、将来的に業績も回復し増配傾向が確認されれば保有しても良いと思うのですが、この会社は寝耳に水的なIRが多いので、正直保有に不安を覚え先日の日記の通り売却してしまいました。ビジネスモデルは面白いと思うのですが、何故か安定して利益成長しませんね。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR