FC2ブログ

あ、マンションのゴミ捨て場に!

 ある朝出勤前にマンションのごみ捨て場に行ったら、四季報2005年版が捨てられていました。

 どうやら、自分の住んでいるマンションには他にも投資家さんが住んでいるようです。
 いや、住んでいた(過去形)なのかな?
 バリューかな?テクニカルかな?イベントかな?材料株や仕手株かな?

「もうさんざん儲けたし、後は田舎に帰って畑でも耕しながら暮らそう」
と呟きながら、引っ越していったのでしょうか。

「二度と株なんかやるもんか!お陰で女にも逃げられたし、同期が先に係長になりやがった!」
と捨てゼリフを吐きながら、縛って捨てたのでしょうか。

 どうでもいい妄想しています。

 ところで2005年といえば私も株を始めたばかりで、しかも上昇相場。年率100%オーバーのパフォーマンスを自分の実力と勘違いしていた時期でした(苦笑)。あのころは、完全にマーケットをなめてかかっていましたね。そしてあれから7年、さほど進歩していない自分がここにいます。

 そしてポストを見るとまた無印良品週間(四半期に一度の10%オフセール)の案内が……。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

平日の夜中の妄想3

 毎月3万円ずつ、40年間積み立てると元金は1440万円になります。今時金利も大してつきませんし、仮に運よく1%で運用できたとしても40年後に受け取れるのは1700~1800万円です。

 4月20日現在、TOPIX採用銘柄の平均PERは約22倍だそうです。
 益回りが4.55%あるので、仮に採用銘柄が成長率ゼロとしてもETFは利率4.55%の金融商品と考えることができます。この月々3万円で利率4.55%の金融商品で運用した場合、40年後には約4000万円になります(注:計算を簡便にするため、12ヵ月分をまとめて投信を買付け、複利運用したと仮定して計算)。インデックス採用銘柄が最低でもこの業績をキープする限りは、こういう投資法もアリなのかもしれません。

 ほとんどの方には「何を今更」だと思うのですが、実際このことを話してピンとくる人は案外いないものだなと感じています。金融商品や資産運用に関することを特に学校で教育するわけでもなく、自分から知識を得ようと能動的に行動しなくてはなりません。

 ところで、いくつかの証券会社から投信の自動売却サービスが始まったようです。
 便利なサービスなのかもしれませんが、証券会社にここまでしてもらわないと、月々のおカネの管理もできないんだろうかと考えてしまいます。分配型投資信託が売れたのは、給料が毎月入るという安心感の延長なのでしょうか。しかしこのサービス、SBI証券のウェブサイトに入っても、どこで申し込めるのかさっぱり分からないのは力を入れる気がないのが見え見えですね。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-3711創通 ガンダムフロント東京オープン

 3711創通から「『ガンダムフロント東京』オープン決定!」が1月30日にリリースされていましたが、本日はそのガンダムフロント東京がオープンしました。自分の職場にもガンダム好きがウロウロしているので、創通株主の私としては少しでも業績向上に貢献すべく是非行くように勧めています。そんな私の努力が実を結び、創通の株価も好調です。
20120419 創通のチャート
 自社株買いのお陰で浮動株も少なくなっているはずで、盛り上がればあっという間に急騰するのではと妄想しています。

 とある投資家さんがツイッターで呟いていました。
「株価が上昇したのは、頑張って業績をあげてくれているからである。断じて分析や見込みが正しかったからではない。ましてやいるのかいないのかもわからない買い煽りのせいでもない。」
 その通りだと思います。
 私ができるのは、「おーいお茶」を飲んで伊藤園の売り上げに貢献し、セブン銀行のATMで少しずつおカネをおろし、日本社宅サービスの子会社が管理するマンションに住むくらいです。本当は結婚式をエスクリの式場で上げて家具をunicoで揃えたいのですが、まだ独身&結婚の予定もないので(笑)。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

平日の夜中の妄想2

 前回の記事はこちらです。

 インデックス投資は良い銘柄も悪い銘柄も同じように買い付けてしまうわけで、これはひふみ投信の藤野さんが問題の一つとして取り上げていましたが、私はそうは思いません。インデックスファンドの分の買い需要がある方が、マーケットにとって良いと思います。
 投資家のインフラを含め様々な環境整備が進むためには、結局マーケットにそこそこ厚みがあるから実現するわけです。投資信託を買うという行為が資産形成のための選択として良い悪いは別にしても、現在の投資環境を整えた功労者的存在であることは間違いないと思います。マーケットにそこそこ厚みがなくては、売買手数料も下げられませんし、時価総額の小さな割安な銘柄が上場することもできません。
 もしインデックスファンドの買いによって株価形成にひずみが生ずるならば、それは「バリュー投資家の収益の源泉」となり得るわけで、これまた歓迎すべき事です。

 おそらく個人の中にはインデックスファンドを含めて投資信託が存在していなければ投資を始めなかった人も多いと思います。私自身も初めて証券会社に訪れたのは中学生の時で、投資信託の積み立てからスタートしました。その延長で個別銘柄の累積投資にも手を出し、結構長く続けたおかげでそこそこの金額になり、住宅ローンを予定より滅茶苦茶早く完済できました。その経験から個別株投資にも興味がわき、バリュー投資に至ったわけです。

 私自身は買いたくない銘柄を含む投資信託ではなく、自分で買いたい銘柄だけを買うことができる個別株投資を選んでいますが、パフォーマンスがインデックスより悪かったら、インデックス投資を検討かもしれません。ただそれだけのことです。

 

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-3834朝日ネット 「マナバ」のグローバル化

 保有銘柄の3834朝日ネットより「マナバ、米国で複数の教育機関から受注~グローバル展開が本格化~」がリリースされています。

 ハーバード(マサチューセッツ州)、スタンフォード(カリフォルニア州)、コロンビア(ニューヨーク)他で本格導入が開始されたほか、マナバのグローバル・ウェブサイトが公開されたそうです。本格的に大きな数字が出てくる日が待ち遠しいです。

 間もなく3月決算会社の決算発表ラッシュですね。私は優れた経営者かどうかを見極める眼力なんてないので、決算で具体的にでてくる数字が投資判断の全てです。まあそれも確固たる知識をベースにしているわけではないので怪しいものですが(笑)。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR