FC2ブログ

6267ゼネラルパッカー

※今回の記事は、自分が調べた個別銘柄の業界におけるポジションなどを個人投資家ブログの記事の一つとしてまとめたものであり、特定の銘柄の買い煽り・売り煽りを狙ったものではなく、内容の信憑性についても何ら保障の無いものであることをお断りします。

 職場の後輩がいくつか銘柄診断をしてくれと持ってきました。その中に自動包装機械の中堅である6267ゼネラルパッカーがあったので、この銘柄については自分の投資対象外であることと個犬投資家こなつさんが長年フォローされ十分調べていると思いますので今更私が出る幕ではないのは重々承知なのですが、新しい分野について勉強することは大切だと考え調べてみました。

 財務は有利子負債もなく自己資本比率も約70%と問題ないと思われますが、肝心の業績については今回に限らず過去に何度も下方修正を頻発していることからも売上・利益ともに非常に不安定です。
 包装機械は日本は世界第3位の売り上げを誇る技術をもっており、社団法人日本包装機械工業会に加入している249社を含めて約300~400社ほどあると予想されます。包装機械工業の日本における売り上げは約4000億円/年で、これをこの400社が奪い合っているという状況です。その中でゼネラルパッカーは約40億の売り上げを確保しています。
 下の表を見ていただけるとわかると思いますが、包装機械の大きなジャンル分けで16種類、細かく分けると53種類になります。下の*が付いているところがゼネラルパッカーも参入しているところなのですが、それぞれ7社~19社が参入しています。この中での圧倒的優位が確認できれば投資に踏み切れるのですが、どのメーカーのホームページを見ても「わが社のが最高!」と言わんばかりの内容で(当たり前か……)確認に至りませんでした。無論圧倒的に優位であれば決算数字に出てくるはずなのですが、今のところそれも確認できません。
20120326包装機械メーカー
 わかりやすい例としては食品機械にすしロボットがあるのですが1社しか参入していません。まさにオンリーワンです。言わずと知れた6405鈴茂器工で、過去数年増収増益、昨年11月に上方修正を出しています。直近の3Qで既に通期予想を上回っています。過当競争が続く牛丼チェーン業界へ飯盛り機を売って好調とかで、非常に良い商売をしていると思います。成長に応じた増配をしてくれないのが残念ですが。
 春巻・焼売・餃子・ワンタン・包子製造機は非上場の大英技研株式会社なので投資はできませんね(笑)。優待に春巻きとかワンタンとかくれるんじゃないかと淡い期待をしたのですが。

 ゼネラルパッカーに関して、一つ面白そうだなと思ったのは最近6950ワイ・イー・データが第2位(15.41%)の株主になったことです。6950ワイ・イー・データ6506安川電機が第1位(57.1%)の株主なのですが、安川電機のモーションコントロール事業なんかはゼネラルパッカーと案外シナジー効果があるのかもしれません。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

分析-2169CDS 買い増し

 先週、2169CDSを買い増しました。
 売り上げが若干景気循環寄りですが、M&Aによる業容拡大は今のところ上手く行っており、マニュアル作成等の製造業の基幹業務ではない部分は今後もリストラ・アウトソーシング化が進むと考えられます。PER6.5倍、配当利回り約4%と指標面からも激安とは言えなくてもまあ魅力的かなと。

【間接業務請負・支援業界】給与計算、福利厚生、顧客情報管理等の間接業務や、飲食店の棚卸業務、厨房洗浄業務等、顧客企業のコアではない業務を請負う企業群。(KMONOSより)

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

3169ミサワ 決算説明会資料

 3169ミサワから「2012年1月期決算説明会資料」がリリースされています。
 多品種小ロット、商品開発の早さ、スタッフの接客能力向上など、少し今までの家具メーカーとは違う感じがしますね。もちろんそれらが成長の引き金になっていくかどうか、私の知識では測り知ることはできませんので、四半期ごとに業績の進捗を確認していくだけです。

 投資で凄まじい成功を収めるには、並はずれた才能と精神力、不断の努力が必要かもしれません。しかし、普通の勤め人が投資でそれなりの成果を出すためには、経験を積みながら少し勉強をして判断力を磨いていけばいいのではないかと思います。ただ、こんな好調な相場が続くとそんな気持ちが正直グラつくことがありますけど。私だって、可能なら短期間で儲けたいですから(笑)。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2196エスクリ 新規出店に関するお知らせ

 2196エスクリから「新規出店に関するお知らせ」が3月19日付でリリースされています。東京駅から徒歩5分、東京メトロ京橋駅直結の店舗となるそうで、「ラグナヴェール TOKYO」の通りを挟んだ向かいだそうです。本格的に収益に寄与するのはおそらく翌々年度以降ですが、すぐ近くに違うタイプの式場がある(今回はレストランスタイル、ラグナヴェールは専門式場)ことで顧客の選択の幅が広がり、益々人気も上がるのではと妄想しています。素人考えですが、レストランスタイルの式場は平日は高級レストランとして営業できるため、店舗の稼働率アップに確実に貢献しそうです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

神様扱い その2

私「あの~そんなに持ち上げないで下さい。結構な失敗銘柄も沢山あるし、今回はたまたま当たっただけですから」
後輩「何をおっしゃいます!2005年には原信の急騰を当てたし、今回のワッツ!偶然とは言わせませんよ(笑)」
私「だからぁ、思い出したくもないババも結構ひいてるんだって!」
先輩「立川さんはコーラがお好きでしたっけ?『チャリン、ガコン(←自動販売機の音)』ま、喉の渇きをコイツで潤して下さいw」


 そこそこ順調な決算を出したミサワは急落するわ、結構な金額の損失を出した興銀リースは相変わらずの株価をキープ、目先の株価変動は本当に読めません。それでも常に昼寝状態のマイポートフォリオは年初から+20%に乗せました。私の投資の実力ではなくマーケットに一時的におカネが流れ込んだだけの事ですので、素直に有難いと思っているのですが。

 ところで、昨年の4月号のダイヤモンドザイに掲載いただいた時に、私のブログを取り上げていただいた記事のタイトルが「自己流年金作りを実践中」だったのですが、正直「うーん、年金。。。もうちょっと格好良いタイトルなかったんかな~?」と思ったものです(※記事には満足しています。ライターさんありがとうございます!)が、今はじぶん年金なんて言葉が雑誌によく掲載されていますね。でも、その内容は大部分が投資信託で積み立て、徐々に株式投信から債券投信にウェイトを移行するという感じです。申し訳ないのですが、毎年積み上がる個人年金準備のおカネから証券会社が手数料をむさぼる構図が見え見えです。SBI証券など、自動売却サービスなどを開始するそうで(※他社を調べておりません)、明らかに老後資金の囲い込み狙いでしょう。極々普通の老後生活を望むサラリーマンでさえ投資のスキルがないと厳しい(=ぼったくられる)時代がすぐそこまで来ています。

 成長しまともな資本政策を実施する会社の株式を購入すれば、自分が積み立てる代わりに成長や自社株買いをし、年金代わりに配当をくれます。でも、そんなことは誰も教えてくれないんですよね。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR