2010年6月のパフォーマンス

 月次パフォーマンスはマイナス0.36%、年初来パフォーマンスは+14.73%でした。今月はエスクリを買いました。
 月末に一転して軟調相場になりました。月半ばの上昇で結構ウハウハしていたら見事にひっくり返された感じでしたが、世の中そんなに甘くないよとマーケットに忠告を受けた感じですね。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4298プロトコーポ iPad用中古車検索アプリ提供開始

 4298プロトコーポの昨日のニュースリリースより……「App Storeにて国内初のiPad用中古車検索アプリケーションの提供を開始」だそうです。

 率直な感想ですが、もはやiPhone & iPadに他社のスマートフォンや類似商品は勝てない気がします。ドコモやauも巻き返しを図っているようですが、iPhoneの弱みであったバッテリー持続時間や動作速度も改善されてきているようですし、なによりあれだけの膨大なアプリケーションに対抗するものを今から用意するのは困難であることは容易に予想できます。この勢いでPCの勢力図も塗り替えられるかもしれませんね。最近仕事でWindowsとMACを併用することが多くなったのですが、私もWindowsからMACに乗り換えたいと思ってます。

 以下はcomputerworldの記事から引用しましたが、これを見ても明らかです。バリュー投資家の観点からすればApple製品以外の価格性能比のよい製品を買いたいところですが、iPadはともかくとしてiPhoneの価格性能比は他社の製品と同等か上回るくらいのコストパフォーマンスと言えるかもしれません。


-----(引用開始)-----

[米国] 【ChangeWave調査】
スマートフォンの顧客満足度、iPhoneが独り勝ち
購入者の77%が「非常に満足」と回答
(2010年06月04日)


 米国Motrolaの「Droid」や、スマートフォンの古株であるRIMの「BlackBerry」といった手強い競合にもかかわらず、米国Appleの「iPhone」はあらゆる面で顧客満足度がトップという調査結果が発表された。
 これは、米国ChangeWaveが過去6か月間にスマートフォンを購入した1,009名を対象に、彼らの購入習慣と購入したスマートフォンの全体的な印象について調査したもの。その結果、購入者の77%が「非常に満足している」と答えるなど、iPhoneがあらゆる面でトップという栄誉を獲得した。
 第2位はMotorolaで64%、続く第3位のHTCは51%だった。RIM、Palm、LG、Samsungといったほかのスマートフォンの顧客満足度は芳しくない。例えばRIMのスマートフォンの場合、「非常に満足している」と答えたのは購入者の半分以下であった。
 全体では、回答者の14%が、返品するか新しいスマートフォンに交換するだろうとしている。ベンダーごとに見ていくと、AppleとRIMは対照的だ。新しいスマートフォンを返品したいという回答者のうちの21%がRIMの購入者、これに対してiPhoneの購入者はわずか7%だ(トップはPalmの36%である)。
さらにChangeWaveの調査では、VerizonとSprintが提供するCDMAネットワークに関するiPhoneへの影響も見ることができる。スマートフォン購入者のうちのおよそ3分の1が、AT&T以外の携帯電話会社を利用できるのであれば、iPhoneを買いたいとしているという。



iPadユーザーの91%が「購入して満足」と回答
買う可能性が「きわめて高い」と答える人も激増中
(2010年05月24日)


ChangeWave Researchの調査によると、iPadの購入に関して「きわめて高い」と答えた人は7%、「かなりの確率」と答えた人は13%で、2月に行った調査から激増しているという(画像は、ChangeWave ResearchのWebサイトより)
 米国Appleのタブレット「iPad」が91%ものユーザーの満足度を得ていることが、新たな調査で判明した。調査を実施したのは米国のChangeWave Researchで、Appleのデバイスをすでに購入した消費者と、これから購入する消費者の両方が対象となった。
 2種類で行われた調査のうち、3,174名が参加した調査では、iPadを買う可能性が「きわめて高い」と答えた消費者が激増しており、同社が2010年2月に行った同様のアンケートと比べて、この割合は4%から7%へと跳ね上がった。ちなみに、2月の時点ではiPadはまだ発売されていない。
 さらに、「かなりの確率」でiPadを購入すると答えた調査対象者は、2010年初頭には9%だったところ、今回は13%まで増えたという。
 もう1つの調査は、153人のiPadユーザーに対する比較的小規模なもので、同製品を購入して「非常に満足している」と74%が答え、17%が「それなりに満足している」と述べた。iPadに「あまり満足していない」「まったく満足できなかった」と答えた対象者の割合は、それぞれわずか1%ずつとなっている。

-----(引用終了)-----

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

バリュー投資家としていけないこと

 バリュー投資の基本は、貸借対照表や損益計算書、CF計算書をよく吟味し、昨今の業績を加味し、資産又は収益・成長に対し明らかにマーケットで不当な評価を受けているときのみ買い付け、正当あるいは過剰に評価された時又は投資判断を明らかに誤った時に手放すのが基本です。

 財務諸表を無視し、間違っても「流行り」に乗って割高な株を購入するなんて言語道断です。
 そして、それは日々の消費行動においても同じことが言えます。価格性能比をよく吟味し、本源的な価値あるいは実用性・耐久性等を確認したうえで、可能な限り割安なものを選ぶべきです。広告宣伝に踊らされて新製品を真っ先に買うなど愚の骨頂です。


 間違っても……


 私のように……


 何時間も前からiPhone4の予約の列(しかも先頭にかなり近く)に並んではいけません。値下がりした旧機種を買ってこそバリュー投資家です。


 だって、欲しかったんだもん……orz

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2010年5月のパフォーマンス

 月次パフォーマンスはマイナス3.31%、年初来パフォーマンスは+15.14%でした。今月も売買はありませんでした。
 5月末から今日まで長期出張だったのでパフォーマンス計算ができず、5月末の時価総額だけ確認しておいて今日計算しました。先月は軟調な相場だったので善戦した感じです。

 先日名古屋へ行く機会がありましたので、ご当地の投資家さん2人と超ミニオフ会をしてきました。その中で外国株式への投資の話題が出たので、今日は外国株式取引の口座を申し込みました。今月中に初の外国株式参入するかもしれません。

 今月に入って、でらマネーさんのブログで紹介されていたエスクリを少し買っています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR