2010年3月のパフォーマンス

 月次パフォーマンスは+8.28%、年初来パフォーマンスは+9.67%でした。今月も売買はありませんでした。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

(昨日の続き)3354チェルト、9787イオンディライトと合併

 文句だけでなく計算してみました。
 チェルト1株につきイオンディライト1.7株の割当が適当だと思うのですが。

 イオンディライトはEPSは変わらないけどBPSは上昇するし、チェルト株主もBPSおよび配当性向は下がる(予想)けど東証1部上場+流動性向上ということでまあ許容範囲かなと。配当性向が30%になれば配当利回りは同じですからね。1.3株割り当てでは一方的にチェルト株主が不利です。

20100326

※株式数~純資産は平成22年度2Q決算短信より、売上高~純利益は平成22年度通期会社予想値を使用しています。上が今回の割り当てによる計算、下が1.7株割り当てたと仮定した計算になります。合併後の予想配当はイオンディライトの現在の配当性向20%を元に計算しました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

3354チェルト、9787イオンディライトと合併

 うーん、まさかの合併発表。存続会社は9787イオンディライトで、チェルト株式1株にたいしイオンディライト1.3株の割り当てだそうです。市場価格(イオンディライト1276円に対しチェルト1393円で1.091倍、1.3倍は1658円)からすればありがたい話なのかもしれませんが、チェルトはイオンディライト比べEPSで倍以上で、時価総額に相当する現金性資産を保有することを勘案すればもうちょっとあってもいいんじゃないかと……。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR