FC2ブログ

3Q-7839SHOEI 自社株買い

 先日かなりの下方修正が出たのに何故か株価が堅調なSHOEI。ついに自社株買いきましたね。発行済株式総数の5.16%。あすかが一部手放すようですが、SHOEIを上回る有望な投資先でも見つかったのでしょうか?

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4298プロトコーポ 1Qその後

 誰が投げたか、朝から軟調です。引けにかけて若干盛り返したものの、下方修正出したのに堅調なSHOEIとエライ違いで(泣)。減益とはいえ、純益は会社計画より20%近く上回っているんですがね。

 まあきっちりと予想なんてできないとは思いますが、仮に純益が前年度比横ばいとして本日の終値でPER9倍、会社予想通り(+9.9%)でPER8倍、このまま順調に推移し+15%を達成したら7.7倍と単純に割安だと思うのですが。
 その他事業のマーズフラッグなんかもようやく黒字化し、しかも既存の契約はまったく解約もなく地味に順調で、データセンターも人員増加しておりBPOも案外早く中核事業に乗っかってくるのではないかと妄想しています。すべての製作機能を沖縄に集約してますから強いですよ。人件費や税金・補助金を考慮したトータルコストが全国でもトップレベルだそうですから。
 明日以降も下げるようならウェイトを上げたいところですが、すでにポートフォリオの4分の1を占めているので悩ましいところです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4298プロトコーポ 1Q

 ポートフォリオの最主力でありPER1桁台街道まっしぐら万年割安株である4298プロトコーポレーションから平成22年3月期第1四半期決算短信がリリースされています。決してこれをいち早く見るために会社を休んだり早引きしたわけではないので念のため。

 微増収微減益ですが、実は純益は計画を20%上回っています(P3参照)。しかも生活関連情報がまだ利益にあまり結びついていないものの売上が67.3%も伸びているほか、マーズフラッグを含むその他事業が黒字化を果たしました。
 正直なところ、今期は新車・中古車市場が低迷しているだけにメイン事業で横ばいを確保できたら十分と思っていたのですが、この調子だと期末決算は期待できそうです。しかも同業他社に比べ数々の優位性を持つ(あくまでもプロトコーポのアナウンスですが)データセンターのBPO事業が本格化するのは次年度以降なので、1Qを見て投げる輩がいたらチャンスだと思います。

 残念ながらSHOEIが大幅下方修正を出しました。四季報予想をさらに下回っていますね。思った以上に状況は厳しいようですが、地道なコストダウンと風洞実験場の建設による製品開発力の向上により長期的には成果を出すであろうと信じてホールドします。

 他に大幅下方修正した優待目的の銘柄を処分しました。

 さて、日記を書いていたらチャイムが鳴りました。何かと思ったら伊藤園の優待が届きました。同封のパンフレットを見たら株主特典で商品を30%引きで購入できるようですね。同社の優先株式は現在配当利回りだけで5%くらいありますし、同社の商品を愛飲している人なら悪くないと思うのですが。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

SBI証券の手数料引き下げ

 バリュー投資家にとっての最大の関心ごとが割安な銘柄だとすれば、次の関心ごとは支出の抑制でしょう(笑)。
 先日SBI証券から嬉しい発表がありました。

----------(以下引用)----------
株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:井土太良)は、2009年7月13日および16日に発表いたしましたインターネット取引※における「スタンダードプラン」(1注文の約定代金に応じて手数料が決まるプラン)の株式委託手数料改定について、下記の通りさらなる見直しを実施し、8月3日約定分(予定)より、現行の手数料と比較して最大26.5%引き下げることといたしましたのでお知らせいたします。
※インターネットコースのインターネット・モバイル端末・IVRシステム取引
このたびの株式委託手数料の改定は、当社が標榜する「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」の提供をさらに追求するものです。そのため2009年7月13日に全ての価格帯で一律約10%の引き下げを発表いたしました。16日には改定内容をさらに見直し約15%の引き下げを発表しておりましたが、このたび同業他社の手数料水準等を勘案し、下記の通りさらなる見直しを行い、現行の手数料から最大で26.5%引き下げることといたしました。
今回の株式委託手数料の改定により、顧客基盤の拡大を目指すと同時に、投資コストを削減することにより個人投資家の皆様の資産形成をさらに支援することができるものと期待しております。
----------(引用終わり)----------

 まあ、楽天証券との競争なんでしょうけど、ちょっとある一言にひっかかりました。最後あたりに記載されている「個人投資家の皆様の資産形成をさらに支援することができるものと期待」の一言です。少しでも手数料が安い方が資産が増えますよと言わんばかりですが、はたしてどの程度差が出るものなのでしょうか?
 種銭が100万円あったとします。そのまま株を購入し、手数料を支払い、20%上昇したところで売却します。手数料と税金を支払い、その残額をまたそのまま株に投資したとします。手数料を支払います。
 こんな都合の良いことが続くとすると、無手数料なら28回目には見事に1憶円を突破するのですが、このとき無手数料、新手数料、旧手数料のケースを計算してみると……

無手数料:102,966,517円

SBI新手数料:101,642,354円
SBI旧手数料:101,344,329円

(参考)
楽天新手数料:101,598,808円


 うーん、わざわざ計算するほどの大きな差はでませんでした。ま、でも何事も検証するということが大事ということで。でも、やっぱり人情として振込手数料の安い(できればタダ)の銀行を探したり、売買手数料節約のために信用で買って即現引とかしちゃうんですけどね。

(注)こんな都合の良い売買ありえないので、大雑把に計算しています。厳密に計算すれば多少差が出るとは思いますが、数千円の誤差でしょう。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

急増(PCに興味ない方読み飛ばし推奨)

 約10年前、PCを自作していた頃はこんな会話でした。
「やりましたよ!18Gで5万切った店見つけました!」
「どこだ!案内しろ!」

 それが今や内蔵320G+外付け320Gで手狭になり、どうすんべと思っていたら職場の先輩が声をかけてきました。
「おーい、立川、お前ナスいるか?」
「大好物ですよ!最近菜園始めたんですか?」
「ちがーーーう!ナスじゃなくてNAS!」
「いらないならもらいますけど、上手く設定できるかなぁ?最近はディスプレイの接続も億劫でノートにしようかと思っているくらいで……」
「不精もいい加減にしろ!S-ATAのハード2台買ってきて入れれば簡単に認識するから!」
「はあ、じゃあやってみます」

 NAS箱をくれた先輩にはお礼にビール券(もちろんもらいもの)を渡し、1TBのハードディスク2台を約14000円で入手。ディスプレイはナナオなのにハードディスクはサムソンというバリュー投資家ぶりです。届いたハードディスクを早速もらった箱にいれようとしたら、なんと先輩は付属のねじを忘れたらしく固定できません(泣)。しかたなく昔買ったハードディスクをUSB接続用箱に入れてあるのを引っ張り出し、そこからネジをとって固定。ハードディスクには40Gって書いてありました。うーん、25倍の容量かぁと時代を感じる。悪戦苦闘しつつフォーマットもネットワーク接続も無事終わり、データを移動にまた数時間……今だ終わりません。
 外付けハードディスクの容量も40G・120G・300G、そしていきなり2TBと当初の50倍に急増してしまいました。まあデジカメ写真を入れていただけの時代から撮影したビデオクリップをハードディスクに放り込むようになったのですから当然ですけど、それにしてもこの手のものの進歩は早いですね。2,3年前と同じ値段で容量も速度もケタ違いのものが買えるのですから。
 それにしても個人で数TBのNASが簡単に持てるし、軽量のビデオで手軽に撮影し、簡単なものならPC上で快適に編集できるし、いい時代になったものです。その昔たった15分のビデオクリップを作るのにものすごい時間をかけてレンダリングしたのがウソのようです。
 ここ何年かビデオなぞ撮りっぱなしなので、編集環境をなんとかしたいなあと思っているのですが、数万のお金があると編集機材&ソフトを買う前に証券口座に入れてしまいたいたくなるので、なかなかそちらにお金が回りません。株だけが人生ではないと頭ではわかっているのですが、2004年にバリュー投資ではなく本格的なビデオ編集に目覚めていたら投資の種銭はできなかっただろうなと思いますね。カメラや編集機材をそろえようとすれば3ケタ万円は軽く行ってしまうのですから。この手のものは陳腐化も早いですし、やはり将来にわたって収益を生むものにお金をかけたくなろうものです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR