2009年5月のパフォーマンス

  月次+10.05%、年初来+5.42%でした。なお、創通のみ最終取引の終値で計算しています。

 決算の良くない優待目的の銘柄を売却しました。キャッシュポジションと売却資金でベネフィット・ワンとチェルトを買い増しました。
 はっきりいって、今月のパフォーマンスの大部分をプロトコーポと優待銘柄の上昇で稼いでいます。優待銘柄投資の難しさを今月も痛感しました。

2009年5月末 アセットアロケーション
日本株式 95.6%
 プロトコーポ・日本SHL・SHOEI・セブン銀行・プロネクサス 他
投資信託 4.0%
 さわかみファンド・LHファンド 他
現預金等 0.1%

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

早いもので

 あと1ヵ月ほどでバリュー投資を知ってから5年になります。2004年の6月、職場の後輩に誘われたクラシックのコンサートの待ち時間で本屋さんに立ち寄り、バフェット本に出会い、しんさんやドリさんのサイトに行き着き、バリュー投資がスタートしました。

 でもって、現在のポートフォリオを見てみると……当時より割安ですね(笑)。「時価=保有現金相当資産」なのにPER5倍台のチェルトとか(笑)。業績が良くて割安で資産持ちという図々しいバリュー投資ができるのですから、多少の苦しさは我慢ですね。まあ、最近保有銘柄の株価が多少持ち直したから言えるわけですけど(笑)。今月パフォーマンスに貢献しているのは優待目的で買った銘柄たちなのがちょっと複雑ですが。

 

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

8410セブン銀行 平成21年3月期 決算短信

 マイポートフォリオの主力銘柄の一つであり、テンバガー候補の8410セブン銀行が平成21年3月期決算短信をリリースしています。経常利益・純利益ともに修正計画を若干上回る成績で着地し、同時に増配(計画比)も発表しています。
 次期計画は控えめともとれますし、同時にATMのグループ内設置が飽和状態にあることを考えると妥当とも考えられます。しかしながら当期純利益とほぼ同額に及ぶ減価償却費に利益が隠れていますし、提携すれば一気に日本中にATMを14000台増やすのと同様の効果を得られることを考えると、あらゆる金融機関はセブン銀行と提携せざるをえないでしょう。
 割安な銘柄がゴロゴロしている昨今、PER20倍近くまできているセブン銀行は割安とは言い難いですが、あらゆる金融機関が今後も提携せざるを得ないサービスを提供していることはそれだけの価値があると思います。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4298プロトコーポ 決算要因分析

 4298プロトコーポのIR資料に決算要因分析がアップされています。

 売上は毎年微増ですが、地道な経費削減努力が実を結び、営業利益率は3期前の10.1%から22.8%まで改善されています。特に今期は中古車情報誌の製作プロセスの一部を内製化することによって一気に6.3ポイントも改善しており、期首の会社予想は各方面から「強気」と揶揄されていましたが、むしろそれを上回る数字をたたき出してしまいました。
 その他事業の赤字幅縮小も大きいですね。しかもその他事業は今後利益の柱の一つとなりそうなプロトデータセンターのBPO事業を含んでいます。マーズフラッグもまだ利益にこそ結び付かないものの、観客満足度は高いようです。将来的にはマーズフラッグの顧客がBPO事業の顧客になる可能性もありそうです。

 プロトコーポは事業の展開が上手く成長余地が十分にあり、配当性向もバカ高くはないものの3期前との比較で3.5倍(20円→70円)になっており、しかし指標は相変わらずPER一桁台と相変わらずバリューぶりを発揮しています。そんなプロトもさすがに今日はささやかに見直され、瞬間的ですが年初来のパフォーマンスがやっとプラスになりました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4298プロトコーポ 平成21年3月期決算短信

 マイポートフォリオの最主力銘柄である4298プロトコーポより平成21年3月期決算短信がリリースされています。売上は+3.3%と微増でしたが、営業・経常・当期利益が+42.8%、+40.7%、+73.4%と大きく増加しました。データセンターの本格稼働による経費節減効果や赤字部門の収支改善等、地道な努力が利益の増加を下支えしています。次期も増収増益予想ですが、データセンターが外注を受ければ新たな収益源になるのは間違いなく、業績予想はかなり保守的な数字と考えています。
 自称配当大好き投資家の私としてはもっと還元してほしいところですが、まだまだ事業の拡大余地が残されているようですので、内部留保をさらなる成長の糧と信じてホールドすることにします。現在の株価で予想PER約7倍、予想配当利回り約3%、相変わらず市場評価は低空飛行気味です。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR